ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ベントレー(Bentley)

ベントレーが世界限定12台のみの「バカラル」の生産を終えたと発表!それぞれが固有の仕様を持ち、中には「もみがら灰を混ぜたボディカラー」「5000年前の木を使用した内装」も

投稿日:

ベントレーが世界限定12台のみの「バカラル」の生産を終えたと発表!それぞれが固有の仕様を持ち、中には「もみがら灰を混ぜたボディカラー」「5000年前の木を使用した内装」も

| ベントレーはもともと無限に近いカスタム性を誇り、「法律と想像力の限界」でしかそれを制限できない |

特にその内装は自動車業界でもっとも高い自由度を持っているとも考えられる

さて、ベントレーが12台限定にて生産されるハンドメイドの限定車「バカラル」の生産について最終工程を迎えたと発表。

すでに8台は納車され、4台は納車に向けて最後の準備がなされているそうですが、バカラルの生産には1台あたり6ヶ月を要し、そしてもちろん1台1台が固有の、かつオーナーの要望に沿った仕様を持つため、その仕様の決定に至るまでにも長い時間がかかっていると考えて良さそうですね。

これが1台2.2億、12台限定(完売済)のベントレー・バカラルのエンジン音だ
【動画】これが1台2.2億、12台限定(完売済)のベントレー・バカラルのエンジン音だ!輸送のためにトラックへ積み込む様子が目撃される

| ベントレーは今後、「バカラル」のような超限定車をいくつかリリースすると言われるが |この記事のもくじ| ベントレーは今後、「バカラル」のような超限定車をいくつかリリースすると言われるが |一方、「 ...

続きを見る

バカラルを生産するのはベントレーのカスタム車両生産部門「マリナー」

なお、このバカラルの生産を行うのはベントレーのコーチビルディング部門「マリナー」。

マリナーはもともと独立した、そして世界最古のコーチビルダーであったのですが、ベントレーに買収される形でベントレー傘下に入り(実はマリナーのほうがベントレーよりも歴史が古い)、その後はベントレーの特別仕様車やワンオフモデルの製作を行っています。

そしてこのマリナーは、今回のバカラルの生産が終了したのち、別のプロジェクトに向けて動き出すともコメントしており、こちらは「間もなく」公開されるというので、別途楽しみに待ちたいと思います。

Bentley-Bacalar (2)

バカラルは「目の肥えたお客様」を対象に

このバカラルはコンチネンタルGTCをベースにするものの、内外装はほぼ完全に作り変えられており、ターゲットは「極小数の、目が肥えたお客様」。

発表と同時に(もしくはその前に)完売となっていますが、さすがにそういった顧客だけあって「どのような細部にいたるまで」顧客の指定するスペックによってデザインされ、ボディカラー一つとっても「同じ色は2台と存在しない」のだそう。

オープントップのボディワークはカーボンファイバー製、そしてホイールは22インチサイズで、3種類の仕上げ(ポリッシュ仕上げのフェイス、ダークグレーのサテンスポーク、アクセントカラーによるハイライト)が用いられています。

ベントレーが12台限定、2.2億円の「バカラル」納車準備を開始
ベントレーが12台限定、2.2億円の「バカラル」納車準備を開始!ホイールの塗装にかかるのは1本1週間、どうりで価格が高いわけだ・・・

| バカラルの仕上げはほぼ手作業、750個ものパーツが専用に設計・製造される |この記事のもくじ| バカラルの仕上げはほぼ手作業、750個ものパーツが専用に設計・製造される |ベントレー・バカラルはこ ...

続きを見る

なお、ボディカラーだと「籾殻灰」を混ぜたイエローフレームから、ベントレー伝統のモスグリーンなどが存在しますが、こちらのバカラルの外板色は「サンセットレンジ」。

ヘッドライトのインナーにもサンセットオレンジが使用され、その周囲はグロスブラック、フロントフード上のエアベントはサテン仕上げのカーボンファイバー。

Bentley-Bacalar (3)

さらにはドアミラーの一部、リアだとシート後方のパワーハンプにも同様の仕上げが用いられています。

ちなみにエキゾーストパイプは「ブラック仕上げ」ですが、アウターはグロスブラック、インナーはマットブラックにペイントされている、とのこと。

Bentley-Bacalar (4)

このほか、ウインドウサラウンドやドアハンドルの内側にもグロスブラックが使用されているようですね。

Bentley-Bacalar (6)

バカラルのインテリアにはエクステリア以上のこだわりが反映される

そしてベントレーのクルマはもともと「世界一美しいインテリアを持つ」と評されることも多く、そしてこのバカラルではさらに美しさが加速しています。

サンセットオレンジのエクステリアカラーを持つバカラルのインテリアに用いられるのは「ホワイト、ブラック、マンダリンオレンジ」。

Bentley-Bacalar (8)

外装同様にサテン仕上げのカーボンファイバー(部位によってはグロス仕上げ)を使用しつつ、アルカンターラ、ブラック、ダークティント、ブライトクロームのグロス/サテン仕上げのメタルパーツなどを使用しており、インテリアのすべてのパネルとディテールは顧客の好みに応じて指定されている、とのこと。

Bentley-Bacalar (5)

そのほか新しくマリナーのスタッフが開発したパイピング、ドアに沿ったハンドクロスステッチなど細部に至るまでこだわりが満載され、さらにはローテイティングディスプレイのアナログクロック文字盤には「バカラル・ブルー」、カーペットには「ダイヤモンド・カーブド」パターン。

Bentley-Bacalar (7)

加えて、コンセプトカーである「EXP100 GT」にて採用された、持続可能で倫理的な方法(動物や環境を必要以上に苦しめない)で調達された素材も大量に投入され、天然の英国産羊毛、イースト・アングリアの古代フェンランドから調達した5,000年前のリバーウッドといった素材も使用されている、とのこと。

ベントレーのコンセプトカー、EXP100
ベントレーが「2035年モデル」を意識したEXP100GT発表。これが富裕層に向けた「我々が本当に作りたかったクルマ」だ

| その外観、根底にある思想はまぎれもないベントレー | ベントレーが、先日より予告していた新型コンセプトカー「EXP100GT」を公開。ベントレーによると「未来のベントレー、具体的には2035年モデ ...

続きを見る

ベントレーいわく、すべてのベントレーは「スタンダード」モデルでさえ、文字通り何十億通りもの仕様をチョイスでき、マリナーになるとそのデザインプロセスはさらに進化し、素材、カラー、仕上げの組み合わせは「無限に」まで広がる、とのこと。

これを制限するのは「オーナーが登録する国や地域の法律と、顧客のイマジネーションの限界」のみだといい、これから発表される新しいマリナーの限定シリーズも同様となるようですね。

合わせて読みたい、ベントレー関連投稿

ベントレーが1920年代のスピードシックスを12台のみ復刻!価格は非公開なるもすべての個体には買い手がついているようだ
ベントレーが1920年代のスピードシックスを12台のみ復刻!価格は非公開なるもすべての個体には買い手がついているようだ

| ベントレーは過去にも「ブロワー」を復刻済み、今回はクラシックモデルの復刻第二弾 |この記事のもくじ| ベントレーは過去にも「ブロワー」を復刻済み、今回はクラシックモデルの復刻第二弾 |ベントレーは ...

続きを見る

ベントレーが「使ったプラスチックと同じ分のプラスチックをリサイクルする」ことで企業としてはじめて「ネットゼロ」認定を受ける
ベントレーが「使ったプラスチックと同じ分のプラスチックをリサイクルする」ことで企業としてはじめて「ネットゼロ」認定を受ける

| ベントレーは以前から環境に対して非常に意識の高い自動車メーカーだった |この記事のもくじ| ベントレーは以前から環境に対して非常に意識の高い自動車メーカーだった |ただしそれが「顧客の求めるもの」 ...

続きを見る

植林流行っとるん?ブガッティに続き、ベントレーも「木を植えた」と発表

| 自動車メーカーは「環境破壊者」としての批判をかわす必要がある? |この記事のもくじ| 自動車メーカーは「環境破壊者」としての批判をかわす必要がある? |植林によってある程度は批判をかわせるかこんな ...

続きを見る

参照:Bentley

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ベントレー(Bentley)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5