ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど ■自動車各社業績/ランキング/記録等

コロナ禍にて4月の自動車販売53%減の米国。統計史上はじめて「トラックの販売が乗用車を上回る」。危機意識からヘビーデューティーな車が人気化?

投稿日:2020/05/07 更新日:

| いろいろなことが「常識を超えて」推移する |

ford-f-150

さて、コロナウイルスの影響にて販売が半減(53%減)したと伝えられる4月の米国自動車販売ですが、そんな中でもっとも売れた車種は「トラック」とのこと。

なお、トラックが首位を獲得するのは史上初めてだそうで、トラックの販売台数は186,000台を記録した、とのこと(乗用車セグメントは169,000台)。

参考までに、フルサイズピックアップに限ってはGM、フォード、FCA(フィアット・クライスラー)の3社で40%を占めるとのことで、各自動車メーカーによって明暗が分かれたようですね。

この「トラックが売れた」理由については述べられていないものの、推測するにその理由は2つあると思われ、ひとつは「トラックが比較的売れる郊外では、コロナの影響そして規制による販売減少が小さかった(都市部ほど影響が大きい)」こと、そしてもうひとつは「銃が売れたのと同様に、自衛的な理由から、よりへビーデューティーなトラックが好まれた」ことがあるんじゃないかと考えています。※アメリカではトラックの在庫が底をつくほどの状況らしい

アメリカはそこまで落ち込んでない

なお、乗用車セグメントの169,000台というのはこの20年でもっとも低い数字だそうですが、これは4月の自動車販売が「第二次大戦終了直後の1946年よりも低い」数値となった英国、98%減となったイタリア、新車販売ゼロだったブラジルに比較するとかなり「ましな」数字。

コロナ禍にて4月の北米ではトヨタ-54%、マツダ-45%。ブラジルは新車販売がゼロ、英国では第二次大戦終了後の1946年よりも低い水準に

| 日本はそこまで悪くないようには思われるが |この記事のもくじ| 日本はそこまで悪くないようには思われるが |北米での中古相場は依然として価格が低い水準世界の自動車販売状況はこうなっているこんな記事 ...

続きを見る

ちなみに4月は3月に比べると37%減であったそうですが、各セグメントをあわせた新車販売台数の約620,000台はこれまでのワーストである2009年の655,000台よりも低い(統計史上最悪の)数字となるようですね。

ただ、今回のコロナウイルスの一件で各自動車メーカーやディーラーも自動車販売方法を見直すことになり、オンラインでの販売、そしてインセンティブの強化、さらにはローンやリース金利の「ゼロ」化など様々な対策が取られており、これらは「コロナ後」も一定期間は続くことになるのかもしれません。

アストンマーティン
ついにアストンマーティンが「コロナの影響で」100万円以上値引き開始との報道。加えて数年単位でリース利率”ゼロ”を打ち出す高級車メーカーも

| 北米ではベントレー、ランボルギーニがリース利率ゼロ、ポルシェは支払猶予といった対策も |この記事のもくじ| 北米ではベントレー、ランボルギーニがリース利率ゼロ、ポルシェは支払猶予といった対策も | ...

続きを見る

自動車メーカー各社も「正常化」

そして各自動車メーカーも徐々に通常運転へと戻りつつあり、いち早く操業を停止した欧州の自動車メーカーの多く(フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、メルセデス・ベンツなど)は5月4日より工場操業を再開。

北米でも徐々に正常化が進められているとのことで、中国でもすでにほぼ「元どおり」。

「コロナ後」の中国。自動車ディーラーは99%が営業再開、客入りは66%まで回復。なおルイ・ヴィトンは反動で前年比150%に

| 意外と経済はすぐに元どおりになるのかもしれない |この記事のもくじ| 意外と経済はすぐに元どおりになるのかもしれない |自動車ディーラーは「ほぼ」営業を再開中国ではテスラが大人気こんな記事も読まれ ...

続きを見る

日本はまだまだ先の見えない状況ではあるものの、現在はやや「落ち着いた」という印象もあり、この状態が続けば比較的早いうちに「規制解除」となるかもしれませんね。

VIA:Bloomberg

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど, ■自動車各社業績/ランキング/記録等

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5