ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イギリス車

ケータハムが「公道も走れるけどサーキット走行専用」な420カップ発売!フロントウインドウなし、シーケンシャルMT装備、減衰力調整式ダンパーを標準装備

投稿日:2022/05/27 更新日:

ケータハムが「公道も走れるけどサーキット走行専用」な420カップ発売!フロントウインドウなし、シーケンシャルMT装備、減衰力調整式ダンパーを標準装備

| ここまでくればもう本当にレーシングカー |

そもそも乗降が非常に難しそうだ

さて、もともとサーキット走行に特化したクルマのように思えるケータハム・セブンですが、今回「ほぼサーキット走行専用」の新バリエーション、セブン420カップが登場。

「ほぼ」というのは一応公道も走行できるためで、しかし公道走行は「おまけ」のようなものだとされ、サーキットへの往復手段としてだけ(公道を)走行することを考えており、日常的な乗車は考慮されていないように思われます。

ケータハムはこのセブン420カップについて「これまでで最高のトラック(サーキット)デイ用セブン」だと表現しており、420Rと(レーシングカーである)セブン・チャンピオンシップとの間を埋めるクルマだと位置づけているもよう。

ケータハム・セブン420カップはこんなクルマ

そこでこのケータハム420カップがどんなクルマなのかを見てみたいと思いますが、フロントには上下デュアルエアインテーク、そして頑丈そうなロールケージとそこへ取り付けられたレーシングカースタイルのミラー、フロントガラスが無い代わりに取り付けられたディフューザー(ということは、サーキットの往復にもヘルメットを被る必要がありそうだな・・・)など。

420カップにはエイボン製ZZRまたはZZSタイヤが標準装備されていますが、オプションでZZRエクストリームを装着可能(ただしこれを選ぶと公道走行はできない)だとされ、これを選ぶとイギリスのオウルトン・パーク・サーキットでは1分45秒というラップタイムを出すことができるようですね(ケータハムによると、これはスーパーカー並みのラップタイムなのだそう)。

Caterham-Seven-420CUP (2)

ちなみにサイドの「CATERHAM」「7」「420」デカールはゴースト仕様のようにも見えますが、実は半透明のデカール(マット仕様)とのことで、これはなかなかにオシャレな仕様でもありますね。

さらには簡素なカーボンファイバー製シートやレース用のメーター等も確認できますが、オフィシャルフォトの車両に装着されるパーツのいくつかは「オプション扱い」なのだそう。

Caterham-Seven-420CUP (6)

搭載されるエンジンはフォード製の自然吸気2.0リッターデュラテック4気筒、出力は210PS/203Nm(セブン420と同じ)、しかしトランスミッションは競技用の6速シーケンシャル。

Caterham-Seven-420CUP (4)

JUN
これを公道で乗れというのか・・・!

なお、出力は420と同じであっても、420CUPではシーケンシャルトランスミッションのおかげで0-100km/h加速が420比で0.2秒短縮されて3.6秒へ向上しています(ただしケーターハムのフラッグシップモデルである620Rは驚愕の2.79秒)。

Caterham-Seven-420CUP (5)

そしてケータハムによると、ギアボックス以外での大きな変更点はビルシュタインとケータハムとの共同開発による10段階式フルアジャスタブルダンパーであり、これは工具を使わず、(減衰力につき)手で10段階の硬さを選択できる、と紹介されています。

Caterham-Seven-420CUP (3)

ケータハムによると、このセブン420カップはEUの排ガス規制に適合しないため、欧州だと英国のみ、その他だとアメリカで販売されると紹介されており、その価格は英国だと5万4990ポンド(日本円で約870万円)に設定されています。

実車の公開はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、そして納車は2023年初頭を予定している、とのこと。

合わせて読みたい、ケータハム関連投稿

え?これがケータハム・セブン?イタリアのデザインオフィスがセブンをホットロッド風にカスタムした「Super**GA」を公開。3900万円で限定生産か
え?これがケータハム・セブン?イタリアのデザインオフィスがセブンをホットロッド風にカスタムした「Super**GA」を公開。3900万円で限定生産か

| たしかに未来的でカッコいいクルマだとは思うが |この記事のもくじ| たしかに未来的でカッコいいクルマだとは思うが |実際にこのクルマを生産するのは難しいだろうその姿はある意味でSF的カメル・デザイ ...

続きを見る

ケータハムカーズ170
なんと軽自動車登録が可能!車体重量わずか440kg、スズキ製ターボエンジンを搭載したケータハム・セブン170が539万円で登場

| 金額だけを見ると高価だが、その価値やリセールを考えると高くない |この記事のもくじ| 金額だけを見ると高価だが、その価値やリセールを考えると高くない |こういったクルマの楽しみ方も悪くないその軽量 ...

続きを見る

あのケーターハムが日本の会社に!これまで輸入代理店だったVTホールデングスがケータハムの株式を取得し100%子会社化
あのケーターハムが日本の会社に!これまで輸入代理店だったVTホールデングスがケータハムの株式を取得し100%子会社化

| 「セブン」はこれまでにも経営者を変えつつ、現代まで変わらない姿で生き延びてきた |この記事のもくじ| 「セブン」はこれまでにも経営者を変えつつ、現代まで変わらない姿で生き延びてきた |法律上、ケー ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イギリス車
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5