>その他アメリカ車 >中国/香港/台湾の自動車メーカー

中華資本の「カルマ」がカッコいい「SC2」発表!1,100馬力、0−100km/h加速1.9秒、さらに中国らしく無駄にテクノロジー満載のハイパーカー

投稿日:

| テスラ、リマックもうかうかしていられない |

カリフォルニアのエレクトリックカーメーカー、「カルマ」がロサンゼルス(LA)オートショーにて、「SC2コンセプト」を発表。
「カルマ」についてはちょっと説明が必要で、もとはというとアストンマーティン等でデザイナーを務めたヘンリク・フィスカー氏が設立した「フィスカー」がその前身です。

そして2011年、フィスカーは「カルマ(というクルマ)」を発売するも、品質に問題があって販売が低迷し、2013年に販売を終了させた後にフィスカーも破綻。
その後2014年に中国の万向集団がフィスカーを生産設備ごと買い上げ、これを「カルマ」と社名変更したのが今回紹介するSC2を発表した会社となります。

参考までに、ヘンリク・フィスカー氏はこれまた別にEVカンパニー「フィスカー・オートモーティブ」を設立して別のEV「Eモーション」を発表しており、ここがちょっとややこしいところです。

フィスカー・エモーションの市販モデル公開。アストンマーティンとのパクリ訴訟はどうなった?

コンテナでも引っ張れそうな強烈なトルク

今回発表されたSC2コンセプトは非常に美しいルックスを持つクルマで、そのスタイルは「ロングノーズ・ショートデッキ」。
ドアはスーパーカーっぽいディヘドラルドア(バタフライドア)を採用し、ドアを開いた内側(車体側)にラゲッジ収納スペースがあるというユニークなパッケージングを持っています。

このSC12はピュアエレクトリックカーなので動力源はもちろん「モーター」となり、SC2ではこれを前後に搭載。
驚くべきはその出力で、1,100馬力というパワーも驚きですが、14,000Nmという規格外のトルクにもびっくり。
おかげで0−100km/h加速は1.9秒をマークし、これはテスラ・ロードスターと同じタイムであり、リマックC_Twoの1.85秒にわずか0.05秒遅れるのみ。
それでいて一回の満充電あたりの走行可能距離は563kmだと紹介されており、実際に発売されればゲームチェンジャーとなる可能性も秘めています。

karma-sc2-concept-la-show-3

カルマによると、SC2は「カルマの未来を象徴するクルマであり、その技術の高さはもちろん、将来のデザイン言語を示している」とのことで、「トルクベクタリングギアボックス」に加え、「ウルトラソニック・ダイナミック・リジェネレーティブ・パネル」なる革新技術も採用されている模様。
バッテリー(120kWh)は「I型」で、これを車体中央にマウントすることでロールセンターを適正化し、サスペンションはプッシュロッド、ブレーキにはカーボンセラミックディスクを採用。
こういったところを見るに、「加速だけ」ではなくハンドリング含む、ドライビングダイナミクスにも注力したクルマだと考えて良さそうですね。

karma-sc2-concept-la-show-2

なお、車両へのエントリーは顔認証や指紋認証を採用し、バイオメトリックシート/ステアリングホイールを採用するほか、3Dオーディオ、電気的にガラスの透明度を調整できるエレクトロクロマティックガラス等のハイテク装備も満載で、このあたりはさすが「中華系」といったところですね。

karma-sc2-concept-la-show-4

「カルマ」はほかにもこんなクルマをリリースしている

なお、カルマは現在「レヴェーロ」を2017年から発売しており、これは以前のフィスカーが「カルマ」として販売していたクルマを手直ししたもの。
よって現在の組織体制となったカルマによる設計ではなく、カルマは早い段階で「完全自社設計」のクルマへと切り替えたいのかもしれません。

中国資本にて再建中の「カルマ」。レヴェーロGTがP-51マスタング戦闘機のカラーを身にまといゴールドラッシュ・ラリーを走る

加えてカルマは2018年に「SC1 ヴィジョン・コンセプト」を発表していますが、このデザインや細部を見る限り、これが今回の「SC2」へと繋がったのだと思われます。

「カルマ」がガルウイングドアの新型コンセプト「SC1」、そしてピニンファリーナデザインのクーペ、さらに市販モデル「レヴェロGT」を発表

VIA:KARMA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他アメリカ車, >中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.