■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore



>マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗:マクラーレン570GT】快適かつ俊敏、540Cと570Sのいいとこ取り

投稿日:2016/11/28 更新日:

dsc05609

さて、マクラーレン570Sに続き、570GTに試乗(試乗の機会をくださった八光さんには感謝です)。
マクラーレンは現在「スポーツシリーズ」として570S、540C、570GTを展開していますが、数字はそれぞれの馬力を表しています。
なおスポーツシリーズの上にはマクラーレン650S/675LTの属する「スーパーシリーズ」、そのまた上にはP1の属する「アルティメット・シリーズ」があり、マクラーレンが現在この3つのシリーズでモデル展開を行っている、ということですね。








なお「C」は「クラブ」、「S」はスポーツを表し、「GT」はグランツーリスモ。
C→Sの順にスポーティーになり、GTはゆったり(と言ってもマクラーレンなのでそんな甘いものではないですが)ツーリングといったイメージで、そのため「570GT」には他にない荷室も設置されています。
価格はマクラーレン540Cが2188万円、570Sが2556万円、570GTは2750万円(2017年モデルは価格の変更あり)。

マクラーレン570Sのスタイリング

外観については基本的に570Sと共通で、マクラーレンの提唱する「シュリンク・ラップト(凝縮された)」スタイル。
ボディパネル表面は複雑な面構成を持っており、とくにサイドからCピラーへと風を抜く構造は独特です。
フロントバンパー開口部から入る空気は4つに分断されてボディ上/下/左右へと流れるようにコントロールされており、その奇抜なデザインは「奇をてらった」ものではなく「考えに考え抜かれた」構造であることもわかります。
スパイフォトを見る限りですが、マクラーレンの新型車「P14」も570S/540Cによく似たデザインを持っており、このデザイン(エアロダイナミクス)は一定の効果があると考えて良さそうです。

なお、570Sとの外観上の相違は車体後部で、570Sがトンネルバックになるのに対し、570GTは「ハッチバック」に。
そのため、わずかではありますが後部荷室容量が増加しています(数字で表すと増加分は大きいと思われますが、実際には薄いものしか後部荷室に入れることができず、使い勝手が良いとは言えない。この車を購入する人はあまりそれを気にしないと思いますが)。
加えてルーフもグラストップとなり、そこからリアハッチへと連続したラインが描かれています。
美しさでは570GTの方(540C/570Sに比べて)やや上かもしれませんね。

dsc05638

↓こちらはマクラーレン570S。

dsc00528

マクラーレン570GTの内装
ディへドラル・ドアを開けると目に入るのはぶっといサイドシルですが、これは12Cに採用される「カーボン・モノセル」の第2世代にあたる「カーボン・モノセル2」となっており、これでもサイドシルフロント部が8センチ低く設定され乗降性を向上させています。

シートは(車幅の割に)センターに寄せられており、ロールセンターを可能な限り中央に持ってこようという意図が感じられますね。
なお「左右シートの距離」はフェラーリやランボルギーニ、ポルシェと比べても「近い」ようです。
このあたり、マクラーレンは「F1」でもロールセンター集中を考えて採用した「3座」構造の流れを一貫して持っているのだと想像できます。

室内は(全長を伸ばしたおかげで)スーパーシリーズよりも広く、かつAピラーが左右に押しやられたことで視界が広くなり、おそらくはスポーツシリーズよりもAピラーが細い模様。
これはBピラーも同様で、これによって周囲の視認性が大幅に向上しているようです。

独特な形状のドアミラーも車体のかなり外側に出ていることもあって広い範囲を映し出すことができ、パフォーマンス重視の車といえども日常性を重要視していることがわかります。

なお現代に車らしくインフォテイメントシステムも充実していますが、タッチスクリーンは他の車にはあまり見られない「縦型」。
これも左右のシートをできるだけ接近させるためのデザインだということで、「ここまでやるか」と驚かされる部分でもありますね。
加えて、このタッチスクリーンのおかげで物理的スイッチが少なくなり、車内はシンプルな印象となっています。

なお車体後部の荷室については、上述の通り、実際の使い勝手では570Sも570GTもあまり変わらないようにも思います。
570Sでは座席の後ろにしか荷物を置くスペースがないものの(バッグ二個、上着くらいはそこに置ける)、570GTではそれに加えて極めて薄いものであれば車体後部に置くことができる、ということに。
ただ、そこに機内持ち込みサイズのバッグが入るわけではなく、そのいくばくかのスペースを確保するためにエンジンが見えないという犠牲を払っていることになります(もしかするとボディ剛性も多少は異なるかも)。
もしぼくが570GTを選ぶとすると、その理由としては「グラスルーフ」や「リアセクションの(ボディラインの)美しさ」の方が大きいかもしれません。

マクラーレン570GTを運転した印象

マクラーレン570GTはエンジン出力が570Sと同じで、サスペンションやステアリング周りのセッティングが540Cと同様、と言われます。
つまりはステアリングがややスローで足回りが柔らかいということになり、その名の通り「快適志向」ということですね。

その素晴らしい操作系やフィーリングについては540C、後に公開する570Sそれぞれの試乗レポートを参考にしていただきたいと思いますが、570GTについて特筆すべきは文字どおり「540Cのいいところと570のいいところを組み合わせた」車であること。
普通に乗れば全く普通に乗れる車ですし、一度ムチを入れれば弾かれたように飛んで行く俊敏さも持ち合わせています。

570GTの場合、トルクカーブで言うといわゆる「台形」のように思われ、低回転のトルクが扱いやすく乗りやすい印象(540Cも同じ)。
570Sはトルクが回転数にあわせて右肩上がりに増す印象なのでずいぶんフィーリングが異なることになりますね。

570GTは価格だけ見るとちょっと割高なようにも見えますが、540C/570S両者の良いところを持ち合わせていることを考えると、むしろ「コストパフォーマンスが良いのでは」と思えるほど。

dsc05635

マクラーレン570S試乗の総括

マクラーレンは非常に特殊なメーカーであり、F1をバックボーンに持つのはフェラーリ同様ですが、カーボン製のバスタブシャシーなど、F1との共通性はフェラーリよりも高いのかもしれません。
その高い剛性を背景としてよく動く足回りを持っており、そのためにこのクラスのスポーツカーとしては望外に快適な乗り心地を持っていると考えていますが、これは一般道の不整路や、高速道路においても継ぎ目の多い場面で大きく威力を発揮することになり、「固められただけ」の足回りとは異なり、しっかりと路面をつかむという印象もあります。

メカニカルグリップが高く「安心して踏んで行ける」車だと言えますが、4WDでなくてもこれだけの安心感と安定性を出せるのはマクラーレンならではかもしれません(”速く走る”ということだけを考えると、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニにも勝る、とぼくは考えている)。

なお各モデル間で「基本構造やエンジンが同じなのに、狙った通りの性格の違いを演出」していることは特筆すべき点で、これはそう簡単にできることではない、とぼくは考えています(逆に一部国産メーカーではプラットフォームやエンジン、足回りが違うのに皆同じような乗り味になってしまっている)。

これについては、「この部分をこうするとこうなる」ということを熟知している必要があるわけで、これと同じようなことをできるのはポルシェだけではないかと思うのですね(ボクスターとボクスターS、911カレラと911カレラSとの間にもかなりの差異がある)。

その意味でもマクラーレンは優れた車作りを行うメーカーであることは間違いなく、その技術や考え方はモータースポーツに直結するものであり、非常に新しいメーカーでありながらも確固たる考え方、そして地位を確立したと言ってよいかと思います。

なおマクラーレンはその形状やディティールが非常に特異であり、フェラーリの優美さ、ランボルギーニのエクストリームさとも異なる特殊な造形を持っています。
その造形は(いい意味で)異質さを感じさせるものであり、そのため試乗中に感じた周囲からの視線はフェラーリ、ランボルギーニ以上。

加えてドア開閉時には老若男女関わらず凝視されるので、注目度としてはスーパーカー中随一、と言えるかもしれませんね。

関連投稿
マクラーレン540Cに試乗する。コイツは戦闘力抜群のポルシェイーターだ
マクラーレン540C見積取得→支払いプラン検討→月5万円でも購入できるという事実が発覚
マクラーレンMP4-12Cのローリングシャシーの画像をアップ。やはりF1コンストラクターならでは

関連投稿:メディア向けマクラーレン570GT試乗会開催。一気にレポートが公開に

570GT-1

メディア向けにマクラーレン570GTの試乗会が行われ、その試乗レポートが続々公開中。
日本語だと「オートカー」より試乗インプレッションが公開されています。

マクラーレン570GTはマクラーレンの「スポーツシリーズ」に属する車ですが、同じスポーツシリーズの「570S」の快適性と積載性を向上させたモデル。
文字通り「グランツーリスモ」的性格を強調したモデルで、日本での価格は2752万7000円(570Sは2556万円なので”GT"化によってけっこう価格が上昇している。なお540Cは2188万円)。

外観上では[570S」に比べてパノラミックサンルーフ、リアのガラスハッチが相違点となりますが、リアが伸びやかに見えるぶん、スタイリング的には570GTのほうがバランスが良いのではと考えたりします。
サスペンションもいくぶん柔らかく、内装も豪華になっているとされ、試乗レポートでは室内の騒音も抑えられているとのことなので、思いのほか570GTと570Sとの差は大きいのかもしれません。

なお「570S」は先進国(要はお金がある国)向け、「540C」は新興国向けと位置づけられ、540Cは主にアジアマーケットに投入されていますが、日本では幸運な事に[570S」「540C」両方の購入が可能に。
なお「GT」に540が設けられるかどうかは不明です。

ちなみにマクラーレンは「スポーツシリーズ」のほか650Sが属する「スーパー・シリーズ」、P1の属する「アルティメット・シリーズ」を展開しており、価格的にもスポーツ・シリーズが再量販シリーズと言えますね。
なお540Cはカーボン製バスタブ・シャシー、ガルウイングドアを持つ車としては非常に価格が安く、ある意味驚異的な価格設定とも考えています。

ランボルギーニ・ウラカンの後輪駆動モデル「LP580-2」の価格が2535万円なので、10馬力劣るといえどもマクラーレン570Sの2556万円はもちろん、540Cの2188万円はかなりお買い得に感じますね。

関連投稿
マクラーレン新モデル、570GTが公開に。予想外のリアハッチの開き方

下記は各メディアによる試乗インプレッション動画。

関連投稿:9/15、大阪にマクラーレン570GTが初上陸。同時に試乗会も開催だ

2016-McLaren-570GT-04

マクラーレンは現在「スポーツシリーズ」を拡大中ですが、大阪に570GTが初登場(以前にプロトタイプながらも540Cは展示)。
9/15からの展示ですが、同時に試乗会も開催をしているとのことで、予定を調整して試乗の予約を取った上で訪問しようと考えています。

マクラーレン570GT/540Cともに「スポーツシリーズ」に属しますが、540Cは価格2188万円とその素材(カーボン)や性能に比べると割安とも言える設定。
フェラーリのV8モデル、ランボルギーニV10モデル(4WD)が3000万円というゾーンに突入したためにさらに割安に感じられますが、やはりこの価格帯だとかなり訴求力はあるようで、フェラーリも「ディーノ」での参入を検討したりランボルギーニもウラカンの2WDを当ててきたりという動きがあるほか、ポルシェ911ターボ、アウディR8、新型ホンダNSXといった車もこの価格帯に。

要はかなり「熱い」ゾーンであると言えますが、その中でもカーボン製バスタブシャシーやガルウイングドア採用ということではコストパフォーマンス的にひとつ抜けているとも言えますね。

実際の走行性能だと新型ホンダNSXがもっとも優れるかもしれませんが、やはり「ガルウイング」は特別なものがあると考えています。
なお正確に言うとマクラーレンのロードカーが採用するドアは「ガルウイング」ではなく「ディへドラル・ドア」もしくは「バタフライ・ドア/インセクト・ウイング・ドア」ということになりますが、ここでは”わかりやすく”ガルウイングドアと呼ぶことにしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->マクラーレン(McLaren), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.