ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラのバッテリーは多くの人が想像するよりも「優秀」?テスラの統計によれば「32万キロ走行後でもわずか12%しか劣化しない」

投稿日:2023/04/28 更新日:

テスラ

| 一方、フォルクスワーゲンとトヨタのバッテリーは大きく劣化することが報じられている |

この「バッテリー残存率」については統一した基準が設けられておらず、現在議論の的となることも

さて、テスラが2022年におけるインパクトレポートを発表し、この中で「多くの人が想像するよりもバッテリーが長持ちする」ことが明らかに。

このインパクトレポートは、テスラの持続可能性に関する目標を示した長期計画という位置づけですが、テスラは「たんに電気自動車を生産するだけでは不十分である」と考え、新たな施策の実施によって「より環境に優しい電気自動車を作ること」について言及しています。※テスラの目的はクリーンエナジーへの移行であり、電気自動車はそのための手段にしか過ぎない

テスラのバッテリーは36万キロ走行しても12%しか劣化しない

今回このレポートの中で大きな注目を集めたのはテスラ自身が発表した「バッテリーの劣化予測」。

テスラによれば、(テスラの電気自動車が)新車から20万マイル(約63万キロ)走行したとしても、バッテリーの容量が12%しか失われないと主張しており、これは新しい電気自動車を購入する際に考慮すべき非常に重要な要素だと思われます。

バッテリーが劣化すると、その電気自動車は実質的に使い物にならなくなり、所有者はEVを廃棄するか、新しいものを購入するか、バッテリーパックを交換するかという問題に直面するわけですが、これらはいずれも持続可能な選択肢ではなく、せっかくのEVを購入した意味がなくなってしまいます。

なお、このバッテリーの劣化は主に充電時の負荷によって発生するとされていて、そのため多くの自動車メーカーは充電に関して細心の注意を払っており(そのため80%まで急速充電し、それ以降はゆっくり充電する場合が多い。ギリギリ満タンまで充電するのが一番よろしくないようだ)、「充電時間を短くしなければならないものの」無理やり充電することもできず、これは自動車メーカーにとってひとつのジレンマなのかもしれません(メルセデスEQGが採用するというシリコンバッテリーはこの問題を解決できるようだ)。

ちなみにですが、日産リーフのバッテリーも「日産の想定よりも」長持ちするといい、よってほとんどの個体がバッテリーの交換を行わないままに走っているとも報じられています。

日産のキー
実はEVのバッテリーは車体よりも長持ち?予想されていたよりも劣化せず、日産リーフだと「今まで製造した個体のほとんどにはオリジナルのバッテリーが収まり、走っている」

| 当初、EVのバッテリーは数年もすると性能が劣化し「使い物にならなくなる」とされていたが | 一方、十数年後には寿命を迎えたEV用バッテリーがどっと出てくる可能性も さて、EVはまだまだ販売がはじま ...

続きを見る

一方でフォルクスワーゲンID.3のバッテリーは想定よりも早く劣化するとされ、こちらは「数年で蓄電能力が半分になるのでは」とも言われていますね。

VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ
【動画】VW ID.3のバッテリーは1年で7.5%の劣化?すべての個体がそうであれば、そして保証の範囲であればVWは大きな出費を強いられることになりそうだ

| テスラは過去に「保証の範囲以上にバッテリーが減ってしまい」しかし保証対応しなかったことで裁判になったことも | EVはまだまだ発展途上の製品であり、このまま普及すると自動車メーカーを苦しめることに ...

続きを見る

そしてハイブリッドによってバッテリーに関するノウハウを積んだトヨタのバッテリーでも「10年経つと60〜65%になってしまう」というので、(期間と距離なので単純比較はできないが)テスラの「32万キロで88%残存する」というのはかなり高い比率なのかもしれません。

トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示
トヨタが「bZ4Xでは10年後のバッテリー残存率90%を目指す」と発表!なおプリウスPHVでは60〜65%にとどまる

| 現在、バッテリー容量残存率は”10年で半分が常識”とも言われるが | それを考えるとトヨタの計画はあまりに野心的と考えられる さて、トヨタは、バッテリーと電動化に関するカンファレンスにおいて、新型 ...

続きを見る

ただしこのデータはモデルSとモデルXのみが対象となっている

しかしここで注意を要するのは、この「32万キロで12%の劣化」というのはモデルSとモデルXに関しての話であり、これら2車種とモデル3、モデルYとはまたバッテリーサプライヤーが異なり、よってモデル3やモデルYではもう少し劣化が進むものと思われます。

もしくは、モデル3とモデルYは発売されてまだそう長い期間が経っていないので統計に含まれなかっただけなのかもしれず(もしかすると、これらのほうが新しい技術を用いているので劣化が小さい可能性も)、いずれにせよモデルSそしてモデルXに関し、この劣化度合いだと「廃車になるまでにバッテリーパックを交換する必要はまずない」と考えてよく、テスラのクルマは(EVの中でも)「環境に優しい」と考えていいかもしれませんね。

テスラ本社付近ではサイバートラックが目撃

そして発売が迫っているサイバートラックにつき、今回はカリフォルニア州フリーモントにある工場(ギガファクトリー)近くの公道でテスト走行を行う姿が目撃に。

これを見るとワイパーが装着されてさらに市販モデルに近づいているようにも見えますが、そのスタイリングは「ややずんぐり」しているようにも(フロントタイヤがかなり前に移動しているように見える)。

これが写真を撮影したアングルの問題なのか、それとも実際にずんぐりしているのかは不明ですが、実際の(車体寸法含む)スペックについては正式発表を待つしかなさそうですね。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

生産が数カ月後に迫ったテスラ・サイバートラック!後輪操舵装備にて「くるっと」回る様子が目撃される。全長5.8メートルながらもモデルY同様の回転半径を実現【動画】
生産が数カ月後に迫ったテスラ・サイバートラック!後輪操舵装備にて「くるっと」回る様子が目撃される。全長5.8メートルながらもモデルY同様の回転半径を実現【動画】

| テスラ・サイバートラックは今年7月に生産が開始される予定だが、今年の生産は「試験的」にとどまるもよう | それでもまだサイバートラックの詳細は明かされておらず、なんらかのサプライズがあるのかも さ ...

続きを見る

テスラ・サイバートラック最新の試作車が走行中!ガラスルーフにブラックのトノカバーを装着、かなり最終の仕様に近いと思われる【動画】
米巨大掲示板にてもっとも人気があるEVは「テスラ・サイバートラック」!なお同掲示板ユーザーの平均年齢は23歳、テスラオーナーの平均年齢は50歳オーバー

| つまり、テスラはサイバートラックの発売によって一気にブランドが若返る可能性がある | そして今回の「人気ランキング」にはメルセデス・ベンツ、BMWの姿が見られない 今回新しくなされた調査により、「 ...

続きを見る

テスラ・サイバートラックに「市販版は5%小さくなる」など新情報!イベントに招待された50人の個人投資家の一人が「もっとも詳しい情報を得た」としてSNSへ投稿
テスラ・サイバートラックに「市販版は5%小さくなる」など新情報!イベントに招待された50人の個人投資家の一人が「もっとも詳しい情報を得た」としてSNSへ投稿

| そのほか内外装の仕様、オプションに至るまで詳細が語られる | ただし航続距離や価格については未だ明確な情報が得られない さて、テスラは先日株主をテキサスのギガファクトリーに招いて「インベスター・デ ...

続きを見る

参照:Tesla

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

興味の範囲が広く、猫、小説、映画、音楽、腕時計、クルマなど。 酒、タバコ、ギャンブルは一切しません(ある意味では自分の人生そのものがギャンブル)。 いま欲しいクルマはアルピーヌA110。

->テスラ(TESLA)
-, , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5