>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW「V12に未来はない。V8、直6ディーゼル4ターボ、3気筒ディーゼルも廃止する」。しかしガソリンエンジンは今後30年は継続させると明言

投稿日:2020/01/14 更新日:

| V8エンジンは直6+プラグインハイブリッドに取って代わられることに |

BMWが「V12エンジン」「V8ツインターボエンジン」「直6クワッドターボディーゼルエンジン」「3気筒ディーゼルエンジン」の廃止について言及。
これはBMWの研究開発部門、クラウス・フローリッヒ氏がAuto News Europeへと語ったもので、まずV12エンジンについては「年間数千基しか生産しないのに対し、年々厳しくなる規制に対応するためのコストが高くなりすぎ、生産を正当化できず、V12エンジンに生き残る道はない」。

なお、今回「いつ廃止するのか」については語られていないものの、以前の報道だと2023年まではV12エンジンを継続すると言われていて、しかし今回この話が出てきたことで「その時期が早くなる可能性も」。

BMW「新型7シリーズ、とくにV12モデルは大人気だ。V12エンジンは廃止せずに2023年まで継続する」。なお巨大キドニーグリルも好評とのこと

BMWは2017年以降、強くコストを意識し始めた

そして6気筒ディーゼルエンジン(クアッドターボ)はあまりに製造コストが高価であり構造が複雑であるため「終了させる」とし、こちらは理由が不明ながらも1.5リッターディーゼルエンジンについても「終了」。
なお、BMWはプラットフォームについても「コストが高い」ものについては順次統廃合を進めていて、2017年後半辺りから急に「コストコスト」と言い出したように思います(同時期に、日本におけるグレードやオプション、ボディカラーの選択肢も狭くなり、つまり売れるものに集約し、売れないものはバンバン切るようになっている)。

加えて上述のクラウス・フローリッヒ氏は「現在、高出力を可能にする直6+プラグインハイブリッドシステムを持っており、その状況下で、V8ツインターボエンジンを使用し続ける理由を見つけるのは難しい」とも述べ、こちらも順次廃止されてゆくということになりそうですね。

なお、アウディはすでに「V8エンジンに未来はない」としてV8エンジンの開発終了をアナウンスし、メルセデス・ベンツは「エンジンそのもの」の開発を終了したと宣言。

アウディ「エレクトリック化に伴い、15%の人員を削減する」。エンジンに関連する人々は研究開発、製造とも職を失い、自動車メーカーは構造改革の時代に

BMWの場合は幸いにも「ディーゼルエンジンはあと20年、ガソリンエンジンはあと30年継続させる」とも述べており、その中では何らかの「あたらしいエンジン」が登場することになるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.