>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツSLKを「300SLガルウイング」にコンバートしたレプリカが販売中。その価格2500万円ナリ

投稿日:2019/04/15 更新日:

この価格が高いのか安いのかは判断に迷う

ドイツのオンライン売買サイト、Classeic Driverにメルセデス・ベンツ300SL ガルウイングのレプリカが登場。

ただしレプリカといえども「見栄を張る」ためのものではなく、オリジナルに敬意を払い、オリジナルに忠実に作られた車両です。

ベースは2000年モデルのメルセデス・ベンツSLK(初代)で、外観はメルセデス・ベンツ300SLガルウイングそっくり、内装はSLKを「可能な限り」300SLっぽくカスタムしていることがわかります。

メルセデス・ベンツSLKはSL300のレプリカベースに最適?

なお、SLKはSL300のレプリカ製作する際に人気なのか、過去にもSLKをベースとしたSL300ガルウイングのレプリカがオークションに出品されたことも。
ただしこちらのホイールは「SLKのまま」だったので、今回販売に出されているレプリカのほうが「よりオリジナルに忠実」だと言えますね。

画像を見るに、フロントグリル、ヘッドライト、フロントフェンダーに加え、フロントウインドウやドアまでも完璧に再現。
なおヘッドライトは「プロジェクター」構造を持つようで、部分的に現代風にアップデートされているようです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアも同様で、フェンダーやリアウインドウ、トランクフードなど再現度がかなり高いようですね。
パネルの面もきれいに出ているように思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

もちろんドアは「ガルウイング」。
なお、ガルウイングはダンパーにかかる負担が大きく、デロリアンでも「必ず交換が必要になる」のがガルウイングドアのダンパーだと言われています。

そしてこの300SLレプリカでは、ダンパーの負担を軽くするためか、ドア自体は非常に軽量に作られているように見え、加えてサイドウインドウは「樹脂」のようですね(法規上開閉の必要があるためか小窓が設けられている)。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、車、屋外

インテリアはSLKっぽさを残したまま。
ただしシートはチェックに、ステアリングホイールはアルカンターラ張りに。
ルームミラーはダッシュマウントとなっています。

写真の説明はありません。

ドア内張りはこんな感じで、内装はリベットにて留められています。
ドアのオープンは下のレバーを引いて行うと思われ、上の「取っ手」はドアを閉める時に使用するのでしょうね。

写真の説明はありません。

サイドシルは太く、かなり高い位置に。
これはオリジナルの300SLガルウイング譲りですね。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

フロントウインドウとAピラーを作り変えている(ドア含め、これは相当に大きな工事だったと思う)ためにダッシュボードも張替え済み。

なぜステアリングホイールだけがレーシーなアルカンターラ張りなのかは不明です。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおエンジンは「手付かず」でSLKのままとのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

この300SLガルウイングの販売価格は2500万円となりますが、本物の300SLガルウイングの相場は「数億円」ということを考えるとまだ割安。
ただしSLKとして見ると相当に高額ということになり、その価格については判断が分かれるところになりそうですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.