>その他イタリア車

もし新型ランチア・デルタがWRCに参戦したら!ぜひ実現して欲しいと切に願う秀逸なレンダリングが登場

投稿日:2021/03/25 更新日:

ランチア・デルタのWRC仕様

| もはやランチア・デルタの復活もWRC参戦もなさそうだ |

さて、先日レンダリングアーティストSebastiano Ciarcia氏が発表した「新型デルタ」。

さらに同氏は今回WRC参戦をイメージしたマルティニバージョンを公開しています。

なお、同氏は「大のデルタファン」であり、なんとかデルタにもう一度栄光をもたらしたいという想いから一連のレンダリングを作成したようですね。

次世代ランチア・デルタHFインテグラーレのレンダリング
ルノー5に続け!ランチア・デルタHFインテグラーレが蘇ったらこうなる?というレンダリング

この記事のもくじ1 | なぜランチアは「ストラトス」「デルタ」を蘇らせないのか |1.1 ランチア・デルタ・インテグラーレは日本でも大人気2 新世代のランチア・デルタ・インテグラーレはこんなクルマ2. ...

続きを見る

ランチア・デルタはこんなクルマ

「ランチア・デルタ」そのものは1979年の発表で、当時人気のあったVWゴルフの対抗馬として発売されたという経緯を持っており、デザインはゴルフと同じジウジアーロではあるものの、ランチアの戦略として内装を高級に仕上げて「小さな高級車」としてゴルフとの差別化を行っています。

そして、ラリー参戦のためのホモロゲーションモデルが「HFインテグラーレ」ということになりますが、これは日本でも大変に人気のあるクルマですね。

2021-02-05 20.35.51

ランチア自体は現在も細々と存続しててて、現在のラインアップは「イプシロン」のみ。

しかしながらデルタは世界的にも強い支持を誇るクルマでもあり、ぜひ復活させてほしいところですね。

ランチア・デルタ「マルティニ」仕様はこうなっている

そしてこちらがマルティニ仕様のランチア・デルタ。

Lancia-Delta-9

先に公開された「標準仕様の」デルタに比べるとよりアグレッシブなフロンバンパーにリップスポイラー、ルーフにはエアスクープと大型ウイングが装着されています。

Lancia-Delta-12

さらには前後フェンダーも拡大されて上部にはエア抜きのルーバーが取り付けられ、サイドウインドウは「はめ殺し」のプレクシグラスへ。

Lancia-Delta-13

さらに前後フェンダー後部には「マッドフラップ」も装着済み。

Lancia-Delta-15

リアディフューザーも大型化し、エキゾーストパイプはリア中央から突き出ています。

Lancia-Delta-10

ホイールはかつての「ターボファン」を現代風にアレンジしたもの。

Lancia-Delta-7

合わせて読みたい、ランチア関連投稿

ランチア・フルビア
デ・トマソ・パンテーラの元祖?ワンオフモデル「ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネ」が1500万円で販売中。その誕生のウラにはデ・トマソの暗躍があった

この記事のもくじ1 | こんなクルマが存在していたとはまったく知らなかった |1.1 そのスタイルはデ・トマソ・パンテーラっぽい1.2 合わせて読みたい、デ・トマソ/ランチア関連投稿 | こんなクルマ ...

続きを見る

ランチア・ストラトス「2020年モデルが登場したら」。ストラトス・ゼロ発表50周年を記念した「ランチア L コンセプト オマージュ」

この記事のもくじ1 | けっこうアグレッシブなスタイルで出てきたな |1.1 ランチア L コンセプト オマージュはこんなクルマ1.2 ストラトスHFはこんなクルマ1.3 あわせて読みたい、ランチア・ ...

続きを見る

ランチア・ストラトスが2025年に蘇ったら!「ストラトス(ストラタス)2025」が公開

この記事のもくじ1 | ランチアは絶対にストラトスを復活させるべき |1.1 元祖ランチア・ストラトスはこんなクルマ1.2 ストラトス2025はこんなクルマ1.3 ほかにはこんな「ストラトス」も |  ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f