ad-728

>ウラカンの内装カスタムについて

ランボルギーニ・ウラカンの内装に仕込んだLEDムードランプの色調を変更してみた

2016/12/14

Pocket
LINEで送る

ぼくのランボルギーニ・ウラカンには青色LEDイルミを仕込んであります。
主には二箇所で、ルーフ内張り(マップランプのところ)とセンターコンソール内側。
この二箇所はそれぞれ別メーカーの青色LEDを使用しているということもあり、おなじ「青色LED」でも微妙に色調が違うのですね。

ルーフの方は紫に近い青で、センターコンソールのほうが緑に近い青なのですが、この微妙な色調の違いがイマイチ満足感を殺いでいます。
こちらがルーフ側(周囲が明るくわかりにくいですが、青い点のようなものがLEDイルミ)。

こちらがセンターコンソール(画像では色調の相違がわかりにくいですが)。

よって、今回は両者の色調を近づけるためにちょっと小細工をしてみます。
ぼく的にはルーフ側の紫っぽいブルーのほうが好みなので、センターコンソール側をこの色調に近づけることになりますが、このLEDはフルカラーLEDではないので発光色そのものをコントロールするのは不可能。
よって発光面にクリアレッドを塗り、「ブルー+レッド=パープル」にしよう、というわけです。

使用するのは手元にあったクリアレッドの塗料。
模型用ですが、経験上これで十分に用が足ります。

LED発光ユニットを引き出し、レッドを面相筆でチョンと載せ、乾燥後に発光させると目論見通りパープルっぽいブルーになり、これで色調変更作業は終了(やはり画像ではその差がわかりにくいですが)。
あとはLED発光ユニットをもとにもどして完了。

なおぼくはこれまで所有してきた車の「すべて」にはこういったLEDイルミネーションを仕込んでいます。
単に「暗いのがあまり好きではない」こと、「きらびやかな方が好き」といったことが理由ですが、ウラカンにおいては内装にホワイトの部分が多く、このホワイト部分がブルーの発光色を淡く反射し、それなりに妖しい雰囲気に。

さらに言うと「仕込むLEDの発光色」はその車の内装やもともとのイルミネーションに合わせるようにしており、たとえばミニクーパー(R56)に乗っていたときは、BMWのらしくオレンジ色の照明がもともと用いられていたので追加する照明もオレンジを使用しており、ポルシェ911カレラの場合は内装が「ベージュ」だったのでブルーやレッドの発光色とは相性が悪く、上品に見えるであろう「ホワイト」LEDを使用したり、といった感じですね。



->ウラカンの内装カスタムについて
-, , , , ,