>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティ・シロンの最高速は「タイヤ」に依存。まだまだ速度を出せるものの「耐えられるタイヤがない」

投稿日:2017/06/29 更新日:

| ブガッティ・シロンの最高速はタイヤに依存する |

ブガッティのテストドライバー、アンディ・ウォラスさんがメディアに語ったところによると、ブガッティ・シロンには公称最高速である時速420キロを容易に超えるポテンシャルがある、とのこと。
さらには時速482キロすら出せる可能性がある、とも語っています。

ただし現在の頃問題なのは「タイヤ」で、現在のレベルのタイヤでは遠心力に耐えることができず、時速480キロを突破するにはタイヤの進化を待つ必要があるようですね(”世界最速のインディアン”でも最高速チャレンジ時にタイヤが遠心力で膨らむ問題を指摘)。

なおシロンのバルブキャップは一個あたり2.5グラムしか重量がないそうですが、シロンが時速420キロを出した時、計算上は(2.5gのバルブが)7.2キロにも匹敵する重さになる、とのこと。

現在のところ時速480キロに耐えうるタイヤはなく、しかしミシュランが「時速450キロまで」対応できるタイヤを製造するとしており、その時はシロンの最高速も「450キロ」に引き上げられるかもしれません。
エンジンパワーさえ出ており、かつそれを路面に伝えることができればいくらでもスピードは出せると思いがちですが、意外なところが盲点で「最高速が制限されている」ようですね。
ヘネシー・ヴェノムGTも新型にて世界最高速の更新を狙っているようですが、やはり同じように「タイヤ」の問題に行き当たるのかもしれません。

なお、ヴェイロンを発売するに際し、ブガッティは「時速400キロを超えることがいかに難しいか」を語っており、それはエンジンパワーの問題ではなく、回転系の精度や(上述のバルブではないですが、ちょっとした重量がこの速度域では大きな問題に)超高回転によって飛び散るグリスなど、「想定外」のことについて触れていたことが思い出されます。

もちろんヴェイロンやシロンのタイヤは「専用品」ですが、ヴェイロンのタイヤは4輪で「400万円」と言われていますね。

あわせて読みたい、ブガッティ関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.