ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

EV先進国、ノルウェーの船舶会社は「EVの火災」を理由に今後EV、ハイブリッド、PHEVなど電動化車両を船に載せないと発表

投稿日:

テスラ

| 問題は「EVが燃える」のではなく「燃えた場合、その船の消火能力では対処できない」ため |

今後、世界各地で同様の問題が登場するかもしれない

さて、ノルウェーの船舶会社、ハビラ・クリストルテン(Havila Krystruten)社が外部調査の結果を受け、今後は電気自動車や電動化車両を船に乗せない、と発表して各方面を驚かせることに。

同社は同航路で主に旅客や物資を輸送していますが、今後は内燃機関を搭載した自家用車のみを輸送するとしており、EHやPHEV、ハイブリッドカーを載せないという理由はもちろん「火災の可能性があるから」。

やはり直接の原因はフェリシティエースか

なお、ハビラ・クリストルテン社が外部調査を行うに至った理由は明らかではなく、しかし最近大西洋で起きたェリシティ・エース号の火災がひとつの契機であると推測されており、そして(フェリシティ・エースの)火災の原因は特定されていないものの、船内にはバッテリーを搭載した車両が積まれていて、それが火災の原因だったのではないかというのが現時点での通説です。

VWグループの新車4000台を載せた貨物フェリー火災がようやく鎮火。ポルシェ、アウディ、ベントレー、ランボルギーニも積まれており、被害総額は最小でも323億円
VWグループの新車4000台を載せた貨物フェリー火災がようやく鎮火。ポルシェ、アウディ、ベントレー、ランボルギーニも積まれており、被害総額は最小でも323億円

| 現在は鎮火するもさらに船舶は漂流中。もう少し状況が落ち着けば曳航も可能だというが |この記事のもくじ| 現在は鎮火するもさらに船舶は漂流中。もう少し状況が落ち着けば曳航も可能だというが |4000 ...

続きを見る

そして今回の外部調査によると、電気自動車はガソリン車よりもよりも頻繁に火災を起こすことがレポートに記されているといい、しかしハビラ・クリストルテン社によれば、問題となるのは火災の頻度ではなく、同社の船舶の消火能力なのだそう。

実際のところ、ハビラ・クリストルテン社のベント・マルティニ氏は「これは純粋な安全性評価であり、リスク分析の結論によれば、化石燃料の自動車で起こりうる火災は、我々が乗船しているシステムと乗組員によって対処できることを示しています。ただし、電気自動車、ハイブリッド車、水素自動車で起こりうる火災は、外部からの救助活動が必要となり、船上の人々や船舶を危険にさらす可能性があるのです」。

実際のところ、EVが発火しやすいかどうかは別として、いったん発火するとその炎の勢いが凄まじく、消火・鎮火が非常に難しいと報じられることもあるもよう。

フォルクスワーゲンID3が炎上

米にて納車されて1週間のテスラ・モデルSが炎上!消火に45,425リットルの水を要し、これはガソリン車の24倍、消防車にして6台分
米にて納車されて1週間のテスラ・モデルSが炎上!消火に45,425リットルの水を要し、これはガソリン車の24倍、消防車にして6台分

| EVがガソリン車に比較してよく燃えるのかどうかは意見が分かれるところだが、消火に手間がかかるのは間違いない |この記事のもくじ| EVがガソリン車に比較してよく燃えるのかどうかは意見が分かれるとこ ...

続きを見る

EV大国ノルウェーでは大きな注目を集めることに

なお、上述のとおり、この船舶会社はノルウェー籍であり、そしてノルウェーは世界最大の電気自動車消費国であるだけに今回の発表は大きな注目を集めているもよう。

このハビラ・クリストルテン社は貨物の輸送のみならず「旅客船」としての運行も行っており、つまり個人自動車ユーザーが自身のクルマを同社のフェリーに乗せて移動することもあるわけですが、今後はそれが「できない」ということを意味します。

そしてノルウェーというと、2022年に同国で販売された全車両の80%以上が完全なピュアEVだったほどEVの普及が進んでおり、一部の人々にとっては「非常に困った」ことになるのかもしれません。

実際のところ、海岸沿いに住む人々や旅行者にとってこの問題は小さくないといい、ハビラ・クリストルテン社は将来的に電気自動車やハイブリッド車の輸送リスクを最小限に抑える方法を検討するともコメントしていて、同様の航路を運行するもうひとつ(ハビラ・クリストルテン社を除くと唯一)の海運会社であるフッティルーテン社は”動力源に関係なく、今後も自家用車を船で輸送する”とコメントを出し、こちらはライバルがカバーできない需要を取り込む意向を示しているようですね。

合わせて読みたい、EVの火災関連投稿

中国にてEVの火災が増加。保険料はガソリン車よりも20%高く、各社とも激化する競争に対応するため開発期間を短縮し発売を急いだことが原因か
中国にてEVの火災が増加。保険料はガソリン車よりも20%高く、各社とも激化する競争に対応するため開発期間を短縮し発売を急いだことが原因か

| 中国だけではなく、世界中で同様の問題が起こりうる |この記事のもくじ| 中国だけではなく、世界中で同様の問題が起こりうる |やはり急激なEVシフトは様々なひずみを生むようだ保険料の高さは「修理コス ...

続きを見る

ポルシェ・タイカンのメーター
EVの火災発生率はガソリン車の2倍!かつEVは深刻かつ大規模リコールが多く、メーカーに大きなダメージを与えている模様。消費者にとっては車両コスト高、任意保険高騰など負担増か

| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車メーカーを苦しめ、社会的にも大きな問題を引き起こす可能性がありそうだ |この記事のもくじ| このまま「未体験ゾーン」へと一気に踏み込むと、自動車 ...

続きを見る

【動画】3週間廃車置場に放置していたテスラが突如燃える!EVはガソリン車と違い「乗ってなくても燃える」「燃えると消火が難しい」のが問題だ
【動画】3週間廃車置場に放置していたテスラが突如燃える!EVはガソリン車と違い「乗ってなくても燃える」「燃えると消火が難しい」のが問題だ

| さらには特殊な消化方法が必要となり、消化にかかる手間と時間もガソリン車とは大きく異る |この記事のもくじ| さらには特殊な消化方法が必要となり、消化にかかる手間と時間もガソリン車とは大きく異る | ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5