ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >アウディ(Audi) >アルファロメオ/アバルト/フィアット >ブガッティ >ベントレー(Bentley) >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG) >ランボルギーニ

ステファン・ヴィンケルマン氏、アウディスポーツからブガッティへ。着実にグループ内での地位を確固たるものに

投稿日:2017/09/02 更新日:

英国AUTOCARによると、現アウディスポーツCEO、ステファン(シュテファン)・ヴィンケルマン氏がブガッティのCEOに就任する、とのこと。
ステファン・ヴィンケルマン氏はランボルギーニを10年率いた後、2016年にアウディスポーツへと移籍したばかり。
なおフォルクスワーゲン・アウディグループでは10年をひとつの任期の目処と見ているようで、10年経つとグループ内の別部門へと異動することが多いようです(ランボルギーニに在籍していたデザイナー、フィリッポ・ペリーニ氏も10年ランボルギーニにて務めた後にイタルデザインへ)。

現在ブガッティのCEOを務めるのはウルフギャング・デュラハイマー氏(かつてはアウディ、その前はポルシェ)ですが、現在同氏はブガッティCEOとベントレーCEOとを兼任。
今回ベントレーについてはCEOを退いて会長職に収まると言われており、となるとステファン・ヴィンケルマン氏はディラハイマーCEOの後任としてブガッティ、ベントレー両方のCEOを務めることになりそうですね。

おそらく異動は年末だと言われますが、ヴィンケルマン氏はアウディスポーツで「やりのことしたこと」、つまり後輪駆動のR8、RS4アバントの発表までを行う模様。
その後任としてはアウディ・チャイナのセールス部門の責任者、Michael-Julius Renz氏が着任すると報じられています。

ステファン・ヴィンケルマン氏は1964年10月生まれ。
イタリア(ローマ)育ちのドイツ人(ベルリン生まれ)という、フォルクスワーゲン・アウディグループにぴったりの人材で、とくにランボルギーニとはマッチングがよく、イタリアンスーパーカーにドイツ車の信頼性を持たせることで大きな成長を実現した人物。
その功績が評価され、イタリア政府から2010年にグランドオフィサー、2014年にはイタリア最高位となるグランドクロス勲章を授与される(イタリア軍中尉の階級も持っている)など内外において評価の高いビジネスマンでもあります。

自動車業界のキャリアは1992年のメルセデス・ベンツが最初で、その後1994年から2004年までフィアット・アルファロメオにて経験を積み、2005年からフォルクスワーゲン・アウディグループへと移った後、2016年までランボルギーニのCEOへ。
その後2016年には同じグループ内のアウディスポーツ(旧クワトロ社。移籍後早々に名称を変更した)へと異動、というのがこれまでの流れとなっています。

フォルクスワーゲン・アウディグループにとって非常に重要なブランドを任せられ、そして実績を出し、それが評価されているという点においては「グループ内の最重要人物」であることには間違いなく、今後グループ全体の要職に就くことも間違いなさそうですね。

関連投稿
前ランボルギーニCEOが指揮を執る、新生「アウディスポーツ(旧クワトロ)」。今後18ヶ月で8つの新型車を投入
ステファン・ヴィンケルマンCEOはヤル気だ。アウディは「RS」よりも過激なモデルを設定か
ランボルギーニCEOステファン・ヴィンケルマン語る。「我々はNAエンジンにこだわる」
スーパーカーメーカーのCEOが異動することが多かった2016年。2017年は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >アウディ(Audi), >アルファロメオ/アバルト/フィアット, >ブガッティ, >ベントレー(Bentley), >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG), >ランボルギーニ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5