>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】謎のポルシェ718ケイマンが目撃。現行718への追加モデル?それとも718のフェイスリフトモデル?

| フェイスリフトモデルにしてはあまりに変更点が少なすぎる | 今後様々なニューモデルが登場しそうなポルシェ718シリーズ。直近で確定しているのは「718ケイマンGT4」「718ボクスター・スパイダー」ですが、このところ頻繁に目撃されているのが上の画像の「謎モデル」。どこが謎なのかということについて、通常は「センター」となるテールパイプが「左右」に別れていること。そしてこの位置はターボ化されたポルシェ911のテールパイプと同じだということで、これが「718ケイマン/ボクスターに(ポルシェ911に積まれる) ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

メルセデスAMG ONEは「市販車最初のハイブリッド電動ターボ」搭載車に?そもそも電動ターボってどんな種類があるの?

| ターボチャージャーも昔と違って多様化してきた | 強化される排ガス規制のために開発が遅れていると言われるメルセデスAMG ONEですが、AMGのボス、トビアス・メアース氏が「AMG ONEには電動ターボを使用する。そしてAMG ONEは電動ターボを使用する世界ではじめてのガソリン車になる」と語っています。ちなみに「電動ターボ」はディーゼルだとアウディQ7 TDIに採用され、ガソリン車でもメルセデス・ベンツS450やAMG 53系に採用済み。 となるとAMG ONEは「ガソリン車初の電動ターボ」とななり ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど

今度はランボルギーニ・ヴェネーノ!タイからトヨタMR-Sベースのレプリカ(無理がある)が登場

| ヴェネーノとMR-Sでは全長1メートル以上、幅では40センチ近く差がある | 世界中で報告されるスーパーカーの「レプリカ」。今回はタイより、ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターのレプリカ製作風景が公開に。なお、ベースとなるのはトヨタMR-S。MR-Sのボディサイズは全長3,895ミリ、全幅1,695ミリ、全高1,235ミリなので、全長5,020ミリ、全幅2,075ミリ、全高1165ミリというヴェネーノ・ロードスターとは相当にボディサイズに差があります。そのためMR-Sをベースにヴェネーノのレプリカ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダはどこへ行く?トヨタとエレクトリック分野では袂を分かち「独自技術のEVを2020年に発売、2021年以降にはPHEV発売」

| マツダにはエレクトリック技術を単独で進めるノウハウも資金も無いはずだ | ますます厳しさを増す欧州の環境規制。報道によればシボレー・カマロ、コルベットはこの規制に対抗できないために「年内に(欧州では)販売終了」だと言われます。そういったハイパフォーマンスカーでなくともこの問題に直面しているのは同じであり、Auto Newsによると、マツダはこれに対応するため2020年に「ブランド初の」ピュアエレクトリックカーを発売し、2021-2022年にかけてプラグインハイブリッドカーを数台発売する、としています。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMGが「800馬力のGT73」を発表とのウワサ。GLS、Gクラス、Sクラスにも「73」設定?

| やはりハイブリッドシステムは開発に時間がかかるようだ | メルセデス・ベンツがAMG船外モデル「GT 4ドアクーペ」に「GT73」を追加する、というウワサ。現在、同シリーズには直6/3リッター+マイルドハイブリッドの「GT43」「GT53」、4リッターV8ツインターボエンジンを積む「GT63S」がラインアップされています。ただし、メルセデスAMG GT 4ドアクーペが発表される前には「4リッターV8ツインターボ+ハイブリッド」によって805馬力を発生するモデルが最初に登場すると言われており、しかしそれ ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニ・ウラカンEVO展示イベントへ!ランボルギーニ大阪は一晩限りの「バータイム」営業

| ショールームでは”ミクソロジスト”濱口貴志によるフローズンカクテル提供も | さて、ランボルギーニ大阪さんにてウラカンEVOのお披露目会”Huracan EVO Exhibition Days”が開催され、ウラカンEVOを見にゆくことに。以前にウラカンEVOの内覧会は開催されているものの、前回はゆっくり見ることができず、改めてウラカンEVOをチェックしています。展示車両はパールオレンジにグロスブラックのアクセントを持つ個体で、内覧会にて公開された車両と同一のようですね。 ランボルギーニ・ウラカンEVO ...

ReadMore

■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

骨の髄までスパルタン!ホンダのスーパースポーツバイク、CBR250RRが納車された

| ある意味、我が家でもっともスパルタンな乗り物に | さて、先日注文したバイク、ホンダCBR250RR<ABS>(MC51)が納車に。ぼくは突然バイクやクルマを購入することがありますが、今回もやはり突然。CBR250RRについて、以前から「欲しい」とは考えていたものの、ホンダドリームを訪れ、その場で「これちょうだい」という形での契約となっています(ただしそれまでも試乗したり、購入しようと考えたことはあった)。用途としては日常の足。ただ、「足」といえども、どうもぼくはレスポンスのいい乗り物以外にはあまり馴 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M3 ”DTMエディション” が1000万円で販売中!1000万円でも安いと思えるその内容を見てみよう

| ここまで手が入ったM3も珍しい。とくにレトロな仕様はマニアにはこたえられない | 美しくカスタムされたE30世代のBMW M3が中古市場に登場。これはKoch Klassicがカスタムした車両で、独自に「DTM Edition」と命名されたもの。その販売価格は約1000万円とかなり高額ではありますが、ここでどういったカスタムが施されているのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)【競売】ジワジワ値を上げるメルセ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >テスラ(TESLA)

シビック・タイプRもパトカーに導入したオーストラリア警察が今度はテスラ・モデルXをパトカーに。「維持費が安くていい」

| けっこうオーストラリア警察は資金的に余裕がある? | オーストラリアはビクトリア州の警察が「テスラ・モデルXをパトカーに採用した」と発表。世界中では多くの警察がスポーツカーやスーパーカーをパトカーとして採用する例があるものの、テスラ・モデルXを警察車両に加えるのは非常に珍しい、と思います。加えて、そういった「ハイパフォーマンス警察車両」に多くはプロモーションを目的に採用しているものの、今回のモデルXについては実務に当たるとしており、これもやはり「かなり珍しい」例ですね。 こちらもオススメ、関連投稿オー ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン、トヨタがル・マンに新設される「ハイパーカークラス」への参戦を表明。フェラーリ、マクラーレンもぜひここへ参加して欲しいところ

| フェラーリがワークスとしてル・マンに復帰することを期待したい | 一時は「計画倒れ」となりそうだったル・マンふくむWEC(FIA世界耐久選手権)のハイパーカークラス創立プロジェクト。せっかくカテゴリを作ったところで参加車がいないのではないかと思われたものの、今回アストンマーティンが2020−2021シーズンに「少なくとも」2台のヴァルキリーを走らせると公表。このハイパーカークラスは現在のLMP1クラスの置き換えになる予定ですが、ヴァルキリーのような市販車が参加できるとなると、LMP1とはかなり性質が異 ...

ReadMore



>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが限定車「MSOカーボンシリーズLT(MSO 488HS)」発表。標準+2000-3000万円増しと思われるも既に完売

投稿日:2016/12/14 更新日:

マクラーレンが新たな限定車、「MSOカーボンシリーズLT」を発表。
675LTスパイダーの外装を文字通りカーボンにてカスタムしたものですが、細部に至るまで「フルカーボン」。
ただし通常の675LTに比べてカーボンの使用量は「40%増加」しただけとのことで、もともと675LTにはかなりの量のカーボンが使用されている、ということになりますね。








なお限定数量は25台、価格は不明。
ランボルギーニ・チェンテナリオLP770-4のヴィジブル・カーボン(カーボンの織り目が見える)オプションはおおよそ3000万円、ブガッティ・シロンでも同等の価格であったと記憶しており、この675LTについてももともとの車両本体価格の2000-3000万円増しであろうことは想像に難くありません。

ひとくちに「カーボン」といっても、今回のMSOカーボンシリーズLTのように鑑賞に耐えうるカーボン柄を再現しようと考えると、「塗装を前提としてカーボン柄を見せなくても良い」カーボンパネルとはそのコストが大きく異なり、もともとカーボンパネルの外装を持つ車であっても、「カーボン柄が見える」オプションを選択するとコストが一気に跳ね上がるようですね。


関連投稿:カーボンむき出しボディのマクラーレンMSO HSが公開に。まさに見えるところは全部カーボン

マクラーレンMSO HSはマクラーレン675LTの上に位置する限定モデルで、世界限定25台となる希少な車。
675LTに過激なカナード、リアウイングを取り付けていることが特徴ですが、今までにもマットレッド、グリーンにイエローアクセント(これは事故が報じられている)、ボルケーノ・オレンジの個体などが目撃に。

今回画像が公開されたのは「エクスポーズド・カーボン(カーボンむき出し)」のマクラーレンMSO HSですが、このオプションは3000万円〜6000万円程度の費用が必要と言われるもの。
それもそのはずというかいたるところカーボンづくしで、ドアミラーのステーもカーボン。

ワイパーの付け根辺りのカバーもカーボン。
ここまでカーボンにしなくても、という部分ですが、これだけでも何十万円かの費用がかかっていそうですね。

なお同じカーボンパネルとは言っても、塗装(でカーボンの織目が見えなくなる)を前提とした場合と、このように無塗装(クリア塗装のみ)の場合とではその工程における手間が大きく異なり、後者の場合はカーボンの織目を揃えたり、歪んだりしないようにする必要があり、また継目を見えないようにしたり、どうしても継目が見える場合は綺麗に合わせたり、という非常に高度な技術が要求されることになります。

そのため面積の大きな部分にカーボンむき出しのパネルを用いるには「大きな」カーボンシートを用意する必要があり、素材的にも人件費的にもかなり高額になるのはやむをえないところですね。

関連投稿:マクラーレン688(MSO)HSの詳細が明らかに。P1GTRプログラムの集大成か

McLaren-MSO-HS-9

マクラーレン688MSO HSが公開に。
これまで報じられていた「688HS」に「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が加わった形ですね。

これはマクラーレン650Sをベースとしておりさらにダウンフォースを増加させるべくカーボンパーツで武装。
特に巨大なリアウイングが特徴的ですが、これは時速240キロ時点において約220キロのダウンフォースを発生するとのこと。
スロットルマップはP1 GTRプログラムからフィードバックされたものとされ、ボディパネルについてはルーフなど多くの部分がエクスポーズド・カーボンに。

McLaren-MSO-HS-5

その他多くの部分が軽量化され重量はトータルで-40キロを達成。
ウインドスクリーンやサイドスクリーンも軽量化の対象となっており(薄肉化?)、リアのエンジンカバーはポリカーボネート製へと変更されています。
ガラスは自動車の部品においてもかなり重い部品とされ、こういったサーキット走行を中心に考えた車では最初に軽量化の対象になり、リア及びリアクォーターウインドウはポリカーボネートへ置き換えられることが多い模様。
なおフロントやフロントサイドはガラスのままでも、その厚みを薄くすることで軽量化を達成しているモデルもあります(ポルシェ911など)。

McLaren-MSO-HS-6

675LTに比べると出力は名称の通り13馬力向上し688馬力に。
最大トルクは675LTと同じ700nmのままながらも発揮する範囲が広く(3000-7000回転)なっており、よりフレキシビリティが増しているものと思われますね。

McLaren-MSO-HS-1

サーキット走行をメインに考えているということでテレメトリーシステムも備え、さらに3つのカメラやGPSを使用して走行状態を解析するとのこと。
もちろん限定となり、その台数は25台と報じられています。

McLaren-MSO-HS-2

McLaren-MSO-HS-3

McLaren-MSO-HS-4

McLaren-MSO-HS-8

関連投稿:マクラーレンが675LTにカーボン外装モデルを設定。25台のみ限定にて発売

MSO Carbon Series LT_01

マクラーレンがMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)によってカスタムされた675LTを公開。
675LTはクーペ500台が2か月で、スパイダー500台が2週間で完売した大ヒットモデル。

その675LTスパイダーが今回MSOによって「MSO Carbon Series LT」としてカスタムされ、25台のみ限定にて発売に(675LTの完売記念モデルという位置づけらしい)。
なおマクラーレンはP1にもカーボンボディのオプションを数台分用意しており、カーボン外装はお手の物という感じですね。

675LTはもともとボディの多くをカーボンでカバーされますが、残りの40%部分をグロス仕上げのカーボンパーツで構成しており、文字どおり「フルカーボン」。
なおこの外装は通常外装の675LTには装着できず、この限定モデルのみの特別装備だそうです。

MSO Carbon Series LT_02

関連投稿:マクラーレンは675LTをベースにした688馬力の限定モデルを発表か

2015-547049-mclaren-675lt

オランダのメディアによると、マクラーレンは675LTをベースにした軽量版を発売するのでは、とのこと。
こちらもやはり限定モデルになる見込みでMSO(McLaren Special Operations)によって制作され688馬力にまでパワーアップされる模様。

より向上したパフォーマンスを受け止めるためにリアウイングが増設されるなど、よりアグレッシブなルックスを得るようですね。
限定台数はわずか25台と言われ、ジュネーブで公開されるのではとも推測されています。

関連投稿:稼ぎすぎなユーチューバー、フォードGTに続きマクラーレン688HSも購入か

スクリーンショット 2016-08-25 21.25.51のコピー

Shmee150氏がマクラーレン688HSを増車する模様。
動画ではShmee150氏のガレージが映っていますが、ポルシェ・ケイマンGT4、フォード・フォーカスRS、フェラーリFF、その他もろもろの車が見えますね。
なお同氏はこれまでもマクラーレンMP4-12C、マクラーレン650Sスパイダーを乗ってきており、マクラーレンはお気に入りの模様。

ちなみにフォードGTに当選したことでも知られており、相当に稼いでいそうですね。

関連投稿:マクラーレン675LTの上位モデル「488HS」の画像がリーク。さらに40キロ軽量化でDRS付

mclaren-688hs-1

マクラーレン675LTのさらに上位に当たるモデル、「688HS(ハイ・スポーツ)」のオフィシャル画像とみられるものがリーク。
ボディ各部がカーボンファイバー製となりフロントバンパーにはエアロパーツ、ルーフにはエアロスクープ、そして大きなリアウイングが装着に。

なおリアウイングにはF1同様のDRSが装着されているようで、ここはさすがマクラーレンと言えます。
出力はネーミングの通り488馬力で、重量は675LTからさらに40キロも軽量化。
0-100キロ加速は2.9秒とされていますが、出力向上、軽量化を考えると実際はもっと速いかもしれませんね。

なお車両は画像にある通りマクラーレン・スペシャル・オペレーションズで製造されるようで、25台限定と言われます。

mclaren-688hs-2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.