■服や小物、時計、雑貨など ■近況について

グッチの期間限定イベント「GUCCI BAMBOO HOUSE 京都」に行ってきた!場所は有形文化財「旧川崎家住宅」、けっこう面白かったな

投稿日:2021/07/25 更新日:

グッチの期間限定イベント「GUCCI BAMBOO HOUSE 京都」に行ってきた

| グッチの過去に焦点を当て、未来へとそのDNAを紡いでゆく過程を視覚的に表現 |

まさにその展示内容は「生命再生」

グッチは今年でブランド設立100周年を迎えますが、そこで京都市の有形文化財「旧川崎家住宅」にて「GUCCI バンブーハウス」が開催されることに。

なお、京都での開催となったのは、京都がグッチ創業の地であるフィレンツェと姉妹都市だからなのだそう。

このグッチ・バンブーハウスは旧川崎家内にて一部を改装したり、グッチの特徴的なエレメントである「バンブー」をテーマにした展示を行ったり、プロモーションムービーを放映したりという体験型エキシビションとなっています。

L1340226

GUCCI バンブーハウスはこんな感じ

そしてこちらがGUCCI バンブーハウスこと旧川崎家。

邸内は土足厳禁なので、いただいた靴袋(帰りに回収される)に靴を脱いで入ります。

L1340202

ちなみに裸足もアウトとのこと。

L1340206

こちらは入ってすぐ右手にある洋室。

L1340219

フィレンツェにあるグッチ ガーデン ブックストアをイメージしたという書籍がならび、壁紙そして椅子もグッチ仕様です。

L1340215

たびたびグッチのデザインに登場するファンシーな動物たち。

L1340209

こっそり置かれるグッチの新作バッグ「ダイアナ」。

バンブーのハンドルにネオンカラーのバンドが取り付けられていることが特徴です。

L1340211

こちらは茶室「竹節庵」。

L1340222

置かれている食器類はグッチ製です。

L1340221

床の間に飾られる壺もグッチ!

L1340225

そして奥に進んでゆくと・・・。

L1340230

四代田辺竹雲斎による竹製のアートワークとグッチのバンブーハンドルを使用したバッグの展示。

L1340233

解錠には歴代「バンブーバッグ」の展示も

これらバッグはグッチのヘリテージコレクション秘蔵品であり、1950年代から1970年代辺りまでのバッグが展示されます。

この展示がおそらくはメインのコンテンツとなり、グッチによると「クラフトマンシップとクリリティビティにスポットライトを当て、歴史と伝統に新たな生命を吹き込む」。

L1340235

このあたりは今でも通用しそうなデザインですね。

L1340236

ちなみにバンブーを使用した理由としては「物資が手に入りにくかった時期があった」ためで、そういった時期にあっても入手しやすいバンブー(竹)を使用したことが「バンブーバッグ」誕生のきっかけだとされています。

L1340239

いうなれば苦肉の策から誕生したということになりますが、それが現代にまで続くアイコンとなるとは当時夢にも思わなかったのかもしれません。

L1340243

このあたりはかなりレトロ。

L1340241

こちらも現代で通用しそう。

L1340250

おそらくは今回の展示でもっとも古そうなハンドバッグ。

L1340247

こちらは中庭。

L1340252

そしてこちらは最新モデルが展示される一角。

これらは自由に手に取ることができ、設置された鏡にて実際に持った様子を確認可能です。

L1340275

さすがにこのコーナーは凄まじい人気で、多くの人がバッグをチェックしたのが印象的。

この新シリーズ「ダイアナ」は、1991年に発売されたバンブーハンドルを持つトートバッグを、グッチ自身が再解釈したもの(2021年6月に発売)。

L1340260

一人の人間あるいはそのペルソナが、時代や文化を超えて及ぼしてきた影響をイメージしたと紹介されており、この蛍光カラーのストラップは、もともとのバンブートートに付属していた「型崩れ防止の保護バンド」の再解釈版です。

L1340213

そのほか、別室ではグッチのクリエイティブディレクター(デザイナー)、アレッサンドロ・ミケーレ氏が自身の哲学を語り、最新コレクション「GUCCI ARIA」の裏側を見せるコンテンツも放映されています(15分くらい)。

実際に行われたファッションショー、そしてその様子を収めたムービーは「生命再生」をイメージしている、とのこと。

L1340281

想像したよりもずっとグッチっぽいイベントであり、グッチの世界観が表現されていて、けっこう面白かったなという印象(こんな機会でないと有形文化財「旧川崎家住宅」に行くこともない)。

8月15日までの期間限定開催ですが、その方面に興味のある人にはオススメのエキシビジョンです。

その他の画像はFacebookのアルバム「GUCCI BAMBOO HOUSE KYOTO」に保存中。

グッチ バンブーハウス京都へと行ってきた際の動画はこちら

参照:GUCCI

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■近況について
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5