■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■ニュース

VWが重大発表を行うと宣言→「WVバスの復活」を改めてアピールし、「ディーゼル不正事件を忘れてほしい」と促す動画を公開

投稿日:

| 日本にいるとそこまでディーゼル不正事件の影響は感じないが |

フォルクスワーゲンが「ワーゲンバス(タイプ2)」の再来となるエレクトリックビークル「ID.Buzz」を用いたキャンペーンを開始し、まずは一本の動画を公開。

フォルクスワーゲンは先日、「近日中に大きな発表をする」とほのめかしていましたが、今回の動画がその「重大発表」であったようですね(一部では、重大発表とはエンブレムの変更だと予想されていた)。

なお、そのキャンペーンとは「Drive Bigger」と銘打ったもので、1950〜1960年代の「明るく、楽しかったあの頃のフォルクスワーゲンに戻ろう」という趣旨のもの。

このキャンペーンは6月11日に正式にスタートしますが、まずはその予告という形で今回の動画を公開した、ということになります。

動画はなかなかにいい出来だった

そしてこの「Hello, Light」と題された一編の動画。
冒頭ではフォルクスワーゲンのデザイナーが「ディーゼル不正事件」のニュースを聞き、激しく失望する様子から始まります。

しかしながらデザイナーは気を取り直してフォルクスワーゲン・タイプ2(ワーゲンバス)の設計図を取り出し、それをもとにしてエレクトリック化された次世代のワーゲンバス「ID.Buzz」を生み出す様子が描かれることに。

そして動画の最後の方では「暗闇の中で、我々は光明を見出した」というテロップが流れ、ライトを灯したID.Buzzが登場。

つまりID.Buzzはフォルクスワーゲンが「生まれ変わる」象徴ということになりますね。

フォルクスワーゲンは今でもディーゼル不正事件に苦しんでいる

なお、フォルクスワーゲンがこういった動画を公開する必要があったのは「今でもディーゼル不正事件が暗い影を落としている」から。

これは2014年に、ディゼルエンジン搭載モデルについて「テストをパスするために、テスト装置を騙すプログラムを仕込んでいた」ことが発覚したもので、当寺日本でも大きくフォルクスワーゲンの販売を削った事件でもあります。

なお、当時日本にはフォルクスワーゲンのディーゼルモデルは正規輸入されておらず、しかしなぜか日本は相当に販売を落とすことになり、つまり日本は「イメージを重んじる国」ということがここで明らかに。

ただ、「喉元過ぎれば」なのも日本の特徴で、今だとすっかりそんなことは皆忘れていると思われます。

ただ、欧州や米国では未だにこの影響が大きく、フォルクスワーゲンはそのイメージを覆すために役員を総入れ替えしたり、エレクトリック化をグループ挙げて打ち出したりと様々な努力を行っていますが、それでもまだ世間は許してくれない、ということですね(これまでにも相当数の逮捕者が出ている)。

そういった理由もあっての今回の動画ですが、日本ではもうディーゼル不正事件がすっかり忘れ去られているだけに、「いったい何を意味しているのか」わからない人も多そうです。

IDシリーズはフォルクスワーゲンの新しい希望

そしてフォルクスワーゲンが新しい時代へと移行することを示すEVシリーズ「ID」ですが、これはすでにハッチバックモデル”ID.3”が予約開始。
すでに2万件の予約を集めたとも報じられていますね。

そしてこのIDシリーズですが、ハッチバックに加えてクロスオーバーの「Crozz」、ワーゲンバス「Buzz」、そしてフルサイズSUVの「Roomzz」が登場する見込み。

まだまだその詳細は明かされていないものの、今回の動画が示すとおり、「Buzz」はそのイメージリーダーとなりそうですね。

VIA:Volkswagen USA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.