>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >三菱(MITSUBISHI)

2019年にアメリカの「25年ルール」で輸出可能となるのはこの車!セリカGT-Four、GT-R V-Spec Ⅱなど7選

投稿日:2018/12/11 更新日:

| すでに高値になってしまったクルマがさらに高値となる可能性も |

アメリカには「25年ルール」というものがあり、これは「アメリカで新車販売されなかったクルマは、その後25年間アメリカに輸入はできない」というもの。
裏を返すと「25年たてば輸入してもいい」ということになり、2019年に「アメリカへと輸入可能になるクルマの一部」が公開されることに。

そして「25年ルール」が適用されると、対象車種が一気にアメリカへとなだれ込むことになるので、世界中の在庫が「(需要の高まりによって)高騰」する傾向がありますが、ここでどういったクルマがそれに該当するのか、を見てみましょう。

2018年、「25年ルール」でアメリカに輸出可能な車はコイツらだ。「80スープラ」「ランエボⅡ」「S14シルビア」etc.

25年ルールが適用されるクルマにはこんなものがある

25年を逆算すると、「1994年に製造が開始されたクルマ」。
そしてこのクルマはアメリカには入っていなかったのか、という驚きもあります。

トヨタ・セリカGT-Four

まずはトヨタ・セリカGT-Four。
このST205世代のセリカGT-Fourはアメリカには入らなかったとのことですが、このGT-Fourはモータースポーツ直結ということでアメリカ人に好まれそうなクルマ。※GT-Fourではないセリカ、たとえばST200/202/203/204はアメリカへ正規輸入されている

2リッターターボエンジンは252馬力を発生し、駆動方式は4WD、そしてトランスミッションは5速MT。
ワイドボディに専用エアロ、巨大リアウイングが大迫力なモデル。

2016082015

アウディRS2

アウディとポルシェとのコラボによって作られたクルマで、ブレーキやホイールは「ポルシェ製」。
315馬力を発生し、0-100キロ加速5.4秒というクルマです。
アウディ初の「RS」モデルでもあり、最近アウディとABTとのコラボによって発表された「RS6アバント・ノガロ・エディション」はRS2へのオマージュだとされています。

アウディがRS2へのオマージュ「RS6アバント・ノガロ・エディション」発表。なんとABTとのコラボで705馬力

BMW M3セダン

これはちょっとびっくりで、アメリカには1997年までM3セダンが入っていなかった、とのこと。
つまりクーペのみの販売であったということになりますが、当時アメリカ向けのM3に搭載されるエンジンはドイツや日本のM3に積まれるものとは異なり、「S型」ではなく、やや特殊であったと記憶しています。

BMW E36 M3はお得?いやメンテナンス費用を考えるとE46のほうがいいかも、という動画

ランボルギーニ・ディアブロSE30

ランボルギーニ・ディアブロ自体はアメリカに正規輸入されていたものの、限定150台となるランボルギーニ30周年記念モデルの「SE30」は正規で入っておらず、従ってこれまで「アメリカには輸入不可能」。
同一モデルであっても、アメリカに正規輸入されるものと形式が異なれば「25年ルール」対象となるようですね。

なお、ディアブロSE30はすでに価格がかなり上がっていますが、今後もまだまだ上昇することになりそうですね。

超希少。製造番号1番のランボルギーニ・ディアブロSE30(限定150台、30周年記念車)が競売に

三菱FTO

アメリカでは「エクリプス」がよく売れていたため、それと競合するであろう(FTOのほうが安いので、エクリプスのシェアをFTOが食うと利益が減る)FTOは当時アメリカに輸入されず。

ときどき欲しくなる中古車。いま見ても美しいスタイリングのミツビシFTO

日産シルビアNISMO 270R

S14世代のシルビアをベースにしたコンプリートカーで、50台のみが作られたハイパフォーマンスモデル。
266馬力に出力が高められたエンジンやLSD、アグレッシブなエアロが特徴です。

s14

日産スカイラインGT-R V-Spec Ⅱ

通常のGT-Rに比較してブレンボ製のブレーキディスクやBBSホイールで武装したV-SpecⅡ。
「Ⅱ」では、初代V-Specに比較して太めのタイヤが装着されています。
サスペンション、そして4WDシステムのアテーサの設定も変更されているようですね。

vspec

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5