>テスラ(TESLA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

テスラが中国専売、「260万円の」ニューモデルを投入?成長著しい中国市場にて一気にシェアを獲得し40万台/年の販売を目論むとの報道

投稿日:2021/01/11 更新日:

テスラの充電器(スーパーチャージャー)

| テスラはあらゆる方面でライバルからの攻撃に備える |

さて、何かと話題のテスラですが、2022年の早い段階にて「もっとも安価なニューモデル」を投入するとの報道。

これによると、中国にて稼働を開始させたギガファクトリーにて製造を行う「モデル3とモデルYに続く”第三の”モデル」として投入されることになり、その価格は160,000元〜200,000元(日本円で約260万円〜320万円)に抑えられると報じられています。

これが実現すれば、フォルクスワーゲンID.3や、BMW iX3等多くの欧州製EVの価格を下回ることになり、さらにその強みを発揮することになりそう。

テスラはすでに自社によるバッテリー製造も発表しており、なんだかんだ言われながらも、けっこう長い目で「EVの市場動向を」予測し動いてるようですね。

プラットフォームはモデル3から

このニューモデルについては、モデル3のプラットフォームを使用した中国専売モデルになると思われ、実際にテスラは2020年1月に「中国にデザインや設計拠点を設ける改革」について触れており、これを実行するということなのかも。

なお、下の画像はその際にテスラが公開した公式スケッチですが、もしかすると「中国人による、中国人のための」テスラとなるの可能性もありそうです。

oo

テスラは中国に拠点を移す?「中国にデザインセンターを設置するためデザイナー募集」、中国で設計・製造し世界中に販売する計画も

| たしかに米国での「ドタバタ」に比較して中国生産開始までのスムーズさは驚きだった | テスラが中国にデザインセンターを開設し、より中国に特化したクルマを作る可能性が浮上。これはロイターが報じたもので ...

続きを見る

テスラは中国市場を重要視

なお、テスラはモデル3を中国市場にて大きく値下げしており、この動きは中国市場における「競争激化」を受けたものだとも言えそう。

つまりテスラとしても競争とは無縁ではないということですが、そこでテスラが考えたのが「中国専売テスラ」なのかもしれませんね。

テスラは中国にてモデル3の価格を20%引き下げ予定。「中国では、まず価格でクルマを選ぶ」。テスラとて価格競争からは逃れられない?

| 他の地域・国とは異なり、中国では「中華EV」と戦う必要がある | The Los Angeles Times報じるところよると、テスラは来年から中国国内にて「モデル3の価格を20%引き下げる」可能 ...

続きを見る

なお、テスラは2020年におおよそ全世界で50万台を販売しており、しかし数年内には「中国市場だけで」40万台を売ろうという計画を持っているとも報じられ、中国専売テスラはこのための手段としても有効に機能しそう。

そして中国人は「外国人や、外国企業が中国のために」なにかしてくれることを非常に好み、(中国でのデザインセンター開設について)イーロン・マスクCEOはそのあたりの”国民性”を考慮している可能性もありそうです。

テスラは世界中で「ローカル化」を行う?

そしてテスラはインド市場にも進出すると言われ、状況を見ながらインドにも工場(ギガファクトリー)を設立すると言われています。

そしてインドもまた「特殊な」嗜好を持っていることで知られ、インド市場にて優位性を高めるためには「インド専売」テスラを開発し、インド市場への対応を行うのかも知れませんね。

テスラ・モデル3
いいぞテスラ!世界人口2番目の市場、インドへ進出との報道。ただしインドとテスラはマッチするのか?

| おそらくインドの人にとってイーロン・マスクは”ヒーロー”に見えるはずだ | さて、テスラがインド市場に参入、との報道。これはロイターが報じたもので、「インドの運輸大臣、ニティン・ガッカーリ氏がイン ...

続きを見る

参照: Teslarati

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->テスラ(TESLA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5