>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

英チューナー、リッチフィールドが「OBDポートにポンと挿すだけ」で426馬力にまで新型スープラの出力を向上させることに成功!スープラのチューニング市場はどんどん充実

投稿日:2019/08/04 更新日:

| BMWやフェラーリなどで実績のあるチューナーだけに安心のパフォーマンス |

新型トヨタ・スープラのパワーは「カタログ値よりも出ている」ということが明らかになっていますが、今回イギリスのリッチフィールド・モータース(Litchfield Motors)がさらなる手を加え、426馬力にまで出力を向上させるチューニングメニューを公開。

もともとスープラの公称値は「340馬力」なので、恐るべきコストパフォーマンスを誇る製品となりそうです。

ノーマルのスープラはすでに386馬力も出ていた

なお、チューニングに先駆け、ノーマル状態での実力を把握すべく、実際にリッチフィールド・モータースがスープラをシャシーダイナモにてテストしたところ、その出力は386PS。
これはカタログ値の340PSをも超え、北米仕様のBMW Z40 M40iの公称値である「380PS」をも超えるものですね。

18469e8b-toyota-supra-tuned-by-litchfield-9

なお、BMW Z4 M40iは北米仕様と欧州仕様ととでは出力が異なり、それは「環境規制」のため。
つまり欧州のほうが規制が厳しく、よって欧州仕様は340馬力に制限されるものの、より規制の緩い北米では「380馬力」仕様となっているわけですね。

そして、スープラは欧州仕様のZ4 M40iと同じ出力に合わせられているはずが、実際は北米仕様のZ4 M40iと同じどころか、それ以上の馬力が出ている、ということに。

そこでリッチフィールドモータースは、これをもとにECUチューンを行って420馬力にまで出力を向上させることに成功したと発表していますが、これはOBDポートにプラグを挿すだけの「簡単チューン」。

これは日本車だとさほどメジャーではないものの、欧州車では比較的ポピュラーなチューニングで、安価なものだと数万円程度で販売されているものもあるようです。

688ffc5f-toyota-supra-tuned-by-litchfield-6

なお、今回のリッチフィールド、そして最初にスープラ用のエキゾーストシステムを発表したミルテックはともに「イギリス」。
スープラのチューニングは今のところ「イギリスが最も熱い」ということになりますが、今後も様々なチューニングパーツが出てきそうですね。

さらにリッチフィールドはローダウンスプリング、サスペンションブッシュ、内装用のカーボンパーツの発売を計画しているとのことですが、今後には期待した、と思います。

7bedc4d0-toyota-supra-tuned-by-litchfield-7

VIA:Litchfield

あわせて読みたい、新型トヨタ・スープラ関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.