ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■カメラやガジェットなど

アップルがランボルギーニで長年勤めた最高位エンジニアを引き抜く!ニュル最速アタックや全モデルの開発に関わり、アステリオンなど電動化にも関与した重要人物

投稿日:

ランボルギーニ・カウンタック

| アップルはランボルギーニのエンジニアに「ビークルダイナミクス」分野での貢献を求める? |

ここ数年、アップルは大量の人材を自動車業界から引き抜いている

さて、2020年末からその話題が再燃し、大きな騒動に発展した「アップルカー(もしくはiCar)」。

言わずとしれたテック業界の巨人であるアップルが発売する(と言われる)クルマですが、もともとは2014年くらいに「アップルがクルマを発売」というウワサが流れ、しかしその後はなんとなく立ち消えに。※いったんはプロジェクトを解散したとも言われる

しかし2020年末になって台湾のサプライヤーから「アップルより、アップルカー試作のためのパーツを手配するように言われた」というリークがあり、そこから大きく事態が動き出しています。

直近でのアップルカーに関する動きはこんな感じ

そこでこのアップルカーに関する最近の動きですが、台湾のリークの後、ヒョンデ、キアに接触があり、ここでそれぞれとアップルが提携という話が持ち上がってヒョンデ株が急上昇し、そこで売り抜けたヒョンデ幹部がインサイダー疑惑にて逮捕されるといったことも。

ただし実際にはアップルとヒョンデ/キアの提携は実現せず、その後には日産、ホンダ、トヨタ、フォルクスワーゲン、フォックスコン、マグナシュタイヤーとの提携話も出たものの、結局はいずれも実現せず。※画像はアップルカーの特許をベースにした予想レンダリング

2021-12-11 9.53.27

その理由はもちろん明らかではないものの、ヒョンデの話だと、「アップルはプロジェクトの主導権を握り、アップルが設計したものをただ単に黙って言うことを聞き、クルマを指示通りに作るだけの相手を求めていた」とのことで、アップルの求める内容が奴隷契約に近いもので、とうてい許容できないものだったとされています。

これが事実かどうかはわからないものの、実際にアップルの話に乗った企業は一社もなく、アップルはやむなく自社にて開発を進め、下請けに製造を行わせることにした、というのが「つい最近まで」の状態。

アップルと日産がアップルカーについて提携交渉
「結局、アップルに興味を持つ会社は1社もなかった」。アップルはどこからも見放され、やむなく自社でアップルカーの開発を行うことにしたとの報道

| やはりアップルの要求はあまりに「アップル寄り」に過ぎたのかもしれない |この記事のもくじ| やはりアップルの要求はあまりに「アップル寄り」に過ぎたのかもしれない |アップルカーが発売されるにしても ...

続きを見る

アップルはランボルギーニの技術者を引き抜く

そしてアップルは「自社でアップルカーを開発するため」自動車業界から多くの人材を引き抜いており、プロジェクト・タイタンと呼ばれるアップルカーの自社による実現に向けて動き出しているわけですが、テスラ、BMW、リビアン、ボルボ、メルセデス・ベンツ、マクラーレン、ポルシェ、アストンマーティン等のエンジニアや重役を獲得し、現在基盤を整えつつ前進しているわけですね。

そこで今回報じられているのが「ランボルギーニのエレクトリック化において、もっとも長くそれに関わり、もっとも上位にいたエンジニアであるルイジ・タラボレッリ氏をチームに引き入れた」。

実際にルイジ・タラボレッリ氏のLinkedinプロフィールには「サンフランシスコ・ベイエリア」つまりアップル本社付近へと拠点を移したことが明記されており、よって移籍はほぼ確実と考えていいのかもしれません。

アップルがフォードにて30年以上務めた重役を引き抜き!これでアップルカー(プロジェクト・タイタン」の実現へと一歩近づく?
アップルがフォードにて30年以上務めた重役を引き抜き!これでアップルカー(プロジェクト・タイタン」の実現へと一歩近づく?

| アップルはソニーに遅れを取ることだけは避けねばならない |この記事のもくじ| アップルはソニーに遅れを取ることだけは避けねばならない |そのため、予定している自動運転が早期に実現できない場合は「完 ...

続きを見る

なお、ルイジ・タラボレッリ氏はランボルギーニにて20年間勤務し、そこでシャシーとビークルダイナミクスの責任者にまで上り詰め、アヴェンタドール、ウラカン、ウルスの開発に携わったほか、アヴェンタドールSV/アヴェンタドールSVJ、ウラカン・ペルフォルマンテを用いてのニュルブルクリンクでの記録挑戦の監督を行い、さらに電動化へ向けてアステリアオンの開発を管理したほか、ヴェネーノ、チェンテナリオ、そして最も新しいものだとウラカン・ステラートの開発を率いたと報じられています。※つまり重要かつ中心的プロジェクトには必ず参加

ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」公式ティーザー画像が公開!コンセプトモデルに忠実なスーパーオフローダー、これがウラカンのファイナルモデル?
ランボルギーニ・ウラカン「ステラート」公式ティーザー画像 / 動画が公開!コンセプトモデルに忠実なスーパーオフローダー、これがウラカンのファイナルモデル?

| まさかこのウラカン・ステラートが本当に発売されるとは思わなかったな |この記事のもくじ| まさかこのウラカン・ステラートが本当に発売されるとは思わなかったな |後世に残る「超希少モデル」となりそう ...

続きを見る

ちなみにですが、同氏とアップルとの接点は、ウラカンEVOスパイダーの新車発表時(2019年)に取り入れられたAR(拡張現実)コンテンツ作成においてだと言われ、ここでアップルはランボルギーニのためにAR技術を提供することになったわけですが、そこからずっと両者はコンタクトを取り続けていたのかもしれません。

L1200849

アップルカーはどんなクルマに?

そこで気になるのが「アップルカーがどんなクルマになるのか」。

これについては様々なウワサがありながらもわからない部分が大半で、そもそも個人向けに販売されるのか、企業向けのリースにとどまるのか、それともライドシェアのみで提供されるのかといった問題も。

ただ、いずれの場合であっても高いレベルの自動運転を持つことは間違いなく、これはBMWやフォードから自動運転の専門家を引き抜いたことからでも想像ができますね。

合わせて読みたい、アップルカー関連投稿

アップルカーは2025年登場、完全自動運転でハンドルやペダルすら持たない?乗員が向かい合って座るラウンジのようなスタイルに
アップルカーは2025年登場、完全自動運転でハンドルやペダルすら持たない?乗員が向かい合って座るラウンジのようなスタイルに

| それだけさまざまな可能性が検討されているからだと思われるが、アップルカーに関する報道はどれが本当なのかわからない |この記事のもくじ| それだけさまざまな可能性が検討されているからだと思われるが、 ...

続きを見る

アップルの特許をベースにしたアップルカー(iCar)の予想レンダリングが登場。ピラーレス、コーチドア、回転式シートなど多数が反映される
アップルの特許をベースにしたアップルカー(iCar)の予想レンダリングが登場。ピラーレス、コーチドア、回転式シートなど多数が反映される

| アップルカーのウワサは数多くあれど、アップルカーの(最近の)予想レンダリングはほとんど存在しない |この記事のもくじ| アップルカーのウワサは数多くあれど、アップルカーの(最近の)予想レンダリング ...

続きを見る

マグナシュタイアとLGがアップルカーを製造
これがファイナルアンサー?「アップルカーはLGとマグナシュタイヤーとの合弁企業が生産を行う」との報道

| 様々な情報を総合すると、どうやら今回の報道がもっとも信憑性が高そうだ |この記事のもくじ| 様々な情報を総合すると、どうやら今回の報道がもっとも信憑性が高そうだ |三者の契約は「実現間近」マグナ・ ...

続きを見る

参照:Bloomberg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■カメラやガジェットなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5