ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) >フォード(FORD)

テスラのモデル展開はなぜ「SEXY」ではなく「S3XY」なのか?どうやらフォードが圧力をかけ「モデルE」の商標を奪ったもよう。なおフォードは実際に「モデルE」を発表

投稿日:2022/03/04 更新日:

テスラ

| 当時、テスラとフォードとのパワーバランスは今とは全く異なっていたようだ |

今だったらテスラはフォードの言うことを聞かないだろう

さて、テスラは現在「モデルS、モデル3、モデルX、モデルY」という4つのラインアップを抱えますが、これらは4つ並ぶと「S3XY」。

そして欧米では「3」を「E」になぞらえることがあるので、つまりこれらは「SEXY」を表しているわけですね。

なお、ぼくは常々なぜ「モデル3はモデルEとしなかったのか」と疑問を感じていたのですが、今回フォードが「モデルE」なる新部門を発表し、それとともに「なぜテスラがモデルEを使用しなかったのか」も明らかに。

フォードはテスラを「抑え込んでいた」

今回明かされた秘話によると、話は2014年にまでさかのぼり、この時期テスラはモデルS、モデルXを発売しており、イーロン・マスクCEOは、3台めのラインアップについて「SとXがあるから、Eにして”SEX”にするといいかもしれない」と非公式に語っていたもよう。

つまり最初から「SEXY」を目指していたわけではないようですが、S=セダン、X=クロスオーバーを表しているのかもしれず、であればここで出た「E」は文字通りの「思いつき」だったのかもしれません。

そしてテスラが実際に「モデルE」の商標を申請した際、これに待ったをかけたのがくだんのフォード。

フォードの言い分としては「モデルEは、モデルTと類似性がある」というものですが、おそらくはテスラが商標を申請し、その内容が(登録前に)一般公開となった際にフォードがこれを見つけたのだと思われます。※モデルTは自動車業界初の量産車であり、フォードはこれによって一気にその勢力を拡大した。現在でもビートルに次いで「史上二番目に売れた自動車」でもある

かくしてフォードとテスラは話し合いを持つことになり、(今だと信じられないことですが)イーロン・マスクCEOが「わかった。モデルEは使わない」として「モデル3」へとその名称を切り替えたもよう。

フォードはモデルeをついに発表

そしてそこから8年の時間が経過し、今回ついにフォードは「モデルe(正確にはフォード・モデルe)」を発表することにになり、しかしこのフォード・モデルTは「特定のクルマ」を指すわけではなく「EVとテクノロジーに特化した」ブランドだと説明され、これに対するのは「フォード・ブルー」という内燃機関を指すブランド。

つまりフォードは今後、自社のクルマを「EVと内燃機関を積んだクルマ」の2つに分けるということになりますが、フォードCEO、ジム・ファーレイ氏いわく「私たちはかつてT型という小さなクルマを作っており、それが大量輸送を可能とし、クルマの所有を普及させました。我々はモデルEのような名称を非常に大切にしています。私たちはそれを保護し、それこそが私たちがこのような名前をつけた理由なのです」とコメントしています。

おそらくテスラが「モデルS」「モデルX」を発売した当時、まさかフォードはテスラがここまで大きくなるとは思っておらず、よってモデルSとモデルX」の商標を看過していたのだと思われますが、モデルEを許さなかった割には「モデルY」について黙認したということになり(文字の形状は似ている)、これはちょっと不思議なところでもありますね。

Unleashing the Ford+ Plan

今後のフォードはこうなってゆく

なお、今回「モデルe」「ブルー」という2つのブランドが発表されたわけですが、フォードは今後、自動車事業をこの2つの区分に沿って分割する、とのこと。

フォード・ブルーは、フォードが以前発表した将来の計画「Ford+」の延長線上にあり、F-150、ブロンコ、マスタングなどがここに含まれ、その一方、フォード・モデルeには、マスタング・マッハeはじめ今後発売されるEVが名を連ねるということに。

フォードCEO、ジム・ファーレイは今回の変革に際して「フォード+で我々が目指すのは、真に偉大で世界を変える企業へと再び変革することであり、そのためには集中力が必要です。私たちは、スタートアップ企業が夢見ることができるような、フォード・ブルーの産業ノウハウ、ボリューム、そしてブロンコなどの象徴的なブランドとともに、フォード・ブルーを展開してゆきます」。

つまりフォードは内燃機関を分離させて捨てゆくわけではなく、ここではオフロード走行、ビークルダイナミクスに関する研究を行い、それをモデルeへとフィードバックし、さらにはモデルeにて開発した制御ソフトウエアをブルー部門へと還元することでより良い製品づくりを目指し、「製品、製造、品質コストの削減に取り組む」とも。

加えて両部門は、商用車や軍用車を扱う部門「フォード・プロ」に対しても、フォード・モデルeの技術とフォード・ブルーの製造ノウハウでサポートを行うことになるもよう。

フォードの最高財務責任者であるジョン・ローラー氏は、「この新しい組織は、輸送の新時代において、業界をリードする成長性、収益性、流動性を生み出す能力を強化するものです。既存の能力を最大限に活用し、必要なところに新しい能力を加え、プロセスを簡素化し、コストを下げることで、ICE(内燃機関)とEVの両事業に資本を配分する効率と、そこから期待されるリターンをより鮮明にすることができるようになります。そして最も重要なことは、それが我々のステークホルダーに成長と大きな価値をもたらすと信じていることなのです」とコメントし、その意気込みを語っています。

フォードがその事業改革について語る動画はこちら

合わせて読みたい、フォード関連投稿

【動画】山中に放置されていた1929年製フォード・モデルAをその場で修理してエンジン始動→自走して山を降りる!フォードの耐久性には脱帽
【動画】山中に放置されていた1929年製フォード・モデルAをその場で修理してエンジン始動→自走して山を降りる!92年経過してもまだ動くフォードの耐久性には脱帽

| 放置していたのはこのフォード・モデルAのオーナーで、どうやらこの後は普通にこのクルマに乗るようだ |この記事のもくじ| 放置していたのはこのフォード・モデルAのオーナーで、どうやらこの後は普通にこ ...

続きを見る

フォードがSEMAに展示するマスタング5台を公開!80−90年代風のポップなカスタムに加え、エレクトリックモデル「マッハE」にもシェルビー版が登場
フォードがSEMAに展示するマスタング5台を公開!80−90年代風のポップなカスタムに加え、エレクトリックモデル「マッハE」にもシェルビー版が登場

| 全般的に様々な流行が80−90年代への回帰に向かっているようだ |この記事のもくじ| 全般的に様々な流行が80−90年代への回帰に向かっているようだ |少しでも明るく楽しそうなクルマのカスタムが増 ...

続きを見る

マスタング・ブリット
スピルバーグ監督にてあの名作「ブリット」現代版が製作されるようだ!フォード・マスタング、そしてカーチェースシーンはどうなる?

| いかに新解釈の別ストーリーであっても、マスタング抜きでブリットを語るのは難しい |この記事のもくじ| いかに新解釈の別ストーリーであっても、マスタング抜きでブリットを語るのは難しい |フォードとし ...

続きを見る

参照:CNNMoney, Automotive News,  Fox Business’ Varney & Co

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), >フォード(FORD)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5