>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW「V12に未来はない。V8、直6ディーゼル4ターボ、3気筒ディーゼルも廃止する」。しかしガソリンエンジンは今後30年は継続させると明言

投稿日:2020/01/14 更新日:

| V8エンジンは直6+プラグインハイブリッドに取って代わられることに |

BMWが「V12エンジン」「V8ツインターボエンジン」「直6クワッドターボディーゼルエンジン」「3気筒ディーゼルエンジン」の廃止について言及。
これはBMWの研究開発部門、クラウス・フローリッヒ氏がAuto News Europeへと語ったもので、まずV12エンジンについては「年間数千基しか生産しないのに対し、年々厳しくなる規制に対応するためのコストが高くなりすぎ、生産を正当化できず、V12エンジンに生き残る道はない」。

なお、今回「いつ廃止するのか」については語られていないものの、以前の報道だと2023年まではV12エンジンを継続すると言われていて、しかし今回この話が出てきたことで「その時期が早くなる可能性も」。

BMW「新型7シリーズ、とくにV12モデルは大人気だ。V12エンジンは廃止せずに2023年まで継続する」。なお巨大キドニーグリルも好評とのこと

BMWは2017年以降、強くコストを意識し始めた

そして6気筒ディーゼルエンジン(クアッドターボ)はあまりに製造コストが高価であり構造が複雑であるため「終了させる」とし、こちらは理由が不明ながらも1.5リッターディーゼルエンジンについても「終了」。
なお、BMWはプラットフォームについても「コストが高い」ものについては順次統廃合を進めていて、2017年後半辺りから急に「コストコスト」と言い出したように思います(同時期に、日本におけるグレードやオプション、ボディカラーの選択肢も狭くなり、つまり売れるものに集約し、売れないものはバンバン切るようになっている)。

加えて上述のクラウス・フローリッヒ氏は「現在、高出力を可能にする直6+プラグインハイブリッドシステムを持っており、その状況下で、V8ツインターボエンジンを使用し続ける理由を見つけるのは難しい」とも述べ、こちらも順次廃止されてゆくということになりそうですね。

なお、アウディはすでに「V8エンジンに未来はない」としてV8エンジンの開発終了をアナウンスし、メルセデス・ベンツは「エンジンそのもの」の開発を終了したと宣言。

アウディ「エレクトリック化に伴い、15%の人員を削減する」。エンジンに関連する人々は研究開発、製造とも職を失い、自動車メーカーは構造改革の時代に

BMWの場合は幸いにも「ディーゼルエンジンはあと20年、ガソリンエンジンはあと30年継続させる」とも述べており、その中では何らかの「あたらしいエンジン」が登場することになるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.