>ブガッティ(BUGATTI)

【動画】ブガッティ創業者の弟の名が付与された限定モデル「ヴェイロン・レンブラント」。オーナーの俺がその内外装を紹介しよう

フロントグリル、エンブレムはプラチナ製 先日、自身が所有する「5台の」メルセデス・ベンツSLRマクラーレンを公開したアメリカの大富豪、Manny Khoshbin(マニー・コシュビン)氏。今回は自身のブガッティ・ヴェイロン・レンブラントを紹介する動画を公開。同氏はYoutubeチャンネルを持ってはいるものの、これまでに動画の公開本数は多くなく、しかし先日突如として自身のコレクションを紹介する動画をアップし、今回は矢継ぎ早に第二段をリリースしています。この様子だと他のスーパーカー/ハイパーカーたちも続々と動 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!ツーリングに雰囲気や参加したクルマはこんな感じ

ランボルギーニのツーリングは思っていたよりもアットホームだった さて、ランボルギーニのツーリングレポート、今回は最終編。ぼくは10年ランボルギーニ乗っている割に、ランボルギーニのツーリングにはじめて参加するわけですが、その印象は思っていたよりもずっとアットホームで紳士的。ランボルギーニといえば強面の人が乗っている印象があるものの、実際はそういったことはなく、オーナーさんは皆気さくな人ばかりで、自分のクルマに対しても開放的だと感じました。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他ポルシェ関連/ニュース

あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クルマランキング。GT-Rは3位、BMWが強くベンツは不人気。意外にフェラーリも少なかった

ポルシェ、ランボルギーニは多く、マクラーレンは少なかった 先日、「世界で最も検索されているクルマ」ランキングをお届けしましたが、今回は「インスタグラム上でもっとも投稿の多い」車ランキング。これはVeygoが世界中から投稿された内容(ハッシュタグ)をもとに集計したもので、その結果が30位までまとめられています(参考までにぼくのインスタグラムアカウントはこちら)。 世界で最も検索されたスーパーカーは「アウディR8」!以下「ブガッティ・シロン」、ランボルギーニ・アヴェンタドール、ヴェイロン、ウラカンの順。日本で ...

ReadMore

■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラストを公開。2台ペアで19セットのみが販売に

ザガート100周年記念、そしてアストンマーティンとザガートとの関係継続60周年記念 先日、アストンマーティンが「ザガート100周年、そしてザガートとアストンマーティンとの提携60周年」を記念した「2台セット」の限定シリーズ、DBZセンテナリー・コレクションを発売すると発表しましたが、今回はさらに一歩進んだレンダリングを公開。ちなみにこの「2台」とは「DBS GT Zagato(DBS GTザガート)」と「DB4 GT Zagato Continuation(DB4 GTザガート・コンティニュエーション)と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

その価格2億3000万円!新型トヨタ・スープラ1号車が完成。生産ラインもBMWと同じ?

スープラの後ろに並ぶのは新型BMW Z4 トヨタより、新型スープラ第一号車がラインオフした、との発表。実際にラインオフしたのは3月上旬とのことなので、現在は続々新型スープラが生産されているということになりますね。なお、生産工場はオーストリアにある「マグナ・シュタイヤー」の保有するグラーツ工場(Magna Steyr Graz Plant)。先日は、新型スープラを輸送するトラックも目撃されており、全世界に配備中といったところなのだと思います。 新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型Z4を国内販売開始。スープラと同じエンジンを積む「Z4 M40i」の価格は835万円、ボディカラーは3色のみ

同時にマット仕上げの限定モデル、「M40iフローズングレー」も発売 BMWが日本においても新型「Z4」を発売。新型BMW Z4はトヨタGRスープラと同じくオーストリアのマグナシュタイヤーにて生産される「スープラの兄弟車」としての注目を集めていますね。 今回、BMWジャパンが発表した新型Z4のサマリーは下記の通り。※BMWによる新型Z4のコンテンツはこちら 時速50キロまでであれば、わずか10秒で開閉可能なソフトトップ高い俊敏性を実現させるボディバランス新世代のエンジン、サスペンションを装備AIを採用した最 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリP80/C発表!目的は「究極のパフォーマンス」、フェラーリのワンオフモデル史上もっとも長い時間をかけて作り上げた「これ以上はない」エクストリームな一台

ベースはフェラーリ488GT3、タイムを出すこと以外は考えていない フェラーリがスポーツ・プロトタイプ・コンセプトとして「P80/C」を発表。これは顧客の要望によって作られた一台限りの完全ワンオフモデルであり、顧客とフェラーリとがガッチリとタッグを組んで作り上げた「フェラーリ史上もっともエクストリームなクルマ」、かつサーキット走行専用としてのリリースです。なお開発スタートは2015年とされ、このP80/Cはフェラーリのワンオフ史上、もっとも開発に時間がかかったモデル、とも公表されています。 こちらもオスス ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

国産車ディーラーは見込み客管理が甘い?輸入車ディーラーとの決定的な相違点を考えてみた

実は国産車ディーラーの方が「敷居が高い」 ぼくは国産車、輸入車とわず興味があるものの、実際に購入するのは輸入車の割合が圧倒的に高くなっています。それは輸入車のほうが性能が高いということもあるものの、輸入車ディーラーの方が「顧客管理や、セールスさんのレベルが高いんじゃないか」と感じていることも大きく関係。 クルマは「買って終わり」ではなく「買ってからがはじまり」だとぼくは考えていますが、国産車ディーラーには「買ってからもつきあえる」というセールスさんがほとんどおらず、買ってからディーラーと付き合うという環境 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore



>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

投稿日:2019/02/22 更新日:

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ

▲車体真ん中が細くて折れそう

マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。

撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。

600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。

ベースモデル比で100キロも軽量化

その重量は570Sスパイダーに比較して100キロ軽量な1,297キロ、エンジンは3.8リッターV8ツインターボ(600馬力)、7速デュアルクラッチを介して後輪を駆動して0-100キロ加速を2.8秒で駆け抜けます。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、「LT」とはロングテールの略で、もともとはマクラーレンF1のレーシングカー”F1 GTRロングテール”に由来(空力を向上させるためにテールを延長している)。

写真の説明はありません。

そしてマクラーレンは、現代の「ロングテール」につき、「パワーアップ」「軽量化」「エアロダイナミクス最適化(必ずしもテールの延長とは限らない)」「サーキット重視」「究極のドライバビリティ」をその定義として採用しています。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

その定義に従いリリースされた600LTスパイダーはとにかく内外装ともにスパルタンなクルマであり、その国内価格は32,268,000円。
29,999,000円の「600LTクーペ」とともに期間受注限定として発売されていますが、実際はその期間であれば「誰でも注文できる」わけではなく、一定の購入制限が各ディーラーによって設けられているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

マクラーレン600LTのマフラーエンドはなぜここにあるのか

そしてマクラーレン600LTの一つの特徴が「テールパイプ(”テール”とは呼べない位置ではありますが)。

写真の説明はありません。

マクラーレンはこれによって軽量化と効率化を果たしたと述べていますが、今回おなじみ技術系ユーチューバー、Engeneering Explained氏がその解説を行っています。

同氏による解説もマクラーレン同様ではあるものの、ここでかいつまんで内容を説明してみましょう。

まずマクラーレン各モデルは「ミドシップレイアウト」を採用しており、エンジンは座席後方にありますが、通常モデルでは下の画像のようにエンジンの両バンクからいったん排気管を上に出し、そこから車体後部まで引っ張ることに。

この画像は「MP4-12C」ですが、600LTのベースとなる570Sではこれがまたバンパー下まで延長され、つまり「下→上→下」という取り回しに。

mclaren-mp4-12c-rolling-chassis-2

しかしながら600LTの場合は「下→上」で完結していて、そのために排気管の長さが半分くらいになり、その分軽量化を達成できるというわけですね。

一見するに上に排気管を持ってくると「重心が高くなりそう」ですが、MP4-12Cの画像を見るに、「どのみち、いったん上にエキゾーストパイプを持ち上げているので」その心配はなさそう。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

さらに、排気管を狭いエンジンルーム内にピチピチに通す必要がなくなるために「熱」がこもりにくく、クーリングという観点からも優れるのがこのレイアウト。

加えてマフラーエンドをバンパーの左右にまで引っ張る必要がなく、これは上述のように軽量化はもちろんですが、「リアオーバーハング左右に重量物を配置しなくていい」というロールセンター的観点からも大きなメリットがあります(エキゾーストパイプ、マフラーエンドは信じられないほど重い)。

そしてマフラーエンドがバンパーにないということは「バンパーのデザイン自由度が向上する」ことになり、これは見た目というよりは「ディフューザーを大きくできる」という空力面での効果が絶大。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

この効果はおそらく想像以上に大きく、ポルシェもそのレーシングカー「911RSR」のエンジンレイアウトをリアからミッドマウントへと変更した際、車体後部下面に「大きなディフューザーを設置できた」ことで空力性能が飛躍的に向上して戦闘力が増した、と述べています。

さらにランボルギーニは「ウラカン・ペルフォルマンテ」「アヴェンタドールSVJ」「ウラカンEVO」にてテールパイプを上方へと移動させており、やはりリアディフューザーを巨大化させていますが、ウラカンEVOの場合は「ウラカンに比較し、リアセクションのダウンフォースが5倍になった(これだけの効果ではありませんが)」とのこと。

そんなことより、この位置にマフラーエンドがあるのは気分的に重要だ

ただ、ぼくとしてはそういった技術的な、そして数値的なメリットよりも、「自分の頭の数十センチ後ろのところから600馬力ぶんの排気を出している」ということのほうが重要だと考えていて、ほかにもルームミラー越しに見える「そこから吐き出される炎」というような、「聴覚と視覚」効果のほうが嬉しい、とは考えています。

画像に含まれている可能性があるもの:靴、雲、空、屋外

反面、ちょっとした懸念もあって、こういったクルマはエンジン始動時に排気の他に色々なものを吐き出してしまうのですが、それでボディが汚れてしまうんじゃないか、ということ(600LTの場合は、マフラーエンドのすぐ後ろにあるウイング中央部にはプロテクションのようなものがあり、熱と汚れからウイングを保護しているように見える)、そして信号待ちのときなどはユラユラと立ち上る熱気で後部の視界が蜃気楼のように歪んで見えるんじゃないか、ということ。

ただ、いずれも「引き換えに得られる興奮」に比べると些細なことですし、とくに後方は(570Sでも)ほとんど見えないクルマなので「まあいっか」と考えています。

そのほか、試乗レビューも「解禁」となり、いくつかのメディアが動画によるレポートを公開しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.