>フェラーリ(Ferrari) ■近況について

フェラーリ488ピスタを見てきた!シャープでダイナミック、なにもかもが新次元

投稿日:2018/07/14 更新日:

| その姿はあまりに強烈だった |

さて、フェラーリ488ピスタを見にコーンズ大阪ショールームへ。
488ピスタは「488GTBのハードコアモデル」となりますが、まず入手が不可能というレベルのクルマ。
特に台数限定を謳っているわけではなく、しかし「売る相手はフェラーリが選ぶ」とされており、つまりラ・フェラーリと同じくらいの入手難易度を持つということですね。

フェラーリ488ピスタは多くの部分で488GTBとは異なる

なお、フェラーリ488ピスタは488GTBと同じく「488」というモデル名を有するものの、488GTBとは異なる部分が多い車。
「ピスタ=PISTA」はイタリア語で”サーキット”を意味し、つまりこのクルマの想定用途は「サーキット走行」。
そのために新設計のインテーク/インタークーラー、チタン製コンロッド、軽量クランクシャフト、軽量フライホイールを装備し、回転系の慣性重量は「17%」も削減された、とも。

ferrari488pista12

フェラーリ488ピスタの車体重量は488GTBに比べ90kg軽量化されて1280kgに、そして出力は720馬力へ。
これら軽量化とパワーアップによって0-100キロ加速はなんと2.85秒、0-200キロ加速は7.6秒、最高速度は時速340キロという驚愕のパフォーマンスを誇りますが、おそらく一番変わっているのは「フィーリング」なのかもしれません。

ferrari488pista8

フェラーリ488ピスタの実車は相当なインパクトがあり、488GTBとは全く異なる印象があります。
全体的に抑揚が強く、シャープで、かつコントラストも強い感じですね。

ferrari488pista5

フロントだとやはり「Sダクト」が目をひくところ。
もちろん機能を追求した結果だと思われますが、フェラーリにしては「かなり装飾的」だという印象を受けます。

ferrari488pista6

ラジエターの配置は488GTBに比べて角度が「反転」しており、これによって冷却効率10%効率アップ、ドラッグは7%低減した、とのこと。

グリルに貼られたネットも立体的な形状で、牽引フックを取り付ける部分が盛り上がっているのがわかります。
そして相変わらず「ネットの内側はどう掃除すべきか」と悩んでしまうつくりとなっていますね。

ferrari488pista16

フロントから入ったエアは横から排出。
フェラーリは空気の流れが視覚的にわかるつくりとなっているのが面白く、見ているだけで「ここがこうなって、こうなる」という効果がわかるような気がします。

ferrari488pista3

フロントのウイングのようなパーツがフロートしているのがわかると思いますが、とにかく複雑な構成を持っていて、やはりF1由来のエアロダイナミクスを持つ、と言われるだけのことはありそう。

ferrari488pista13

サイドアンダーはかなり「えぐられて」いて、リアフェンダー直前で大きく解放。
これによってブリスターフェンダーのように見える、というデザインを持っています。

ferrari488pista

モビルスーツか何か?というほどの機能美を持っていますが、こういったデザインは今までのフェラーリには見られず、その意味でも488ピスタはかなり特殊なのかもしれません。

ferrari488pista17



ferrari488pista18

そしてさらにこれまでのフェラーリと一線を画すのがテールエンドのデザイン。
フロント同様、「フロート」したデザインです。

ferrari488pista15

すごいなこの形!

ferrari488pista14

リアバンパーのサイドから放熱する仕組み。
さすがにこれだけ馬力が出ていると発熱もハンパではなさそう。

ferrari488pista11

ちょっと面白いのがリアの跳ね馬(プランシングホース)。
画像ではなかなかわかりにくいと思いますが、リアウイングとリアガーニッシュとの隙間にひょっこり顔を出しているデザイン。
空気が流れるところを馬の頭が邪魔してしまっているのですが、空気抵抗になりそうですね。

ferrari488pista10

リアアンダーにはウイング。

ferrari488pista9

リアディフューザーはかなり低い位置までフィンがあり、どんなに低いタイヤ留めでも確実にヒットしそう。

正直言うとあまりに格好良すぎるクルマであり、ライバルのマクラーレンもデザインを再考したり、これから出てくるであろうアストンマーティンのミドシップスポーツカーも「もう一度」スタイリングを考え直す必要があるのかもしれない、と思えるほど。

コーンズ大阪ショールーム
住所:〒541-0059 大阪市中央区博労町4-2-15
TEL:06-6226-8963

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f