ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■近況について

世界文化遺産、京都 醍醐寺の秋期夜間拝観へ!一部貸し切り、特別な夜と紅葉を堪能してきた

投稿日:2022/11/23 更新日:

世界文化遺産、京都 醍醐寺の秋期夜間拝観へ!一部貸し切り、特別な夜と紅葉を堪能してきた

| 通常ではなかなかできない、まさに特別な体験だった |

ここまで間近に紅葉を見ることは実際にそうそうない

さて、世界文化遺産、京都の醍醐寺へと紅葉を見に行ってきたのでその様子を紹介したいと思います。

なお、今回の秋期夜間拝観は春先の特別拝観同様に(ぼくがフェラーリ296GTBを購入した)オートカヴァリーノさん、そしてその母体の(以前にアウディTTを購入した)G LIONさんが招待してくださったもの。

京都・醍醐寺へ満開の桜を愛でに行ってきた!フェラーリを発注したオートカヴァリーノさんの計らいにて特別な体験をさせていただくことに
京都・醍醐寺へ満開の桜を愛でに行ってきた!フェラーリを発注したオートカヴァリーノさんの計らいにて特別な体験をさせていただくことに

| スーパーカーに乗るようになって開かれた「新しい世界」はとても魅力的だ |この記事のもくじ| スーパーカーに乗るようになって開かれた「新しい世界」はとても魅力的だ |醍醐寺では心が洗われるような気持 ...

続きを見る

ぼくはけっこう出不精なので、こういった招待をいただかないと混雑するような観光地に自ら出かけてゆくことはなく(ただ、呼ばれるとどこへでも出かけてゆく)、こういった場を用意してくださったオートカヴァリーノさん、G LIONさんには感謝です。

なかなかここまで間近に紅葉を見ることはない

ちなみにぼくは大阪の中でも紅葉で有名な北摂に住んでいるのですが、北摂の紅葉と醍醐寺の紅葉は全く違っていて、どう違っているのかというとそれは「苔」。

L1500023

北摂の場合はあまりこういった苔はなく(苔むしているところもあるとは思う)、舗装された道路の脇に紅葉が生えていたりして、情緒がちょっと違うわけですね(さすがは世界文化遺産)。

こういった緑との対比が非常に美しく、「いいものを見せてもらった」という印象です。

L1500053

ちなみにこういった苔が非常に珍しい国もあるようで、苔と落ち葉ばかり、つまり上ではなく下を向いて写真を撮る外国人が多かったのが印象的。

そしてもうひとつの違いは「高さ」で、醍醐寺の場合は目線に近い高さに紅葉が位置しているように思います(ぼくの住んでいる地域の紅葉は、下の枝がカットされているので、紅葉の位置がかなり高い)。

L1500057

こちらは総門で・・・。

L1500011

小路を歩いてゆくと両側に紅葉。

L1500012

一口に紅葉といっても様々な種類があり、黄色っぽいものや・・・。

L1500014

真っ赤なものも。

L1500019

金堂、そして観音堂とその前にある池。

L1500027

そしてこちらは夜バージョン。

L1500131

ライトアップによって紅葉が透けるように輝き・・・。

L1500166

水面には紅葉が反射。

L1500155

なお、醍醐寺内を移動するのにはけっこうな距離があり、よって一部G LIONさんが(長距離の移動を気遣い)ハイヤーを用意してくださるという「いたれりつくせり」の内容で、さすがは迎賓事業部(すごい名称だな・・・)を持つだけあるグループだと感心させられます。

L1500141

醍醐寺内 三宝院は貸し切りに

そして金堂、観音堂から場所を移し、三宝院へ。

醍醐寺内にある三宝院はなんと今回のイベントのために「貸し切り」となっていて、ふだん入れないようなところにも入れていただき、貴重な体験をさせていただくことに(歴史が好きな人だと狂喜乱舞すると思う)。

L1500096

このイベントについて、開催場所が場所だけに「女性は着物着用」というドレスコードがあったのですが、G LIONさんでは着物も貸してくださるという万全の準備を整えていただき、しかも寒さに備えてカイロまでもを用意してくださるというありがたさ。

L1500077

ちなみに三宝院は非常に広く、どこに何があるのか全く把握できないほどですが(入り組んだ迷路のようにも思える)、これは建築当時、侵入者に備え、あえて様々な位置関係を把握しにくいようにしていたのかもしれない、と考えたりします(ギリシアの街並みは一部、そうやってつくられていると聞いたことがある)。

L1500102

あちこちに非常に貴重な文化財らしきものが(さりげなく)展示されていますが、醍醐寺全体では合計7万5000点に及ぶ文化財を収蔵しているのだそう。

L1500106

この見事な庭を見つつプロのカメラマンの方による撮影もあり、普通に生活していると、とうてい体験できないような貴重な催しも用意され、非常に満足度の高いイベントであったと思います。

L1500097

その後は僧侶の方からありがたいお話をいただき(自分の中に潜む悪しき心に対する考え方は参考になった。改めて清く正しく生きようと思った)、これもまた通常ではできない貴重な体験でもありますね。

L1500104

さらにその後は美味しい京料理をいただくというおまけつき。

L1500124

ちなみに三宝印の昼間はこんな感じ。

L1500079

まだフェラーリを1台注文しただけで(手付を支払ったのみで)残金も払っておらず、納車もなされていない状態なので、ここまでしていただくのは誠に恐縮ではありますが、様々な準備をいただき、丁寧かつ親切に対応いただいたG LIONさん、オートカヴァリーノの皆様には大変感謝です。

L1500028

その他の画像はFacebookページのアルバム「京都 醍醐寺」に保存中(164枚)。

京都 醍醐寺 夜間特別拝観を収めた動画はこちら

あわせて読みたい、関連投稿

りんくう芸術花火へと行ってきた!ここまで間近で花火を見たのはさすがにはじめて【動画】
りんくう芸術花火へと行ってきた!ここまで間近で花火を見たのはさすがにはじめて【動画】

| 久々に花火大会に行ったが、その音と迫力にはやはり圧倒される |この記事のもくじ| 久々に花火大会に行ったが、その音と迫力にはやはり圧倒される |来場者は2万人、参加する花火会社は21社、およそ45 ...

続きを見る

フェラーリ
フェラーリの顧客限定イベント「Grazie di cuore! Da Auto Cavalino」へ行ってきた!はじめて見た296GTBのV6エンジン単体は思ったよりもコンパクト

| 想像していたよりもフェラーリ密度の濃いイベントだった |この記事のもくじ| 想像していたよりもフェラーリ密度の濃いイベントだった |主催はフェラーリ正規ディーラー、オートカヴァリーノさん会場はフェ ...

続きを見る

バカラ直営バー「B Bar」へ行ってきた!ボクはバカラのグラスは飲み物の繊細な味を引き出すことができる魔法の器だと考えている
バカラ直営バー「B Bar」へ行ってきた!ボクはバカラのグラスは飲み物の繊細な味を引き出すことができる魔法の器だと考えている

| 同じ飲み物であっても、バカラのグラスで飲むと何かが違うように思えてくる |この記事のもくじ| 同じ飲み物であっても、バカラのグラスで飲むと何かが違うように思えてくる |B Barはバカラのグラスの ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■近況について
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5