>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore



>日産/インフィニティ(Infinity) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

日産エクストレイルに試乗。輸入車を超えるレベルの充実した装備、走行性能はさすが世界戦略車

更新日:

マイナーチェンジを受けた日産エクストレイルに試乗。
試乗したグレードは20Xハイブリッド(4WD)、車両本体価格は3,098,520円となっています。
文字どおりハイブリッドとなりますが、モーターはシングルとなり、少しだけならモーターだけでも走行が可能。

なおエクストレイルは2000年登場となり、現在のモデルで三代目。
その三代目もモデルライフ中央に差し掛かり今回マイナーチェンジを迎えた、ということになりますね。








まずはざっとスペックを見てみましょう。

日産エクストレイル 20Xハイブリッド

全長/全幅/全高:4690/1820/1730
排気量:1997cc
エンジン出力(MR20DD):147PS
モーター出力(RM31):41PS
車体重量:1690kg
燃費:リッターあたり20.0km

4WDシステムは「インテリジェント4×4」で、これはセレクターで2WDと4WDを選択できるほか、「オート」モードに入れるとフロント100〜50、リア50〜0%までトルクを自動配分。
TVコマーシャルを見ても分かる通り走破製はエクストレイルの一つの魅力で、本格的なオフロード走行性能を有する割には価格が安く、アクティブなライフスタイルを持つ人々には大変な人気を誇る車です。
実際のところ購入者の大半が「4WD」を選んでいる(一応FFモデルもある)、とのこと。

現行モデルは従来のオフロード走行性能に加えてさらにオン/オフ走行性能を強化しており、その一つが「インテリジェント・トレースコントロール」。
これはコーナリング時に4輪のブレーキを個別に制御するもので、思い通りのラインつまり「ニュートラルステア」を維持するもの。
二つ目は「インテリジェント・エンジンブレーキ」で、これもコーナリング時、そして減速時にエンジンブレーキを作動させて車体を減速させ、フットブレーキの操作負荷を減少させる機能となります。
「インテリジェント・トレースコントロール」と「インテリジェント・エンジンブレーキ」は、その制御こそ異なるものの、マツダの「Gベクタリング・コントロール」に似た考え方となりますね。
三つ目はインテリジェント・ライドコントロールで、「上下の動きを予測して」エンジンとブレーキを自動で制御し、でこぼこ道での車体振動を制御し乗り心地を向上させる、としています。

一般的な装備はほぼ揃っており、LEDヘッドライト始めエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突アシストなど安全に関するデバイスも充実。
なお最近日産がアピールしている自動運転システム「プロパイロット」はオプション、カーナビゲーションもオプション扱いとなっており、この辺りは購入時に「追加費用」として考えておく必要があるかもしれません。
カーナビゲーションについては360度アラウンドビューモニター、パークアシスト、インテリジェントルームミラー(液晶ミラー)がセットになったパッケージあり、これを選ぶと結構割安に。

ざっとエクストレイルという車そのものはこんな感じですが、実際に車をチェックしてみましょう。
キープコンセプトだった二代目とは異なり、三代目エクストレイルでは大きくデザインが変わり、エッジの効いた「今風」ルックスに。
そのぶん泥臭さは薄れましたが、都会派SUV、というイメージも受けますね。

ドアを開けて乗り込ん気づくのは「シートポジションは意外と低い」ということ。
平均的な日本人の身長だと全く違和感なくシートに腰を下ろすことが可能。
一部の輸入SUVは欧米人の平均身長を考慮しているためかシートポジションが高めの場合がありますが、さすがこの辺り「日産」と感じる部分です。

内装は(ドアパネルなど)樹脂パーツが目立つものの、エクストレイルの性格を考えると、この方が「らしい」のかもしれません。
それでもダッシュボードにはレザー風の処理とステッチが入るなど高級感についても考えられていることがわかります。

メーターはアナログ式ですが中央には液晶ディスプレイがあり、ここに現在の電気の流れやパワートレーンの作動状況が表示され、視覚的に動作がわかるように。



早速エンジンを始動させてシフトレバーをDレンジに入れ、電気式パーキングブレーキを解除して発進。
エンジンが始動しているときはクリープがあるようですが、エンジンが停止している状態だとクリープはなく、従って発信しようとしたときはアクセルを踏んで駆動力を自分で発生させる必要があります。

出だしはモーターのみで動き出すことができ、その後にエンジンが始動してエンジンによる走行へと移行。
減速時はエンジンが停止して回生による充電を行いますが、エンジンが始動している時間は非常に短く、積極的にモーターを使用するシステムのようです。

試乗中の燃費はリッターあたり14キロで、これはトヨタのハイブリッド車に比べてもかなり優秀な数字でもあり、意外と日産のハイブリッドシステムは実用性が高い(しかもエクストレイルの車両本体価格を鑑みるにコストも安い)と言えそう。
ハイブリッド=トヨタという印象がありましたが、知らぬうちにほかメーカーも随分追い上げているようですね。

なお加速時にはエンジンに加えてモーターがアシストしますが、減速時のエンジン停止、加速時のモーターによるアシストはほぼ感じ取ることができず、ごくごく自然な動作となっています(エンジン始動時のみ若干の振動を感じますが、これもすぐに慣れるレベル)。

ステアリング、ブレーキはごくごく自然で、車高の高い車であることを感じさせないフィーリング。
最小回転半径も5.6メートルと小さく、ステアリングのロック・トゥ・ロックもさほど大きくはなく、「そんなにハンドルをぐるぐる回さなくても」小さなカーブを曲がることが可能。

オフローダー的なルックスとは裏腹に「乗用車的な」乗り味が特徴で、セダンからの乗り換えでもシートポジション共々違和感はなさそうです。

なお、ぼくが感心したのはその「乗り心地の良さ」で、うねるような路面、段差、小さい凸凹が続く道でもサルーンのように快適。
これはおそらく上述の「インテリジェント・ライドコントロール」の働きによるものと思われますが、安定性向上、乗り心地の向上には大きく役立っていそうですね。

ダブルレーンチェンジ、ちょっと強くブレーキを踏み込んだ時の安定性にも優れており、正直なところトヨタ・ハリアーやレクサスNXよりもこれは「上」と感じる部分。

確かに昔から日産は足回りがよくできており、「フラットライド」に関しては国産メーカーの中でもトップレベルだと認識しています。
実際に日産車が走っているのを見ていると、段差を超えてもボディは動かず、しかしタイヤがよく上下している様子を見ることができますね。

特にブレーキのタッチは秀逸であり、効き始めはゆっくりで、強く踏み込むとジワジワ効いてくるタイプ。
ブレーキの踏みしろはかなり深く、これは悪路や低ミュー路での走行を考えたセッティングなのかもしれません。

総合的に見ると思っていたよりもずっと高いレベルの技術が使用されている車であり、それが実際の燃費や乗り心地、操縦安定性に大きく貢献している模様。

ここ数年というかもうちょっと前から日本の自動車メーカーは「グローバル」ということを意識しており、「世界で販売すること」を前提に車を設計しています。
最近の車だとトヨタC-HR、スバル・インプレッサ/XVもそうですが、もちろんこのエクストレイルもそれは同じ。

これがどういったことかというと、「国内専用」もしくは「日本での販売メイン」の車種より多くの台数を販売できることになるわけで、そのぶんコストをその台数で「按分」した場合、割安に価格を設定できる、ということに。
つまり「より低い原価で、より良いものができる」ということにもなりますね。

そしてグローバルモデルということは、「世界中のライバルと戦う必要が」出てきます。
日本だとトヨタ、ホンダ、日産やスバルなど日本勢とアウディ、BMWなど欧州勢は価格的に競合しませんが(輸入車は割高になる)、欧州や米国ではこれらのメーカー同士が「価格的面でも」現地で競合することになる場合があり、つまり日本の自動車メーカーは「欧州自動車メーカーとの競合」という矢面に立たされることになるので、それらに勝る性能や機能を持つ必要があるわけですね。

よって、こういったグローバルモデルは「BMWやアウディに匹敵する(メルセデス・ベンツはちょっと別格だと思う)性能を持っている」場合があり、ぼくが試乗した限りだとスバル・インプレッサ/XV、ホンダ・ヴェゼル、日産エクストレイス、トヨタC-HRは確実に「欧州車と比肩しうる、もしくは勝る」性能を持っている、と考えています。

ホンダ・ヴェゼルを例にとると、あの価格で「電気式パーキングブレーキ」や「デュアルクラッチ」を持っており、これは欧米での競争力を考慮した設定だと言え、日本では「そこまでしなくてもいい」つまり「過剰」とも考えられる部分(手動式パーキングブレーキでもトルコン式ATでも良い)。
ですが世界中で販売を有利にすることを考えて「電気式パーキングブレーキ」や「デュアルクラッチ」が与えられており、日本においてもその恩恵をこうむっている、とも考えられます。
要は日本専用モデルであったらこういった装備は与えられなかったものの、グローバルモデルとしての使命を負っているために上級装備が奢られている、ということになりますね。
※現在、ホンダやマツダ、日産において日本市場はグローバル販売の1/3以下しかない

もちろんエクストレイルもそれは同じで、「欧州だとアウディやBMWと戦えるだけの装備を持ちながらも」日本国内においてはライバルよりもずっと安い価格で売られている、と考えて良さそう。

その点において「日本の自動車メーカーの作るグローバルモデル」は非常にお得だと考えており、最近こういったモデルを試乗するにあたり、「輸入車を日本で購入する意義は最近どんどん薄れているんじゃないか」とも考えたりします(ただしスポーツカーは別)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->日産/インフィニティ(Infinity), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.