ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マセラティ

マセラティがMC20のテールランプが「点滅する」としてリコール実施!アナログ時代であれば起こり得ず、デジタル時代のクルマならではの不具合

投稿日:2022/05/11 更新日:

マセラティがMC20のテールランプが「点滅する」としてリコール実施!アナログ時代であれば起こり得ず、デジタル時代のクルマならではの不具合

| もともとマセラティはリコールの少ないブランドではあるが |

発見したのはマセラティのスタッフ、「工場内でのテストドライブ中」にて

さて、マセラティが発売間もないMC20をアメリカ市場にてリコール。

その内容としては「ブレーキランプが”点滅する”」可能性があるというもので、米国道路交通安全局(NHSA)によれば「後続のドライバーを混乱させ、事故の確率を高める可能性がある」とのこと。

対象となるのは2022年モデルのマセラティMC20で、その台数は56台だとアナウンスされていますが、マセラティは6月3日よりオーナーへと連絡を開始し、正規ディーラーにてブレーキランプの確認を行ったうえ、必要に応じてこれを交換することになります。

もちろんリコールなのでオーナーには金銭的な負担はなく、もしこれまでに有償にてブレーキランプに修理を行っていた場合はその金額を返金するというコメントも出されています。

エンブレムも新デザインに!マセラティMC20正式発表。630馬力、カーボンシャシー採用で2664万円は「激安」、スーパーカーの勢力地図を塗り替える?

| 細部を見ると、想像していたよりもずっと魅力的なクルマであるようだ | さて、昨日折悪しくリークされてしまったマセラティの新型スーパーカー「MC20」。しかしながら今回めでたく正式発表となり、その価 ...

続きを見る

いったいなぜこんなことに?

そしてなぜこういった不具合が見つかり、そして原因は何なのかということですが、これはマセラティが今年2月に工場内にて試乗を行っている際、2台の車両にてこの問題を(マセラティのスタッフが)発見したことに端を発しており、マセラティはこれを受けてただちにブレーキランプの点滅に関する内部調査を実施すると同時にテールランプのサプライヤーにも回答を求めることに。

2021-Maserati-MC20-10

その結果として、マセラティはテールランプが「特定のブレーキ条件下で点滅する代替MOSFETトランジスタを搭載したプリント回路基板」にて製造されていることを発見し、そこで「テールランプアッセンブリを交換する」というリコールとなったようですね。

以前の「アナログな」クルマであれば起こり得ないような問題ではあるが

なお、マセラティはもともとリコールがさほど多くないメーカーという認識ですが、そんな中でもテールランプの点滅というのはかなり珍しいように思います。

ちなみに現代のクルマのようにテールランプがLED化される前、つまり電球(フィラメント球)が使用されていた際には「ブレーキペダルを踏んだとき、ブレーキペダルの裏にあるスイッチを押すことで通電し、それで電球が光る」という単純な構造を持っており、そこに点滅するような問題が発生する要素はなかったと思いますが、よって今回のような問題は「構造が高度に複雑化した」現代のクルマならではと思われます。

合わせて読みたい、マセラティMC20関連投稿

マセラティがイベントにて「はじめて」公式にMC12とMC20を並べる!18年の年月を経ても両者とも馬力、最高速度は「ほぼ同じ」だった
マセラティがイベントにて「はじめて」公式にMC12とMC20を並べる!18年の年月を経ても両者とも馬力、最高速度は「ほぼ同じ」だった

| マセラティMC20にはホワイトがよく似合う |この記事のもくじ| マセラティMC20にはホワイトがよく似合う |さらにブルーのアクセントが入ればなお良しなのかもマセラティMC20はこんなクルママセ ...

続きを見る

【動画】ベッカムがイタリアとマイアミでマセラティMC20を走らせる!マイアミで乗るのはベッカム仕様の「ブラックとピンク」
【動画】ベッカムがイタリアとマイアミでマセラティMC20を走らせる!マイアミで乗るのはベッカム仕様の「ブラックとピンク」

| マセラティMC20は相当に刺激的なクルマであることは間違いない |この記事のもくじ| マセラティMC20は相当に刺激的なクルマであることは間違いない |動画を見ていると「自分でも運転してみたい」と ...

続きを見る

マセラティMC20は日本で200台以上も注文が入っていた
驚愕!マセラティMC20は日本で200台以上も注文が入っていた!初期生産分の購入条件は「V8モデルを新車購入+所有」等、受注に関するあれこれ

| やはりマセラティのブランドバリューはスゴかった |この記事のもくじ| やはりマセラティのブランドバリューはスゴかった |マセラティMC20の初期生産分からの日本への割り当ては24台マセラティMC2 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->マセラティ
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5