>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMW X7はフラッグシップなのにプラスチック然とした内装が我慢できん!チューナーが独自の「フルレザー仕様」を公開

投稿日:2020/02/14 更新日:

| BMW X7のオーナー、そしてヴィルナーは純正のBMW X7に満足できなかったようだ |

ブルガリアの内装チューナー、「ヴィルナー(Vilner)」。
クラシックカーから現代のクルマまで幅広いカスタムを行うことで知られますが、今回はBMWのSUVにおけるフラッグシップ、X7の内装をフルカスタム。
BMW X7は「ラグジュアリー」を掲げて登場したSUVではあるものの、購入したオーナーからすると「プラスチックのパーツが多い・・・」とのことで、今回ヴィルナーは内装の張替えとともにレザー/アルカンタラ張りの面積を拡大し、下石成の「エクステンデッド・レザー・パッケージ」を制作しています。

BMWは内装が得意なメーカーとは言い難い

なお、BMW車を3台乗り継いだ経験、そして最近のBMW各モデルを見てきた経験から言うと、「BMWは内装における特徴を出し切れていないブランド」。
1990年代辺りまでは「全部オレンジ」のイルミネーションが大きな差別化要因となっていて、ぼくもそれに惹かれていたわけですが、その後メルセデス・ベンツは「クラシカルで優雅」路線に、アウディは「テクノロジー路線」に。

そういった中でBMWはなかなか独自の方向性を見いだせず、かつドイツ特有の「質実剛健」をヨシとしていたためにデザインを重視したインテリア作りもできず、正直なところ「ジャーマンスリーのなかでは、かなり遅れを取っている」と認識しています。※下の画像はノーマルのX7

cq5dam.resized.img.1185.large.time1539693191914

たとえばデジタルメーターの導入も最後発で、グラフィックにおいてもメルセデス・ベンツ、アウディに比較すると地味であり、かつ変更のバリエーションが少なく、上述のように全体的に樹脂パーツが多かったり、スイッチ類に高級感が感じられず、かつスイッチ類の表面が「ガサガサ」なので最近のクルマのデザインにそぐわない、といったところも(これはGRスープラでも同様。BMW製パーツを使用しているため、トヨタのコンパクトカーに比較しても品質が低いと感じられる部分がある)。※こちらはメルセデス・ベンツSクラスクーペ

18C0209_03

聞くところによると、ドイツでは再生プラスチックの使用率を一定以上とする必要があり、そのためにこういった「見た感じの質感が低い樹脂」を採用せざるをえないという状況になっているそうですが、それはメルセデス・ベンツやアウデイも同じ条件(ちなみに再生樹脂は割れやすく、内装カスタムを行う際に取外そうと思うと、固くて外れにくかったり、簡単に割れることがある。ここは国産車と大きく違う)。
さらにBMWでは(多くのモデルでオプションとなる)プレミアムオーディオのスピーカーグリルの質感もイマイチ。

そして「クラシカルにも」「テクノロジー路線にも」振り切れない中途半端さもあり、こういったこともあって「メルセデス・ベンツになかなか勝てない」のがBMWだと認識しています。

ただ、8シリーズ、X7あたりからはこれまでとは異なるデザインや仕上げも見られ、これからが楽しみであることも間違いないのがBMWでもありますね。

ヴィルナーによってカスタムされたBMW X7はこうなっている

そしてここからがヴィルナーによるカスタムのBMW X7。
ヴィルナーの主張通り、とにかくレザーで固めたという印象です。

bmw-x7-by-vilner (1)

センターコンソールはアルカンタラに。
ただしカップホルダー内側、スイッチ類などは画像でも判断できるほど「プラスチッキー」。

bmw-x7-by-vilner (2)

ヘッドレストには「枕」。
アルカンターラ製、そしてX7のロゴ入りです。

bmw-x7-by-vilner (3)

センターコンソールにはステッチ、そしてX7の型押し。
この型押しについては、金属製の「型」を作成し、それを使用してレザー/アルカンタラに圧力をかけて加工することになると思われますが、この「型」制作費用は安くなく、よってこのカスタムはそうとうにお金がかかっている、ということに。
ただ、このX7ロゴは随所に見られ、できるだけコストを平準化しているようですね。

bmw-x7-by-vilner (4)

シートもすべて張り替えられ、内装全般に渡る共通意匠によるステッチ仕上げ。
シートベルトは「ブルー」です。

bmw-x7-by-vilner (5)

ルーフはアルカンタラ、そしてレザー。

bmw-x7-by-vilner (6)

ヴィルナーのカスタムはオーナーの満足度が違う

そしてここからが「ヴィルナーならでは」のカスタムですが、ヴィルナーではこういった「付属品」の製作も可能。
これまでにもバッグのほかスーツケースやグローブなどを同時に提供していて、今回のバッグについては内装と同じ素材を使用し、ストラップにはシートベルトと同じカラー/素材を使用しています。

bmw-x7-by-vilner (7)

このような心遣い(もちろん有償)はオーナーの満足度をぐっと向上させる部分であり、クルマにも愛着が増すところでもありますね。

bmw-x7-by-vilner (8)

VIA:Vilner

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5