ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車 ■カメラやガジェットなど

アップルカー(iCar)の発売が2025年から2026年に延期との報道。「現代の技術では、アップルが求める自動運転レベルを達成できないことがわかった」ことが原因か

投稿日:

アップルウォッチ

| そもそも、自動運転ができると考えた時点で計画に無理があったとも思えてくる |

そして自動運転無くしては、アップルカーのコンセプトを実現できない

さて、ちょっと前から頻繁に話題が出るようになったアップルカー(もしくはiCar。もちろん電気自動車)ですが、アップルがその発売目標を2025年から2026年に後ろ倒しにしたとの報道。

これはアップルの「関係筋」からの情報だとして伝えられるもので、延期の理由としては、アップルが標榜していた「ハンドルもペダルもない完全自動運転」を実現することは現代の技術では不可能だと判断したからだとされています。

ランボルギーニ・カウンタック
参考アップルがランボルギーニで長年勤めた最高位エンジニアを引き抜く!ニュル最速アタックや全モデルの開発に関わり、アステリオンなど電動化にも関与した重要人物

| アップルはランボルギーニのエンジニアに「ビークルダイナミクス」分野での貢献を求める? |この記事のもくじ| アップルはランボルギーニのエンジニアに「ビークルダイナミクス」分野での貢献を求める? | ...

続きを見る

アップルが求めるのは「レベル5」の自動運転

なお、アップルはこの電気自動車を「プロジェクト・タイタン」として進めていて、すでにフォードやランボルギーニはじめ多くの自動車メーカーから人材を獲得していることが報じられていますが、現在は1,000人程度のメンバーで構成され、その年間コストは10億ドル以上だと見積もられており、つまりはとんでもなくお金がかかっていいる計画です。

アップルがフォードにて30年以上務めた重役を引き抜き!これでアップルカー(プロジェクト・タイタン」の実現へと一歩近づく?
アップルがフォードにて30年以上務めた重役を引き抜き!これでアップルカー(プロジェクト・タイタン」の実現へと一歩近づく?

| アップルはソニーに遅れを取ることだけは避けねばならない |この記事のもくじ| アップルはソニーに遅れを取ることだけは避けねばならない |そのため、予定している自動運転が早期に実現できない場合は「完 ...

続きを見る

そしてその計画の中心にあるのは「ペダルもステアリングホイールもない」完全自動運転車で、クルマが走行中、その乗員は運転以外のことができる、というのがそのコンセプト。

プロジェクトのリーダーはケビン・リンチ氏だとされ、これまでずっと「レベル5」を目指していたものの、いったんは「不可能」という判断を下したということになりそうですね。

参考までに、自動運転に関わる各レベルの定義は以下の通り(国土交通省によるものだが、おおよそ世界で統一化される動きとなっている)。

自動運転レベルの定義

  • レベル1:運転支援(自動ブレーキ、先行車追従機能=ACC、車線逸脱防止機能=LKASなど)。ドライバーによる監視が必要
  • レベル2:特定状況下での自動運転機能(ACC+LKAS)。ドライバーによる監視が必要
  • レベル3:条件付き自動運転(システムが全ての運転タスクを実行するが、ドライバーの適切な対応が必要)。高速道路など一定条件下での自動運転機能
  • レベル4:特定条件下における完全自動運転(システムが特定条件下で全ての運転タスクを実行。ドライバーは関与しない)
  • レベル5:完全自動運転(常にシステムが運転タスクを実行。条件が限定されない)
アップルカー

こういった自動運転については、多くの自動車メーカーが取り組んでいるものの、現時点ではレベル4を達成することが非常に難しく、一部自動車メーカーでは方針を再考するとも報じられていて、フォルクスワーゲングループについても「実現を疑問視し始めた」という報道がなされたばかり。

自動車メーカーとしては「自動運転こそが自動車の未来」だと信じて疑わない傾向にありますが、ソリッドステートバッテリー、そして空飛ぶクルマ同様に「実現するといわれつつ、いつまで経っても実現しない技術」という気がしないでもありません。

アップルカーは2025年登場、完全自動運転でハンドルやペダルすら持たない?乗員が向かい合って座るラウンジのようなスタイルに
アップルカーは2025年登場、完全自動運転でハンドルやペダルすら持たない?乗員が向かい合って座るラウンジのようなスタイルに

| それだけさまざまな可能性が検討されているからだと思われるが、アップルカーに関する報道はどれが本当なのかわからない |この記事のもくじ| それだけさまざまな可能性が検討されているからだと思われるが、 ...

続きを見る

アップルカーは実現したとしても1000万円以上

アップルに話を戻すと、この自律走行技術パッケージの中心にあるのは、コードネーム「Denali(デナリ)」と呼ばれる自社開発のオンボードコンピューターシステムだとされ、このプロセッサは、(これ一つで)アップルの最高級チップ4つを合わせた性能に匹敵すると言われており、すでに生産可能な段階にあるとも報じられています。

アップルはこのチップにカメラ、レーダー、LiDARを組み合わせることで自動運転を実現することを計画していますが、さらには人工知能処理を行うクラウドベースのコンポーネントも使用することになり、ホスティングにはAmazon ウエブサービスを使用するという具体的な情報も。

ただ、大きな問題として残っているのはその「車体」で、もちろんアップルはこれを製造する技術を持たないために提携先を探す必要があり、これが現在まだ決まっていないもよう(フォックスコンやマグナ・シュタイヤーが有力だとされている)。

アップルと日産がアップルカーについて提携交渉
「結局、アップルに興味を持つ会社は1社もなかった」。アップルはどこからも見放され、やむなく自社でアップルカーの開発を行うことにしたとの報道

| やはりアップルの要求はあまりに「アップル寄り」に過ぎたのかもしれない |この記事のもくじ| やはりアップルの要求はあまりに「アップル寄り」に過ぎたのかもしれない |アップルカーが発売されるにしても ...

続きを見る

よってまだ車体デザインも確定しておらず、しかし非常に高レベルのテクノロジーが投入されることで高価なクルマとなるのは間違いなく、テスラ・モデルSUVやメルセデス・ベンツEQS同様と同じプライスゾーンへと投入されると言われ、その価格は1,000万円~1,500万円くらいになる、という報道も見られます。

あわせて読みたい、アップルカー関連投稿

アップルの特許をベースにしたアップルカー(iCar)の予想レンダリングが登場。ピラーレス、コーチドア、回転式シートなど多数が反映される
アップルカーは将来的にテスラの脅威に?「アップルカーが発売されたら買う」と答えた人は26%、アップルブランドに対する忠誠心はテスラの倍

| ただし問題はその価格であり、おそらくはかんたんに買える価格にはならないだろう |この記事のもくじ| ただし問題はその価格であり、おそらくはかんたんに買える価格にはならないだろう |さらには一般向け ...

続きを見る

アップルカーはこうなる?人気ユーチューバーが大胆予想。やはり利益率の高いラグジュアリーセグメントへの参入となる可能性が大
アップルカー(iCar)はこうなる?人気ユーチューバーが大胆予想。やはり利益率の高いラグジュアリーセグメントへの参入となる可能性が大

| アップルはおそらく普及価格帯にて大量にアップルカーを販売する気はないだろう |この記事のもくじ| アップルはおそらく普及価格帯にて大量にアップルカーを販売する気はないだろう |ハードウエアのアップ ...

続きを見る

アップルの特許をベースにしたアップルカー(iCar)の予想レンダリングが登場。ピラーレス、コーチドア、回転式シートなど多数が反映される
アップルの特許をベースにしたアップルカー(iCar)の予想レンダリングが登場。ピラーレス、コーチドア、回転式シートなど多数が反映される

| アップルカーのウワサは数多くあれど、アップルカーの(最近の)予想レンダリングはほとんど存在しない |この記事のもくじ| アップルカーのウワサは数多くあれど、アップルカーの(最近の)予想レンダリング ...

続きを見る

参照:Bloomberg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車, ■カメラやガジェットなど
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5