>ランボルギーニの限定車関連

イギリス第一号納車のランボルギーニ・チェンテナリオが到着。トランスフォーマー登場車と同じカラー

投稿日:2017/06/03 更新日:

ロンドンのランボルギーニディーラーへ、イギリス第一号納車となるランボルギーニLP770-4チェンテナリオが到着。
エクスポーズド・カーボンのボディにオレンジのアクセント、という「トランスフォーマー:最後の騎士王」に登場するのと同じカラーリングとなっています。

エクスポーズド・カーボンボディは非常に高価(2500〜3000万円くらい)ですが、これを選べるのはランボルギーニではチェンテナリオのみ、さらにはチェンテナリオの目玉ということもあってやはり選択する人は多い模様(同じエクスポーズド・カーボンでも部分的にマット仕上げにしている個体もある)。
加えてアクセントのカラーはこれまでもブルー、イエローなどが目撃されているものの、「ランボルギーニ推奨」のパターンが多いようですね。

なおチェンテナリオはこれまでも中東、フランス、香港、ドイツ、アメリカへの納車が行われており、続々生産が進んでいると思われます。

生産台数はクーペ20台、ロードスターが20台(まだロードスターは生産されていない?)。
ベースはアヴェンタドールとなりますがエンジンは770馬力にまでチューンされており、0-100キロ加速はアヴェンタドールSVよりも0.1秒速い2.8秒、となっています。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニの限定車関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.