ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが中国の4倍以上となっている米国の納車期間を短縮するために中国から技術者200人をカリフォルニア工場へと送り込むようだ!まさに技術の「逆輸入」

投稿日:2022/11/05 更新日:

テスラ

| ただし中国の上海工場では使用している生産設備も新しく、カリフォルニアの工場で使用しているものは古いとされている |

これで実際にカリフォルニア工場の生産効率が飛躍的に改善されるとちょっとびっくり

さて、テスラの上海工場は現在もっとも高い生産能力を誇るギガファクトリーとなっていますが、そのためか中国におけるテスラ・モデル3 / モデルYの納車待ちは最短で「7日」、最長で21日だと報じられています。

テスラ
テスラの生産能力が向上し納車待ち期間が「過去最短」となる可能性!現在中国では注文からわずか7日で納車がなされるようだ

| ただし欧州やアジアパシフィックでは147日の納車待ち |この記事のもくじ| ただし欧州やアジアパシフィックでは147日の納車待ち |ただし「受注ペース」がわからない限りは素直にこれを喜ぶことはでき ...

続きを見る

一方でアメリカでのモデル3 / モデルYの納車待ちは最短で27日、最長だと172日となっていて、こういった数字を見ても上海工場の生産能力が非常に高いということがわかりますね。

テスラ
今中国で何が起きているのか?テスラが中国市場に全力投球、他地域への供給を後回しにしても中国での納車を強化、さらに値引きも

| おそらくはかつてないレベルで競争が激化、そしてここで覇権を取らねば二度と失地回復ができないのかもしれない |この記事のもくじ| おそらくはかつてないレベルで競争が激化、そしてここで覇権を取らねば二 ...

続きを見る

テスラは中国の技術を「逆輸入」

そこで今回報じられているのが「テスラの上海工場から多数のエンジニアと生産スタッフをカリフォルニア州フリーモントの工場に派遣する」というニュースで、これはつまり中国工場のスタッフがその技術を伝授し、フリーモント工場の生産増強と納期短縮のための支援を行うということを意味します。

報道によれば、今回派遣されるのは自動化および制御エンジニアだといい、約200人のテスラ社員が今月から少なくとも3カ月間、特定の任務を遂行するために上海からカリフォルニアに移動ことになるのだそう(その人数、期間を考慮すると相当なコストが発生することになるが、それでもテスラは”やるべき”だと判断したということになる)。

なお、テスラは最近、納車台数の50%増を目標に上海ギガファクトリーをリニューアルしていて、フリーモント工場の年間生産台数65万台に対し、上海の生産台数は約100万台にまで拡大しています。

テスラ・モデルY

このアップグレードには5週間を要したものの、9月には中国で過去最高の83,135台を納車することになり、これまで「最長21週間」だった納車待ちが上述のとおり7日〜21日に短縮されているわけですね。

ただ、この生産能力の違いは単に生産ラインの数や効率の問題だけではなく「工作機械の差」もあるものと考えられ、というのもフリーモント工場はテスラの最初の工場でもあるため設備が古い、と言われます。

反面上海では比較的新しい工作機械を導入しているとされ、もしかすると今回の大移動については「フリーモント工場に新しい工作機械を導入し、その使い方を教えに行く」のかもしれませんね。

テスラはコバルト生産会社の株式を購入しようとしていた?

そして直近にてもうひとつテスラに関する話題が報じられており、それは「(リチウムイオンバッテリーの生産に必要な)コバルトの最大生産業者であるグレンコア社の株式を購入する計画を持っていた」というもの。

現在はバッテリー生産のための希少希土類が不足しつつあり、そういった資源を抑えたものが勝者になるという話もチラホラ聞かれ、そのためちょっと前には「テスラがリチウム採掘業者を買収する」というデマが報じられたこともあるほどです。

テスラ
「テスラがリチウム採掘会社を買収」との偽ニュースで当該企業の株価が3倍に!そしてイーロン・マスクはツイッター社を5兆円で買収オファー

| 自分の自由のためのツイッターをまるごと買うとはなんともスケールの大きな話だと思う |この記事のもくじ| 自分の自由のためのツイッターをまるごと買うとはなんともスケールの大きな話だと思う |もしツイ ...

続きを見る

ただし今回のグレンコア社に関する件はデマではなく事実のようで、関係者によると、両社の協議は昨年から始まり、テスラはグレンコアの株式を10~20%購入する可能性について検討していたといい、今年3月にはグレンコア社CEO、ゲイリー・ナゲール氏がカリフォルニア州フリーモントにあるテスラの工場を訪問し、さらなる交渉が続けられた、とのこと。

テスラ

なお、テスラは2年前にグレンコアとコバルトのオフテイク契約を結んでいますが、イーロン・マスクCEOは以前からバッテリーの全製造工程を自社によってコントロールしたいという意向を示しており、かつては「バッテリー製造コストが改善されない限り、実際に(リチウムの)採掘と精製に直接、大規模に参入しなければならないだろう」ともコメント。

しかしながらテスラとグレンコアとの交渉は、グレンコア社の大規模な石炭採掘事業とテスラの環境目標が衝突することをテスラが懸念したため終了したといい、テスラはやはり「クリーン」なイメージを保つことを重要視したのだと思われます。

ただし株式取得計画がなくなったからといって両者の関係が終了するわけではなく、グレンコアはテスラに対し、中国・上海とドイツ・ベルリンの工場でリチウムイオン電池を製造するため、年間最大6,000トンのコバルトを供給しており今後も関係性が継続するほか、グレンコア社はテスラのほか、SKイノベーション、サムスンSDI、BMW、ゼネラルモーターズともコバルトのオフテイク契約も結んでいる、とも報じられています。

あわせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ
テスラが中国にてモデル3、モデルYの価格を9%値下げ!生産効率が上がったことを理由だとしているものの、競争激化に対するカウンターであるのは間違いなさそう

| これから多くのEVメーカーが価格競争に巻き込まれ、倒産の憂き目に合うものと思われる |この記事のもくじ| これから多くのEVメーカーが価格競争に巻き込まれ、倒産の憂き目に合うものと思われる |テス ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラが「戦略の変更により」中国の旗艦店を閉店!中国での値下げ報道の直後だけに様々な憶測を呼ぶことに

| コスト削減が主目的であることは間違いなさそうだが、オープンした2013年とは全く事情が異なる |この記事のもくじ| コスト削減が主目的であることは間違いなさそうだが、オープンした2013年とは全く ...

続きを見る

テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か
テスラ・サイバートラックの生産は2023年末で確定との報道!それまではモデルS、モデルX、モデル3、モデルYといった既存モデルの生産効率最大化とコスト低減に注力か

| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |この記事のもくじ| ついに待ちに待ったテスラ・サイバートラックの納車開始まであと1年ちょっと |ただしまだサイバートラッ ...

続きを見る

参照:BloombergFinancial Times

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5