>マクラーレン(McLaren)

生産わずか64台、北米に正規輸入されたマクラーレンF1はわずか7台。その1/7の個体が中古市場に登場し、価格はASKなるも20億円は下らない?

投稿日:

生産わずか64台、北米に正規輸入されたマクラーレンF1はわずか7台

| 北米仕様のためか、マクラーレンF1のフロントにはバンパー代わりの「ラバー」が装着 |

さて、わずか64台のみしか生産されなかったマクラーレンF1。

そのうちアメリカに輸入されたのはわずか7台と言われますが、今回その7台のうち1台が中古市場へと登場しています。

このマクラーレンF1について、詳細そして価格は「ASK」となっており、公開されている(限られた)情報によると「これまでわずか2オーナー」。

マクラーレンF1は近代において「もっとも高価で取引されるクルマ」の一台であり、現在相場はおおよそ20億円前後にて推移しているため、この個体も20億を大きく下回ることはないものと考えられます。

McLaren-F1 (6)

マクラーレンF1はこんなクルマ

マクラーレンF1の製造自体は1993年から1998にかけて行われ、ロードカーが64台、プロトタイプ(XP)が5台、二台のみ生産された「HDF」、ほかにも競技用の「GTR(生産台数28台と言われる)」、F1-LM(5台)、GT(3台)等が存在する、と言われます。

レーシングカーデザイナー、ゴードン・マレー氏が「やりたいことを思いっきりやった」車であり、コストは度外視されて設計・製造されたこともで有名ですね。

たとえば、放熱製が良いという理由だけでエンジンフード裏面には(非常に高価な)金箔を貼り、軽いという理由で車載工具はチタン製という”こだわり”が発揮されています。

すでに「伝説」となってしまったクルマではありますが、このマクラーレンF1の存在があったからこそ現在のマクラーレン市販車部門(マクラーレン・オートモーティブ)はその資産やイメージを引き継いで成功を収めることができたと考えられ、自動車メーカーとくにスーパーカーメーカーにとっては「いかにアイコニックなクルマの有無が重要であるか」も理解ができます。

McLaren-F1 (3)

マクラーレンF1は全長4,287ミリ、全幅1,820ミリ、前高1,140ミリとかなりコンパクトな車体を持ち、重量は1140キロと非常に軽量(カーボンモノコックシャシー採用)。

McLaren-F1 (8)

エンジンそのものはBMWのモータースポーツ部門が製造したもので、M8に搭載される予定だったユニット(しかしM8は市販されず、このエンジンは結局マクラーレンF1専用ということに。6リッターV12、出力は636馬力)。

McLaren-F1 (4)

ゴードン・マレーはマクラーレンF1の設計にあたりNSXをベンチマークとしていたため、ホンダエンジンを搭載したかったようですが、ホンダがエンジンの供給に同意せず、「やむなく」BMWを頼った、とされています。

McLaren-F1 (5)

マクラーレンF1は維持するだけで年間数百万円

なお、マクラーレンF1は非常に高い維持費がかかるクルマとしても知られ、マクラーレンの定めるメンテナンスプログラムを実施すると、平均して年間600万円ほどが必要に。

マクラーレンF1の元オーナーが語る驚愕の維持費。「燃料関係の修理は5年に一回/1200万」「タイヤ570万」「乗らなくても年/600万」

買うより維持が大変そう マクラーレンF1を維持するにはこれくらい費用がかかる、という動画が公開に。 かつてマクラーレンF1を所有(中古にて1億5000万円くらいで購入)していた元オーナー、ブルース・ウ ...

続きを見る

タイヤ交換だと、交換した後にサーキットを借り、マクラーレンの指定ドライバーによる走行を行ってアライメントを取る必要があるとされ、その費用はおよそ570万円くらいかかる、とオーナーがこぼしたことも。

マクラーレンが「F1専用」整備工場をオープン。整備ごとに「本社送り」の必要がなくなり維持費が大幅ダウン

| 今まで修理は”本国送り”だった | マクラーレンが「F1」専用のサービスセンターをオープン。 マクラーレンF1は1993年の発売なのでもう25年も前の車ということになり、当然レストアも考えねばなら ...

続きを見る

トランスミッションは6速マニュアル。

ブレーキペダルからはシリンダーを押すためのリンケージが見え、アクセルペダルの横からはスロットルワイヤーが見えるという直接的な構造を持つことがわかりますね。

McLaren-F1 (7)

重心の最適化を考えて「センターシート」を持つことは有名ですが、トランクはホイールベース内、後輪前にあることも特徴です(前後オーバーハングに荷物を載せたくなかった)。

McLaren-F1 (1)

許容回転数は意外と低く、7500回転から「イエロー」へ突入する模様。

McLaren-F1 (9)

なお、マクラーレンF1はもともと世界中の法規にマッチするように作られたわけではなく、北米仕様にコンバートすると、これだけの部品を入れ替える必要があるとのこと(画像は「取り外した」パーツ)。

凄いの出た。「ワンオーナー」でアメリカ登録第一号のマクラーレンF1が競売に登場予定

| 史上最高額で落札されるのは間違いなさそう | アメリカに最初に輸入されたマクラーレンF1がオークションに登場。なんとその際のオーナさんは22年間の車両を保管し続け、今回オークションに出品されること ...

続きを見る

このマクラーレンF1を紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、マクラーレンF1関連投稿

2台しか製造されなかったマクラーレンF1"LM”販売中。その価格はいかほど??

| マクラーレンF1では史上最高額? | 世界中のレアカーをオークションに出品することで知られるRMサザビーズですが、新しく立ち上げた「プライベートセールス」部門よりマクラーレンF1 LMが販売に。 ...

続きを見る

【動画】マクラーレンF1の知られざる部分。「マニュアルには乗降方法が書いてある」「真後ろは見えない」「速度計は400km/hまで」etc.

ここまでマクラーレンF1の詳細を紹介した動画今までになかった アメリカ在住のクルマ系ユーチューバー、ダグ・デムーロ氏がマクラーレンF1のレビューを公開。 マクラーレンF1は1993-1998年の間に生 ...

続きを見る

マクラーレンF1の個人向けレストア第一弾が公開。「走る芸術品」ともいえるその内容を見てみよう

| オリジナルの仕様に加えた「カスタム」も | マクラーレンその伝説のクルマ「F1」の認定制度を発足させ、レストアも開始していますが、今回はその第二号(個人向けとしては一号車)となるレストアプロジェク ...

続きを見る

参照:ISSIMI

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f