ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■自動車各社業績/ランキング/記録等

「自動車ブランドへの忠誠心」ランキング公開!テスラがダントツの首位、そしてポルシェは昨年に比べ顧客からの支持を大きく失う

投稿日:

ポルシェ718ボクスター

| テスラの首位は理解できるが、ポルシェの下落はちょっと理由がわからない |

テスラは独自の市場と客層を形成している

さて、プレミアムカーメーカーの「ブランド支持率増減ランキング」が公開。

このブランド支持率とは、主に「そのブランドのクルマをまた買うかどうか」という調査項目によって算出されるそうですが(ほかにも様々な指標があるようだ)、この1年でもっとも伸びたのはジェネシス、次いでマセラティ、そしてテスラという結果に。

なお、ジェネシスが伸びた理由は不明ではあるものの、タイガー・ウッズの(昨年2月の)事故によってむしろジェネシスの安全性が証明されたことや、積極的にニューモデルを発売していることに起因しているのかもしれません。

ヒュンダイ・ジェネシスGV80
ジェネシス(ヒュンダイ)のSUV、GV80が大人気!ジェネシスのセダンをすべて合計したよりも多くを販売し2021年3月には販売記録も達成。やはり「タイガー・ウッズの事故」がプラスに働いた?

| まさかあの事故が販売に貢献するとは思わなかった |この記事のもくじ| まさかあの事故が販売に貢献するとは思わなかった |ジェネシスブランドは販売好調ジェネシスはまだまだ伸びしろがあるあわせて読みた ...

続きを見る

マセラティについても数値が大きく伸びた理由はわかりませんが、新型SUV「グレカーレ」やスーパーカー「MC20」の投入、電動グレード「フォルゴーレ」の投入によるブランドの知名度やイメージが向上したためなのかもしれません。

マセラティが新型SUV「グレカーレ」発表!スマートでクリーンなデザインを採用し「グリルは過剰にならない程度の主張を目指した」。高性能版「トロフェオ」、EV版「フォルゴーレ」も
マセラティが新型SUV「グレカーレ」発表!スマートでクリーンなデザインを採用し「グリルは過剰にならない程度の主張を目指した」。高性能版「トロフェオ」、EV版「フォルゴーレ」も

| 内外装の質感は大きく向上したが、一方でマセラティらしい重厚さや荒々しさが影を潜めたようにも |この記事のもくじ| 内外装の質感は大きく向上したが、一方でマセラティらしい重厚さや荒々しさが影を潜めた ...

続きを見る

2022年、ブランド支持率を増減ランキングはこうなっている

そこで2021年から2022年にかけてのブランド支持率増減ランキングを見てみたいと思いますが、前年比で伸ばしたのはジェネシス、マセラティ、テスラのみで、そのほかは軒並み減少しています。

  1. ジェネシス・・・+8.5%
  2. マセラティ・・・+4.5%
  3. テスラ・・・+4
  4. BMW・・・-2.3%
  5. アキュラ・・・-2.7%
  6. レクサス・・・-4.8%
  7. ジャガー・・・-5.1%
  8. インフィニティ・・・-5.2%
  9. ボルボ・・・-5.3%
  10. キャデラック・・・-6.4%
  11. アルファロメオ・・・-6.6%
  12. メルセデス・ベンツ・・・-7%
  13. アウディ・・・-7.3%
  14. リンカーン・・・-7.9%
  15. ポルシェ・・・-8.5%
  16. ランドローバー・・・-9.2%

なお、ブランド支持率で最も高かったのはテスラの73.1%ですが、これは業界平均の45.4%を大きく引き離しており、ここでもうひとつ要注目なのは「テスラが他のブランドから顧客を奪っているわけではない」ということ。

これはそのブランドごとに算出する顧客獲得 / 流出比(C / D比というらしい)によって表すことができるそうですが、テスラはこの数値が低く、つまり他のブランドから顧客を奪っているのではなく新規にて顧客を獲得し、市場を形成しているという推論が成り立つのだそう。

そしてこれは「テスラの指名買い」が多いこと、そういった顧客はテスラから流出しにくいこと、さらにテスラのクルマを複数購入する可能性が高いこと、またテスラに買い換える可能性が高いこと(実際に現在のテスラを支持する人々の62.2%がテスラからの買い替え)を意味し、テスラの盤石ぶりをしめすひとつの証左なのかもしれません。※実際に、集計元も「テスラは非常に優秀なマーケッターであり、クルマという枠を超えて、イーロン・マスクCEO自身とブランドのイメージを作り上げ、一部の人々の心を掴んでいる」と分析

さらに言うならば、こういったテスラの傾向は他の自動車メーカーにとって「直視すべき」事実であり、その他多くの自動車メーカーが客の取り合いをしている中、テスラはゆうゆうと優良顧客を増やしているということ、テスラの顧客を奪うことが年々難しくなってきていることを意味するわけですね。

【動画】テスラ・モデルYを見てきた!最近の新型車でここまで人を呼んだ例はあまりない。実車を見ても改めてテスラの強さを思い知らされる

なぜポルシェはここへきて大きな下落を?

そしてこのランキングにおいてちょっと不思議なのは、ポルシェがその支持率を大きく下げていること。

ランドローバーに次ぐ下から二番目であり、なんと前年比で8.5%も下げていますが、この理由はちょっとナゾ。

もしかすると、現在ポルシェはピュアエレクトリックブランドへと移行中のため消費者にとっては「買い替えのタイミングが掴めず」、かつ次期モデルもどんなクルマになるのかがわからないために数値が下がってしまった可能性もありそうです。

ポルシェ・マカンSの車検見積もり取得!車検単発としては自分史上最高額の85万円、やはりハイパワーな重量級SUVはパーツの消耗が激しいようだ・・・。

ちなみにですが、キドニーグリルが大きくなりすぎて批判を集めるBMWは「比較的支持率を落としていない(マイナス組の中では最も軽微)ブランド」であり、世間での評判とは裏腹にけっこう支持されている、ということになりますね(実際に販売も好調だ)。

なお、ぼくは最近までBMWに対して不信感を持っていたものの、ここ最近ではそういった感情も払拭されており、「二度とBMWは買うまい」と誓った禁を犯し、どこかでBMWをまた買うんじゃないかとも考えています。

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

トヨタ・ランドクルーザー
米にて「15年以上乗られている車」ランキングの5位まではトヨタ!「また買う」と答えた人がダントツ多いのもトヨタ!これはもうトヨタは「車の魅力や価値そのもので売れている」と言っていい

| ヒュンダイもまだまだだな |この記事のもくじ| ヒュンダイもまだまだだな |「15年以上乗られているクルマ」はこんな顔ぶれ「長く乗られる」SUVはこんな面々「長く乗られる」スポーツカーはこんな面々 ...

続きを見る

レクサス
「そのブランドをまた買う」普及ブランド1位はスバル、プレミアムブランドではレクサス。米統計にて日本のブランドがランキング上位を独占

| スバルの顧客は忠誠心が非常に強いことで知られる |この記事のもくじ| スバルの顧客は忠誠心が非常に強いことで知られる |レクサスの支持はクルマの品質に加え、その「サービス」も関係?「またそのブラン ...

続きを見る

米調査「新車購入後、1年以内に売却されるクルマ」ランキング。BMW、メルセデス・ベンツが上位を占め、アウディ・レクサスが「売り飛ばされない」ナゾ

品質、そして顧客の期待値に応えたのかどうかが問題だ アメリカの中古車情報サイト、iSeeCarsが「新車購入1年以内で最もよく売却されいている車種、メーカー」をリストにまとめて公開。このリストによると ...

続きを見る

参照:Automotive News

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5