ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

ボクが「過小評価されすぎ」と考えるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークが中古市場に。もっとも美しいワゴンなるも相場は低空飛行

投稿日:2022/07/05 更新日:

ボクが「過小評価されすぎ」と考えるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークが中古市場に。もっとも美しいワゴンなるも相場は低空飛行

| このヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークはヴァンキッシュ・ザガート4兄弟の中ではもっとも美しいボディを持つと考えている |

自然吸気V12エンジン搭載ということを考慮しても、もっと高値で取引されてもいいはずだ

さて、アストンマーティンは2016年に「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズを発表しており、これにはクーペ、ヴォランテ(オープン)、スピードスター、シューティングブレークの4つのバリエーションが存在します。

この内もっとも生産台数が少ないのがスピードスターの28台で、のこりの3モデルはそれぞれ99台が限定にて生産されていますが、今回その99台のヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークのうちの一台が中古市場へと登場することに。

【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラーでコンプリートした男が登場!

超限定モデルを4台も手に入れた人物がいたとは アストンマーティンはザガートとのコラボレーションによって「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズを発表していますが、これはそれぞれ数量が厳しく制限される「限定 ...

続きを見る

このヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークのボディカラーはエスケープ・ホワイト

このストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークのボディカラーはエスケープ・ホワイトと呼ばれる美しいカラーで(パールホワイトのように見える)、ルーフ、フロントスプリッター、サイドスカート、リアディフューザーなどは織り目の見えるエクスポーズド・カーボンファイバー仕上げ。

アクセントカラーにはゴールドが用いられ、ホワイトのボディカラーと相まってなんともエレガントな雰囲気を醸し出しています。

ホイール(20インチ)もまたゴールドをアクセントに用いたエキゾチックなデザインを持ち、装着されるタイヤは255/35、リア305/30(ピレリPゼロ)。

そしてこのヴァンキッシュ・ザガートの真骨頂はそのディティールにあると考えていて、たとえばウインカーはサイドスカットルのフィンに内蔵されていたり・・・。

乗用車のテールランプとしてはとんでもなくコストが掛かっていそうなテールランプなど。

ちなみにアストンマーティンは「ヴァルカン」などテールランプにこだわることが多いようですね(これが他社のハイパーカーにも影響を与えることになったのだとも考えている)。

ちなみにこのヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークには30,630ドルのヴィラ・デステ・パックのほか多数のオプションが取り付けられている、とのこと。

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、 ...

続きを見る

搭載されるエンジンは自然吸気V12、最高出力は580馬力 / 630Nm、トランスミッションは8速オートマチック、駆動輪はもちろん後輪のみ。

アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークのインテリアは「重厚」

そしてこのヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークのインテリアはややクラシカル、そして重厚な味わい(ベースモデルの設計年次がそのまま現れている)。

内装カラーはピュアブラック、そしてそこにゴールドのアクセントが採用されています。

ヘッドルームは「極小」であり、この美しいプロポーションを実現するために室内空間を犠牲にしたこともわかりますね。

シートやドアインナーパネルには「Z」ロゴが刺繍によって再現。

このヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークの走行距離はわずか1,015kmにとどまり、ほぼ新車に近いコンディションを持っていて、販売価格は919,776(日本円で1億3000万円くらい)に設定されています。

ちなみにヴァンキッシュ・ザガート・シリーズは新車販売時に「一瞬で」売り切れてしまい、その後中古市場にて高値をつけるとかと思いきや、意外と価格が上がらず、場合によっては新車価格の半分にて落札された例も。

もっともレアなヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターでさえ1億円を割っており、その状況を考慮すると、今回のヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークの1億3000万円という値付けはちょっと高すぎるかもしれません。

ちなみにぼくはヴァンキッシュ・ザガート・シリーズではこのシューティングブレークが最も美しいと考えており、個人的には「もっと高値で取引されてもいいのでは」とは考えています(自然吸気V12エンジン搭載ということを考慮しても、現在の相場は過小評価されすぎだともいえる)。

合わせて読みたい、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート関連投稿

限定99台、当時は即完売したアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートが競売にて「新車価格のわずか半分」までしか上がらず流札。いったいなぜ?

| 現在の「完売」はもはや実需を表しておらず”バブル”と言っていい |この記事のもくじ| 現在の「完売」はもはや実需を表しておらず”バブル”と言っていい |新車価格は約8000万円アストンマーティンは ...

続きを見る

わずか28台限定、アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスターが1億2700万円で販売中!ただしクーペ版が「新車価格の半分」でしか落札されなかったことを考えると高すぎる値付け?
わずか28台限定、アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスターが1億2700万円で販売中!ただしクーペ版が「新車価格の半分」でしか落札されなかったことを考えると高すぎる値付け?

さて、限定28台、その価格1億7000万円と言われたアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート スピードスターが中古市場に登場。この「ヴァンキッシュ ザガート」シリーズは「クーペ、ヴォランテ(オープ ...

続きを見る

参照:Bring A Trailer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5