>シボレー(CHEVROLET) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フォード(FORD) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

驚愕!ダッジ・チャレンジャー購入者の平均年齢は51歳!それでも「カマロ、マスタングよりは若い」。ちなみに日本の新車購入平均年齢は35.8歳

| 日本における「若者のクルマ離れ」なんぞまだまだヌルい | ダッジのブランドマネージャーによると、チャレンジャー購入者の平均年齢はなんと51歳、とのこと。チャレンジャーというと典型的なアメリカンマッスルで、比較的若々しくエネルギッシュな人々が購入するというイメージがあり、よってこの結果は「かなり意外」。そしてもうひとつ意外なのは、この「51歳」はカマロやマスタング購入者の平均年齢より”若い”ということ(これらの平均年齢は明かされていないが、アメリカの新車購入者の平均年齢はなんと53歳)。 こちらもオスス ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

20億円を突破して21億円。2台のみ製造されたマクラーレンF1"HDF”がマクラーレン史上最高価格で落札される

| もともとは通常のマクラーレンF1。納車後に「LMスペック」へとマクラーレンがじきじきにカスタム | 先日、オークションにかけられる予定だと紹介したマクラーレンF1"HDF"。これは”通常の”マクラーレンF1として生産されたクルマを、マクラーレンが後に「LM」スペックへとアップグレードさせたものです。 なお、マクラーレンF1 LMは、1995年にマクラーレンF1 GTR(レーシング課)がル・マンでの優勝を飾った際に「優勝記念」として5台のみが製造された「F1のハイパフォーマンスバージョン」ですが、それと ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明言。現行と比較すると見えてくる、新型との「差」は?

| 横から見ると、新型ジュークの印象は現行とはかなり異なる | 日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、あわせて2019年9月3日に発表する、とアナウンス。なお、今回の画像は相変わらずそのシルエットしかわからないものの、そのサイドビューを見せています。なお、この画像を現行ジュークと比較してみるとこんな感じ。これまでのスパイフォトを見ると、新型ジュークはほぼ「現行ジュークと変わらないんじゃないか」と考えていましたが、こうやって並べると「けっこう違う」ということもわかります。 ざっと見たところでは、 ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ケーニグセグがブガッティ・シロン、ランボルギーニ・ウラカンのデザイナーを獲得!社内の重要職に配置しデザイン変革を狙う

| ケーニグセグはあわせてデザインセンターを新設 | ケーニグセグが、そのデザイン責任者として「サーシャ(アレクサンダー)セリパノフ氏を獲得した」と発表。サーシャ・セリパノフ氏はフォルクスワーゲングループ在籍中にブガッティ・シロン、そしてランボルギーニではウラカンのデザインに関わったことで知られています。経歴としてはカリフォルニアのアートセンター・オブ・カレッジを卒業後、2003年にマツダの北米法人にインターンとして参加し、その後2004年にフォルクスワーゲングループへ。 ヒュンダイがブガッティ・シロンの ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】新型スープラのスポーツ触媒とECU発売!早速取り付けてアクセル全開にしてみたサウンドを聞いてみよう

| その音はまさにマシンガン | さて、新型スープラのカスタム/チューニングにつき、現在凄まじいスピードで各チューナー/ショップが進めていますが、今回はダウンパイプ(スポーツ触媒)を取り付けたショップが登場。マフラー含むエキゾーストシステムはノーマルのままで、ヘッダー(エキゾーストマニホールド)とエキゾーストシステムとを接続するパーツのみの交換となりるものの、そのサウンドはクリアかつ歯切れの良いものへ(当然音量もUP)。触媒一つでここまで変わるのかと思わされますが、製品自体はRK-Tunesが発売している ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかイケてる?日産GT-R/フェアレディZワゴン。そろそろ2ドアワゴンブームが来そうだが

| 日産は昔からあまりワゴンに興味はなさそうだ | おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏が例によって「もしも」なレンダリングを公開。今回は日産GT-R、フェアレディZが「ワゴン」へとコンバートされたもので、さらにはシャコタンな「スポーティーバージョン」。タイヤはツライチ、そしてレター入り、さらにルーフにはダックテールスポイラー付きという仕様です。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レンダリング13連発意外と出てくるのが遅か ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーがE-Type生産14年のうち「3台だけ」製造した”ロードラッググーペ”のレプリカ登場。自動車史上もっとも美しいと言われたその姿を再現

| 1台はスチールボディ、2台はアルミボディ | ジャガーは1961年から1975年にかけてジャガーE-Typeを生産していますが、その歴史の中で3台のみ「ロー・ドラッグ・クーペ」を作成。これは文字通り空気抵抗の低減を目的としてオープンボディをクーペ化し、ボディ鋼板を軽量化のために「薄く」作ったもの。そして、そのうちの一台はスチールボディ(49FXNとして知られる)、残る二台はアルミボディだとされていますが、エンジンは4.2リッター、出力は300馬力以上だとされています。 こちらもオススメ、関連投稿ジャガ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが富裕層向けにハイパーカーの収まる「秘密基地」風ガレージを提案!まるで映画の中の1シーン

| アストンマーティンは富裕層のライフスタイルをプロデュースする方向へ | アストンマーティンは「ヴァルキリー」「ヴァルハラ」と立て続けにハイパーカーを発表していますが、一方では「パーソナル潜水艦」や「超高級タワーマンション」事業にも進出しています。その意図としては、「富裕層のライフスタイルをプロデュースする」というもので、つまりは富裕層が求めるものであればなんでも提供してゆこう、というのがアストンマーティンのスタンスのようですね。 4.5億円、アストンマーティンの潜水艦が本当に生産開始。買ったのは誰? ...

ReadMore

>その他アメリカ車

またまた「ミルスペック・オートモーティブ」によるハマーH1のカスタム。とことんブラック、塗料にはケブラー混入のハード仕様

| このハマーH1は”7番目の”カスタムシリーズ | ハマーH1のカスタムを専業とする「ミルスペック・オートモーティブ」が最新カスタムの施されたH1を公開。ミルスペックオートモーティブは2015年からハマーH1のカスタムを始めていますが、今回は「7つ目」のカスタムシリーズとなります。他のハマー同様、エンジンは6.6リッター・デュラマックス(ディーゼル)V8で、出力は500馬力。トランスミッションはアリソン製の6速AT、そして4WDシステムはもともとの「軍用」から、GM製民生用トラックに使用されるシンプルな ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

最近買ったもの5連発。バイク用のグローブ(アルパインスターズ)、ウエアなどライディンググッズが増えてきた

| アルパインスターズのグローブ、ティンバーランドのブーツなど実用品をまとめて購入 | さて、最近買ったもの5連発。購入したバイク、ホンダCBR250RRにけっこう乗っているということもあり、それにあわせたものを選ぶことが多くなっています。まずはアルパインスターズのグローブ、「マスタング(MUSTANG)」。2019年春夏モデルで、見ての通りちょっとハードな印象を与えます。ぼくはこれまでバイク用としてこういったゴツいプロテクター入りの製品を購入したことはありませんが、CBR250RRに乗っていると「ちゃん ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■近況について ■ニュース

【試乗:ポルシェ911(992)】 ポルシェはいつも、ボクらの期待の「ずっと上」を行く。これだけバランスの取れたスポーツカーは他にない

投稿日:

| ポルシェはもともと「小型で効率性の高いスポーツカー」を標榜していた。その精神は今も新型911に受け継がれる |

さて、待望の新型ポルシェ911(992)カレラSに試乗。
ぼくは「もう911を購入することはないだろう」と考えていましたが、それはRRならではの不安定な挙動のため。
ただ、ぼくがそう判断したのは997世代の911に乗っていた頃で、それ以降の919、991.2を運転してみると徐々にそういった(不安定な)印象が薄れてきていることにも気付かされます。

最新の992世代ではその傾向がさらに強くなっているはずで、「乗ったらたぶん欲しくなるんだろうな」という、今回はやや警戒と恐れを抱いての試乗といわけですね(ある意味では、買いたくならないよう、その理由を探すための試乗だとも言える)。

ポルシェ911カレラS

ボディサイズ:全長4,519 全幅1,852 全高1,300ミリ
エンジン:3リッターフラットシックス・ツインターボ
出力:450PS/6500rpm
トルク:54.0kgm/2300-2500rpm
トランスミッション:8速PDK(デュアルクラッチ)
0−100km/h加速:3.7秒
車体重量:1515kg
価格:16,660,000円

新型ポルシェ911の外観は?

新型ポルシェ911のエクステリアは、明らかに「911」ではあるものの、991世代に比べて明確なプレスラインが減り、よりなめらかになった印象。
さらにリアフェンダーがワイド化され、イメージとしては993世代のワイドボディに近い、と感じます。

そのほか、フロントバンパーの表面と開口部とのつなぎ目がスムーズになったり、テールランプが左右連結してさらに「薄く」なったり、ドアハンドルがフラッシュマウントされたり、フロントフード先端が「初代911、930、964、993」つまり空冷世代のポルシェっぽく変更されていることもトピック。

L1120601

外観の詳細については以前にショールームにてチェックしてきているので、こちらを参考にしてもらえればと思います。

新型ポルシェ911(992)を見てきた!単なる過去のリバイバルじゃない、新しい世代のポルシェを見てみよう(外装〜前編)

【動画】新型ポルシェ911(992)を見てきた!前後フェンダーの張り出しはもはやRSモデルなみ(外装〜後編)

新型ポルシェ911のインテリアは?

992世代の911では、やはり「先祖返り」傾向がより強くなり、ダッシュボードとセンターコンソールが分割されたり(水冷世代では連続していた)、メーターが初代911風のデザインへと変更されたりといった部分で旧世代へのオマージュが見えますが、そこへ非接触式のスイッチ、液晶パネルなど現代の装備を融合させていることも見逃せないポイント(単なる懐古趣味ではない)。

そして「シフトレバー」がなくなって走行レンジの選択が「スイッチ」によって行われるという劇的な変化があった一方、キー(のかわりのデコイ)を捻ってエンジンをスタートさせるという「儀式」を残してくれたのはありがたいところ。

インテリアについても、下記に詳細をまとめています。

L1120720

新型ポルシェ911(992)内装編!これまでの「平面」「から「立体」へ、そして初代911を意識したデザインを見てみよう

新型ポルシェ911に乗ってみよう

早速ここで新型911に試乗してみましょう。
まず試乗車がパーキングロットから回されて来ることになり、その際のエンジン音はかなり大きく、もしかするとランボルギーニ・ウラカンよりも大きいかも(比較しやすいよう、ウラカンに乗ってポルシェセンターに行った)。

着座位置はちょっと低くなった

そしてフラッシュマウントとなったドアハンドルを引いて車内に乗り込み、ここで気づくのは「着座位置がかなり低い」ということ。
実際に991世代よりも低くなっていると報道資料にあって、そのおかげでダッシュボード、サイドのドアパネルの位置がかなり高く見えます。

ポルシェはもともと(剛性確保のためか)グラスエリアが狭いクルマで、そのためにこういった「囲まれ感」の強いインテリアを持っているものの、992ではそれがさらに加速しているようですね。

その後にはいざエンジンをスタートと相成りますが、この試乗車には「ポルシェ・エントリー&ドライブシステム」が装着されているので、エンジンスタートはステアリングコラム右横のスイッチを「捻って」スタートさせることに(これがついていない場合、どうやってスタートさせるのかは不明)。

L1120660

この捻るという操作は、近年のほとんどのクルマが採用する「プッシュボタン」とは全く異なるもので、しかしポルシェは安易に「プッシュボタン化」せず、この古(いにしえ)の手法を最新モデルでも採用してきたことに喝采をおくらずにはいられません。

ただ、タッチは991までとは大きく異なり、やはり「スイッチ」っぽい印象がありますね。

そしてその後はミラーやシートを調整しますが、それらスイッチの位置はこれまでとおおよそ同じ。
ただし一部スイッチの表面はつるりとしたピアノブラック仕上げへと変更されています。

新型911は何もかもが「軽い」

そして各部の調整が終われば、センターコンソールにある「スイッチ」を手前に倒してDレンジに入れ、クルマをスタート。

このスイッチのタッチ然り、ブレーキペダルやステアリングホイールの操作に要する力はかなり軽減され、相当に「軽い」印象です。

L1120637

ただ、軽くなったといえどもその操作に対する反応、フィードバックは「ポルシェならでは」。
そこには曖昧さが微塵も介在せず、特にブレーキペダルのタッチはかなり軽くなったのに「しっかり反応」。
効きはじめ、そして停車直前のフィールも申し分なく、安心して踏めるブレーキですね。

なお、これまでのポルシェで指摘されていた「チープな操作感」を持つウインカーレバーのタッチも改善され、しっとりとした操作フィールに生まれ変わっています。

新型ポルシェ911のドライブモードは4種類

試乗したポルシェ911は「スポーツクロノ・パッケージ」と「スポーツエギゾースト」が装着されており、ステアリングホイールのスポークに装着されるロータリーコマンダーにてドライブモードの変更が可能。

これを変更するとアクセル操作に対するレスポンス、シフトチェンジのタイミング、エキゾーストサウンドが変化します。

このドライブモードは「ノーマル」「スポーツ」「スポーツプラス」そして「インディビデュアル」の4種類(992の目玉、”ウェットモード”を入れると5種類)。

L1120657

実際に運転した感じだと、それぞれのモード変更時における体感上の差は991よりも大きく、「ノーマル」だとかなり早めにシフトアップする設定を持ち、時速70キロくらいで走っていると「8速1000回転」といった状態に(7速と8速はオーバードライブの設定)。

そして「スポーツ」に入れるとサウンドが大きく太くなり、より高い回転数まで引っ張って変速を行います。

そして「スポーツ+」だともうひとつ音が大きく、そしてさらに回転数を高めに維持。
なお、このモードだと「アクセルオフ」でもエンジン回転数がほぼ下がらず、つまりは「いつでも加給ができ、再加速できる」状態を作っているようですね(空冷ポルシェの、一気に回転数が落ちるエンジンを知る人にとってはかなり驚く部分でもある)。

なおエンジンは991世代と同じ3リッターツインターボを採用し、基本構造は変わらないものの過給圧は1.1から1.2Barへ(出力は30馬力向上している)。
中間加速以降重視へと変更されているようで、出力とトルクカーブが「若干右へ」スライドしているということも公表されています。

L1120669

さらにはレッドゾーンも「7400回転」に設定され、これは(GT系以外の)ポルシェ、そしてターボエンジンとしてはかなり高め。

つまり992世代の911は「比較的高回転寄り」の設定を持っているということになりますね。

エンジンサウンドについては、一言でいうと「重低音」。
ノーマルだと室内に侵入する音は最小限(992は遮音性もかなり高い!)で、しかしモードを上げてゆくとけっこうな重低音が入ってきます。

▼こちらは一般道をゆっくり走っている状態。ロードノイズが聞こえないので、意外とエンジン(エキゾースト)サウンドがよく聞こえる

ただ、不快なノイズそして振動はなく、「心地よい」たぐいのサウンドを発していて、できれば「スポーツモード以上」で走りたいものだ、と思わせるほど。

▼こちらはトンネル内を4−3−2速で走ってみた動画。制限速度を守っているのであまり速度を出せず、エンジンサウンドよりもロードノイズのほうが大きく聞こえるのはちょっと残念

992の乗り心地は大きく改善された

そして各メディアが口を揃えて述べているのが「乗り心地の改善」。
たしかにこれは走り出してすぐにわかるもので、いわゆるNVH(ノイズ、ヴァイブレーション、ハーシュネス」がかなり小さく、これは「スポーツカーにしては」というレベルを超えていて、サルーンとも比較しうるレベル。

ポルシェは第2世代のパナメーラで驚くほど乗り心地を向上させていますが、ポルシェはもともと「乗り心地」には非常にこだわるメーカー。
実際に初代セルシオ(レクサスLS)が登場し、ポルシェのエンジニアが試乗したときに「これこそが我々の求める乗り心地だ」と発言したといわれる程です。

なお、ぼくは水冷世代のポルシェだと986ボクスターS、997カレラ、981ボクスター、718ケイマンを乗り継いでいて、「986/996」「987/997」「981/991」と世代を重ねるごとにポルシェはその乗り心地を改善していることもその身をもって理解しています。

たとえば986/996世代だと、段差を超えるときには体をこわばらせて「身構えた」ものですが、987/997世代ではそれが大きく和らぎ、981/991世代ではさらにマイルドに。
これはサスペンションのセッティングも関係しているものの、タイヤサイズ(直径)も大きく影響しているようですね。

L1120583

そして最新の992だと、もう歩道と道路との段差を超える際には「(誇張抜きで)ほぼわからないレベル」にまで到達しており、このあたりはパナメーラで培った技術が生きているのかもしれません。

ちなみにポルシェがサルーンを作るということに肯定的な意見を持たない人も多いようですが、パナメーラから(911への)技術的フィードバックも多分にあると思われ、ぼくは「ポルシェがパナメーラを作ることによって991は更に良くなった」とも考えているのですね。

その意味では、パナメーラにまだ乗ったことがない人はぜひ一度パナメーラを試乗し、できればメルセデス・ベンツSクラス、BMW 7シリーズ、アウディA8も運転してみて、「パナメーラがいかに優れているか」を体感して欲しい、とも思います。

なお、992の乗り心地改善については、フロント20インチ、リア21インチとタイヤサイズを前後異径化したことでタイヤ内部の容量が大きくなり、そのぶん空気圧を下げることが可能になったからだというのは発表済み。

L1120589

新型911ではエンジンの搭載位置が「ミドシップに近くなった」と言われますが、それによってトラクションがさらにかかりやすく、かつ挙動もマイルドに。
加速時に「フロントが浮く」印象、そして段差超え時にリアが「ドッスン」と落ちる印象もほぼなくなり(ミドシップのケイマンに比較するとRRを感じる部分はあるけれど)、かなり安定性の高いクルマに仕上がっている、と思います。

ちなみにポルシェ911は「速度感が希薄なクルマ」で、つまり体感速度が非常に低いクルマ。
これは「囲まれ感の強いコクピット」に加え、徹底的に抑えられたNVH、岩のようなボディ剛性、優秀な足回りに担保された高い安定性がそう感じさせるということですが、(911に限らず)ポルシェに人を乗せて走っていると、「(スピードメーターを見て)え?もうそんなにスピード出てるの?」と驚かれることが多いということもその証左かも。

結局どうなの新型ポルシェ911?

ポルシェは自身によって、その期待値と製品づくりのハードルを上げてきた会社ではありますが、今回の992は「期待以上、予想以上」。
992発表以降メディアがその運動性能や快適性、先進性をベタ褒めしており、その良さを十分に予想できる一方、「またメディアの911礼賛か・・・」という”やれやれ”といった思いが試乗前にあったのもまた事実。

ただ、実際に自分で新型911のステアリングホイールを握ると「すごいなこのクルマ」としかいいようがありません。

ぼくが高く評価したいのは「乗り心地がよく、安心して運転できる」こと、「室内の静粛性が高く、運転していて疲れない」こと、「先進的なインテリア」、「魅力的なサウンド」。

L1120582

一方で気になるのは「あまりに高価になってしまった」こと、さらに「オプションを装着するとさらに高価になる」こと(乗り出し2000万円!)、そしてその割に見かけが「スーパーカー的ではない」ということ。

よって、現在スーパーカーセグメントに置いて「比較的」安価なラインナップを持つマクラーレンに”ポルシェの顧客が流れている”のもわかるような気がしますが、911の真価はもちろんその外観ではなく、その「中身にある」ということを改めて知ることになった試乗でもあったと思います(この部分は言葉ではなかなか表現できない)。

ぼくは「(自分には乗りこなせなかったので)991はもう買わない」という”911不買の誓い”をたてていますが、その誓いをうっかり忘れそうになるほど新型911は扱いやすく、「911カレラSは高価すぎるので、ベースグレードの911カレラが出たら買うか・・・」と思ってしまったほど。

おそらくはこれほど扱いやすく、どこにでも乗って行けて(そんなに大きくない)、信頼性も高く、かつユーティリティも高いスポーツカーは他になく、スーパーカー的ルックスを求めないのであれば(スーパーカーはそのサイズや形状の問題もあり気軽には乗れない)、まさにベストバイだと言えそうです。

L1120639

なお、ポルシェ創業の理由は「自分がほしいと思うクルマ、つまり小型で効率の良いスポーツカーがどこにもなかった。だから自分で作ることにした」というもので、かつポルシェの考えるスポーツカーは「日常性を持つクルマ」。

よって、「エキゾチックであること」「エクスクルーシブであること」を目的としているスーパーカーとは根本が異なるクルマでもあり、その意味で「ルックスがスーパーカー的ではない」のは当然なのかもしれませんね(その意味で、ポルシェは実用性を犠牲にしてまでスーパーカールックスを目指すべきではない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ポルシェ911関連, ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.