>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリが新型車「ポルトフィーノM」のコンフィギュレーター公開!ボクはこんな仕様を選んでみた

投稿日:

| あまりに市場のポルトフィーノMに対する反応が静かすぎる |

さて、先日突如として発表されたフェラーリのニューモデル、ポルトフィーノM。

エンジン出力アップ、8速DCT採用、5ポジションのドライブモード(マネッティーノ)装備が主な特徴として挙げられています。

なお、ポルトフィーノMの「M」はイタリア語のModificato(改良、モディファイ)を示し、全域に渡って改良が実施されているのは言うまでもなさそう。

そして今回、早速ポルトフィーノMのカーコンフィギュレーターが公開されており、その内容を見てみたいと思います。

ポルトフィーノで選べるボディカラーは28色

まずはポルトフィーノMのボディカラーについて、コンフィギュレーター上で選べるのは28色。

先代ポルトフィーノでは27色だったので、1色だけ増えたということになりそうですね。

もちろん、この28色に不足があれば、フェラーリのパーソナリゼーションプログラム「テーラーメイド」にて自由にカラーを調合してもらうことも可能です。

なお、フェラーリというとレッドやイエロー、ホワイトといった鮮やかなボディカラーが印象的ではあるものの、実際にはシルバー、メタリックグレー、ゴールド、メタリックブルー系を多数そろえており、意外やシックなカラーが多いということもわかります。※ランボルギーニやマクラーレンのような、明るいブルーやグリーンが用意されていない

15

ルーフはブラックも選択可能

そしてルーフはボディカラー同色、もしくはブラックから選択可能。

ボディカラー同色だとこんな感じです。

14

こちらはブラックルーフ。

13

ホイールは3種(シルバーやマットといったフィニッシュが用意され、合計7パターン)。

11

ブレーキキャリパーはシルバー、ブラック、ダークブルー、レッド、イエロー。

こちらについてもランボルギーニやマクラーレンのように「オレンジ」「グリーン」がなく、これはフェラーリの常でもあります。

23

フロントだと、スプリッターをカーボン化したり、フロントグリル内に設けられたルーバーのフィニッシュを変更することが可能。

8

テールパイプはクローム、ブラック、マットシルバーの3パターン。

これは最近のフェラーリの例に漏れない仕様です。

6

インテリアの仕様は多種多様

そしてインテリアに目を移すと、シート形状の選択肢は3種類、そしてベースカラーは16色から選択可能。

こちらについてもボディ外板色同様、ビビッドなカラーが用意されてないことがわかり、やはりフェラーリは「エレガントさ」を重視しているのだということも改めて理解できるところ。

4

そのほかインテリアオプションだと各部のカーボン化、メーターカラーの変更も可能。

3

カーペットのカラーは9色から選ぶことができ、このあたりの選択肢の豊富さはフェラーリならでは。

そのほかは助手席ディスプレイ、アルミ製ペダル+フットレストがオプションとして名を連ねます。

インテリアについては、リアバルクヘッドやルーフライナー、ステアリングホイールといった部位別のカラー選択、かつステッチやシートベルトといった細かい部分の選択もできるはずですが、オンライン上のコンフィギュレーターでは省略されており、そのあたりの仕様を決めるには、フェラーリ正規ディーラーに設置されているディーラー専用コンフィギュレーターを使用することになりそうですね。

20

ポルトフィーノMではこんな仕様を選んでみた

そして今回ぼくが選んだのがこの仕様。

これまでぼくが好んできた仕様とは大きく変わっていますが、ボディカラーはAVORIO、内外装にはカーボンパーツ。

ホイールはマット仕上げのグレー、ブレーキキャリパーはイエローです。

2

インテリアは外装と同系色のSABBIA、メーターのカラーはイエロー、カーペットはブラウン。

かなりシックな仕様ではありますが、一度はこういった渋いカラーを持つスーパーカーに乗ってみたいものです。

1

参照:Ferrari

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5