>プジョー(PEUGEOT) ■ニュース

プジョー・シトロエンCEO「これからの10年、すべての自動車メーカーが生き残れると考えないほうがいい」。急激な電動化に対応できなければ淘汰される時代に

投稿日:2020/11/21 更新日:

ロイター開催によるオンラインカンファレンス、「ロイター オートモーティブ サミット」にて、プジョー・シトロエングループ(PSA)CEO、カルロス・タバレス氏は「この10年、現存する自動車メーカーすべてが生き残ることは難しいだろう」とコメントし業界を揺るがすことに。

なお、同氏は2020年の「ワールド・カー・パーソン・オブ・ジ・イヤー」にも選出されており、業界の中でも一目置かれ、かつ影響力のある人物です。

今後の自動車業界では適者のみが生き残る

そして同氏は「ダーウィンのいう”環境に適応したもののみが生き残れる、適者生存の時代に突入した」とも語っていますが、まさに言い得て妙かもしれません。

ぼくは自動車業界の衰退はガソリンの枯渇とともに訪れると考えていたものの、現実的にはCO2排出規制という法規によって滅ぶこととなり、自動車メーカーは、まさに時代に翻弄されることになりそうです。

PSAは新会社「ステランティス」に

もちろんPSAとしてもその「適者」になるべくエレクトリック化への投資を加速させており、すでにガソリンエンジンへの投資を終了したとも語っていて、いち早く新しい環境への適応を目指しているようですね。

なお、PSAはFCA(フィアット・クライスラー)との合併によって「ステランティス」という新会社へ移行することになりますが、これは自動車業界では4番目の規模。

ただし自動車業界最大の市場である中国では「出遅れた感」があり、当面はこれを取り戻すことに注力することになりそうです。

PSAとFCAとが合併合意!業界8位のフィアットクライスラー、9位のプジョー・シトロエン合体で一気に4位へ。なおプジョーのバイク部門はインドへ売却

| これでけっこう業界の勢力図が大きく変わることになりそうだ | 合併交渉が行われていたFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)とPSA(プジョー・シトロエン)とが合併に合意した、との報道。 ...

続きを見る

今後「生き残れない」自動車メーカーは?

現時点で生き残りが難しいと思われる自動車メーカーは顕在化していないものの、中国では「国営自動車メーカーが債務不履行に陥る」など想定外の自体が発生しており、ひとまずは中国にて淘汰が行われることになるのかもしれません。

中国にてBMWの合弁相手が債務不履行に!BMWの計画に変更が出るのは必至、今後は中国自動車メーカーの大型倒産も?

この記事のもくじ1 | 中国でのBMWのパートナーが債務不履行 |1.1 BMWは計画を見直さねばならない?1.2 自社ブランドはサッパリ利益が出ていなかった1.3 中国のビジネススタイルはちょっと特 ...

続きを見る

日本においてはトヨタを中心としてスバルやスズキを巻き込んだ「同盟」が結成されつつあり、しかしホンダは現在「孤立無援」状態なので(北米市場ではGM時と提携)、ホンダがどこかと手を組む可能性はありそうです(しかしもう残された椅子が少ない)。

トヨタがEV普及に向けて本気を出した。スバルと共同開発EVのほか、合計6車種の発売計画、壮大なビジネスモデルを公開

| トヨタはどうやら水面下で動き、協力企業を集めていたようだ | 先日トヨタが発表した「EV重視戦略」。まずはスバルと共同にてEV専用プラットフォームを開発し、両者共通のSUVを発売する、と発表されて ...

続きを見る

なお、EV時代にシフトすることで自動車メーカーが淘汰されるのは「EVにうまくシフトできない」ことが理由となりますが、EVにうまくシフトできない理由としては「技術的な問題」と「技術開発にかかるコスト」。

トヨタとスズキとが資本提携発表!日産はルノーがあるが、ホンダはこれで「ひとりぼっち」に・・・

| 世界ナンバーワンクラスのトヨタですら、「提携しないとやっていけいない」という危機感。ホンダは大丈夫か | トヨタ自動車が、スズキとの資本提携を発表。具体的には、トヨタがスズキに約5%を出資するとい ...

続きを見る

CASE対応には多大なコストが要求され、生産台数が多くないメーカーに対してはこの研究開発費用が重い負担としてのしかかり、しかし技術開発を怠ると一気に置いてゆかれる、ということに。

よって各自動車メーカーは「提携」によってコストを平準化する必要が出てくるということになり、これが近年自動車業界が「再編」されている理由でもあります。

なお、エレクトリック化に関わるもう一つの問題としては、PSAのように、すでにエンジンの開発を打ち切ったメーカーもいくつか存在する、ということ。

これは同時に「エンジンに関係するパーツの開発も終了」ということになりますが、同時に自動車メーカーにとっては「いらなくなった人」が大量に出てくることをも意味し、失業率の増加にもつながってくるのかもしれません。

アウディ「エレクトリック化に伴い、15%の人員を削減する」。エンジンに関連する人々は研究開発、製造とも職を失い、自動車メーカーは構造改革の時代に

この記事のもくじ1 | ここまで大きな構造変化を迎えるのはいまだかつて無いことだ |1.1 今後、自動車産業では何が起きるのか1.2 ただし自動車メーカーによって構造改革の速度は異なる | ここまで大 ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

【最新版】ランボルギーニ、ポルシェ・・・。あのブランドはどのグループに所属?自動車ブランドとグループ一覧

この記事のもくじ1 | 「独立」を貫いている自動車メーカーも結構多い |1.1 フォルクスワーゲングループ1.2 トヨタ自動車1.3 ルノー・日産・三菱自動車連合1.4 GM(ゼネラルモーターズ)1. ...

続きを見る

【今日のニュース】プジョー・シトロエンとFCAとの合併後新会社は「ステランティス」、メルセデス・ベンツGクラスが改良、ベントレーがLGBT支持、BMW i7試作車が目撃

この記事のもくじ1 | テスラは自動運転中、停車していた警察車両に追突 |1.1 テスラが道路脇に停車していたクルマに「自動運転中」追突する1.2 メルセデス・ベンツはGクラスをアップデート1.3 ベ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5