ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■自動車各社業績/ランキング/記録等

通年におけるEVの世界販売が2022年にはじめて10%を超える!中国だと20%、ドイツは25%、アメリカは5.8%、日本は(単月で)1.5%にとどまって完全にEV後進国に

投稿日:2023/01/19 更新日:

テスラ

| 日本のガラパゴス体質がこんなところにもあらわれていた |

それにしても世界と日本との差が激しすぎる

さて、2022年における電気自動車(EV)の世界販売が780万台にのぼり過去最高となったそうですが、同時に自動車の全世界販売台数の約10%がEVであったという事実を意味しており、自動車業界としては「初」の快挙となっています。

これはウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じたもので、2022年のEVの世界販売台数は2021年と比較して世界的に68%増加しており、世界最大の自動車市場である中国は同時に世界最大のEV市場となり、EVの総販売台数の約3分の2を占めた、とのこと。

ただ、中国の場合はEVとは言っても宏光ミニEVのようなマイクロEVもカウントされていると思われ、このあたりが大きく(2022年のEV販売に)貢献したのかもしれませんね。

中国で最も売れている電気自動車、宏光ミニEVに「ゲームボーイエディション」が追加!任天堂と関係あるような無いような微妙なフォントを使用
中国で最も売れている電気自動車、宏光ミニEVに「ゲームボーイエディション」が追加!任天堂と関係あるような無いような微妙なフォントを使用

| 通常版宏光ミニEVに比較して大幅なグレードアップ、さらにライバルを引き離すことに注力か |この記事のもくじ| 通常版宏光ミニEVに比較して大幅なグレードアップ、さらにライバルを引き離すことに注力か ...

続きを見る

中国ではなんと5台のうち1台がEVに

なお、計算上だと「中国で売れた新車の5台にのうち1台」がEVという計算となり、欧州だと10台に1台がEVだったそうですが、PHEVまで含めると「5台に1台」がEVということに(一般的に、PHEVはEVに含まれることが多い)。

さらにドイツだと新車のうち25%(つまり1/4)がEVとなっているそうですが、これは2023年からEV優遇税制が廃止もしくは縮小するため、「駆け込み」での需要もあったもよう。

そして「EVの普及が遅い」と言われるアメリカでもEVの販売が伸び、EVの(新車における)販売比率は2021年の3.2%から上昇して5.8%に達したそうですが、こと日本に関しては(まだ通年でのデータが出ておらず)2022年11月単月だとわずか1.5%。

テスラ

日本は自動車販売台数では世界第三位であり、かつ購買力も高い国ではあるものの、この数字について、多くの欧州自動車メーカーは「なぜだ・・・」と考えているのかもしれません(おそらく、日本の自動車メーカーがあまりEVに力を入れていないので、日本の消費者はEVに対して親しみを感じず、購入対象として考えられないのかもしれない)。

ちなみにですが、ぼくは年末年始に香港へと行ってきたのですが、感覚的には「乗用車の5台に1台くらいがテスラ」という印象で、日本との大きな違いを痛感した次第です(今中国に行くと、電気自動車の多さに驚かされるのかもしれない。逆に中国人が日本に来たらガソリン車の多さに驚くのだろう)。

テスラ
米国と欧州でEV販売比率が増加、それぞれ新車販売のうち5.1%と12%がEVに。なお日本ではわずか1.5%にとどまり、名実ともにEV後進国へ

| たしかに日本国内でEVが走っているのを見る機会はそれほどない |この記事のもくじ| たしかに日本国内でEVが走っているのを見る機会はそれほどない |来年は米国、欧州ともさらにEV販売比率が大きく伸 ...

続きを見る

もっとも売れたEVはやっぱりテスラ

そして「もっとも売れたEV」はやはりテスラであり、それに続くのが中国BYDと上海汽車だそうですが、現時点で「世界で販売されたEVの1/3は中国製」だと報じられているので、中国製EVはその価格を武器にさらに販売を伸ばす可能性もありそうですね。

なお、2023年は世界的に景気失速局面に突入するという予測が大勢を占めており、仮にそうなれば自動車に対する支出は削られるだろうとも見られ、エネルギー(電気料金)価格の上昇とあわせ、2023年は(ガソリン車に比較し割高なEVは)2022年ほどEVが売れないだろうという見方も多いと言われます。※その前に充電器が足りなくなるという予測もある

合わせて読みたい、関連投稿

中国
中国がドイツを抜き「自動車輸出国No.2」に!前年比+54%、世界のEV生産のうち1/3は中国にて行われているという事実を背景に、No.1の日本を抜くのは時間の問題か

| 一昨年は韓国を抜き、昨年はドイツを抜き、今年は日本を抜くかもしれない |この記事のもくじ| 一昨年は韓国を抜き、昨年はドイツを抜き、今年は日本を抜くかもしれない |世界のEVの多くは「中国製」で占 ...

続きを見る

中国BYDがさらに伸び、中国におけるEV販売でテスラを抜く勢い。さらに来年には2つのブランドを立ち上げてテスラを引き離しにかかる。なぜここまで伸びたのか?
中国BYDがさらに伸び、中国におけるEV販売でテスラを抜く勢い。さらに来年には2つのブランドを立ち上げてテスラを引き離しにかかる。なぜここまで伸びたのか?

| BYDは現在、ガソリン車の販売を終了させてEVのみの販売に特化している |この記事のもくじ| BYDは現在、ガソリン車の販売を終了させてEVのみの販売に特化している |中国の数ある自動車メーカーの ...

続きを見る

テスラ
このままEVが売れ続ければ深刻な充電器不足となるようだ。単純計算にて、米では2025年に現在の5〜9倍、2030年には8〜16倍の充電器が必要に

| そして最も大きな問題は「誰が充電器を設置するのか」である |この記事のもくじ| そして最も大きな問題は「誰が充電器を設置するのか」である |さらには都市部などでは「設置する土地がそもそもない」とい ...

続きを見る

参照:The Wall Street Journal

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5