>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールス・ロイスはなぜ「ゴースト」「スピリット」「スペクター」など異世界系の命名を行うのか?その始まりは一世紀前、「神秘的な感覚を重要視したから」

2023/11/03

ロールス・ロイスはなぜ「ゴースト」「スピリット」「スペクター」など異世界系の命名を行うのか?その始まりは一世紀前、「神秘的な感覚を重要視したから」

| 「不吉」とも思える別世界の命名を「自信をもって」行うのはロールス・ロイスくらいのものだろう |

このネーミングにはロールス・ロイスが語る真実のほか、「通説」もあるようだ

さて、ロールスロイスはゴースト、ファントム、レイス、そして最新モデルのスペクターなど、別世界(異世界)の存在にちなんだ命名を行うことが多く、今回はハロウィンにちなみ、その歴史を振り返ることに。

クルマの命名というのはそのメーカーによって様々で、メルセデス・ベンツやボルボのように「英文字と数字」の場合もあれば、ちゃんとした「名前」を持つものもあり、ポルシェのように「スポーツカーは3桁の数字、4枚以上のドアを持つモデルには名称を与える」例、そしてマクラーレンのように「英数字(720Sなど)から名前(アルトゥーラやエルバなど)」へと移行するケースも存在します。

F8zQduwXcAATYiJ

なぜロールス・ロイスは「異世界」の名を車名として与えたのか?

ロールス・ロイスにつき、20世紀初頭に神話上の存在や精霊にちなんだ車名を付け始め、その最初は「グレイ・ゴースト」なのだそう。※てっきりシルヴァーゴーストが最初だと認識していたが、どうやら異なるようだ

ちなみに「シルヴァー・ゴースト」の「シルヴァー」は車体が銀色であったことに由来すると言われていますが(当時のロールス・ロイスの試作車の多くはシルバーの外板色を持っていたようだ)、ロールス・ロイスいわく「ゴースト(幽霊)」の名を使用したのは”神秘的な感覚””幽玄なエレガンス”を表現したかったから。

参考までに、一般的な言い伝えだと「あまりにエンジン音が静かで、その存在がわからないほどであったから」「幽霊のように不滅とも言える耐久性を誇ったから」というものがあり、後者に関しては「そのエンジンを積んだ飛行機が世界で初めて大西洋無着陸横断飛行を実現した(他社のエンジンは途中で壊れるので横断できなかった)」「スペクターの耐用年数は400年を想定」といった事実がこれを裏付けているのかもしれません。

F9SJ-4WW0AAvQoz

ロールスロイスが「世界で初めて大西洋無着陸横断飛行」を成功させた自社のエンジンにちなんだレイスの限定モデル、「イーグルVIII」を発表

| 1919年の無着陸飛行において、唯一壊れなかったのはロールスロイスのエンジンだけだったという | ロールスロイスが「レイス」に50台のみの限定モデル”イーグル8(Eagle VIII)”を追加。実 ...

続きを見る

ロールス・ロイスは今も「異世界シリーズ」を継続

そしてこの「異世界」シリーズはファントム(亡霊)」「レイス(幽霊)」「シルヴァードーン(夜明け)」「シルヴァークラウド(雲)」「シルヴァーシャドウ(影)」「シルヴァースピリット(精霊)」「シルヴァーセラフ(天使)」と続き、そして新生代のピュアエレクトリックモデル「スペクター」にも受け継がれることに。※コーニッシュ、スパー、カリナンなどの”例外”も存在する

なお、この「スペクター(冥闘士)」というネーミングについて、(当時の)ロールス・ロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベッシュ氏は「スペクターとは、偉大な力と幻影の代名詞である異世界の生き物であると同時に、儚い姿で存在感を示すもので、その空間を支配し、現れると同時に、爽快感、エネルギー、陰謀の跡を残して消えてゆく存在」であるとコメントしています。

F9SKAGkWEAAiE0q

ロールス・ロイス創業者が120年前に夢見た電気自動車「スペクター」ついに誕生!超高級電動スーパークーペ、同社としては100年ぶりに23インチホイールを装着
ロールス・ロイス創業者が120年前に夢見た電気自動車「スペクター」ついに誕生!超高級電動スーパークーペ、同社としては100年ぶりに23インチホイールを装着

| そのスペックや外観よりも、やはりインテリアが最大の魅力。ロールス・ロイスは「空間に勝る贅沢はない」という信念を持っている | おそらくは一見して分かる部分より、「実際に所有してはじめてわかる」部分 ...

続きを見る

そして今回、ロールス・ロイスはこの伝統のネーミングについて以下のように語っており、今後もその伝統が続くことになるのでしょうね。

精霊や幽玄な存在にちなんで名付けられたロールス・ロイスのクルマは神秘的な感覚を呼び起こします。この伝統には深い歴史的ルーツがあり、1世紀以上の伝統を受け継いでいるのです。
ロールス・ロイスは、ラグジュアリー業界で最も尊敬されるブランドとして、常に自動車の枠にとらわれず、その上に立ってきました。ゴーストやスペクターのような特徴的な名前は、私たちのブランドを他のすべてのブランドから差別化するものです。ロールス・ロイスのコミッションは、デザインだけでなく、その名前からも瞬時に感じ取ることができるものだと自負しています。

F84aCLIWcAEsowR

合わせて読みたい、ロールス・ロイス関連投稿

ロールスロイス
ロールス・ロイスCEO「我々が行なっているのは自動車ビジネスではなく高級ブランドビジネスです。よって自動車業界の常識は通用しない」

| ロールス・ロイスのクルマはもちろん、その顧客も常識を軽く超越している | これほどまでに特殊な自動車メーカーも他にないだろう さて、「人類がつくりうる最高のクルマ」をリリースしているロールス・ロイ ...

続きを見る

ロールスロイス・ファントム
ロールスロイスの平均顧客年齢は43歳!同グループのミニやBMWよりも若くベントレーの56歳、メルセデス・ベンツの50歳よりもずっと下。「スペクターが2ドアなのは若者を意識したから」

| ロールスロイスが「成功した若者の必須アイテム」となったのは疑いの余地がない | おそらくロールスロイスの客層は今後も若返り続けるだろう さて、ロールスロイスは現在BMW傘下に属し、BMWグループで ...

続きを見る

ロールスロイスは「はみ出し者、先見者、反逆者」のための車だった!ロールス自らがその歴史を語り、ブラックバッジは「破壊者だ」と語る
ロールスロイスは「はみ出し者、先見者、反逆者」のための車だった!ロールス自らがその歴史を語り、ブラックバッジは「破壊者だ」と語る

| てっきりロールスロイスは「人生アガリ」の人が乗る保守的なクルマだと思っていたが | どうりでロールスロイスの顧客の平均年齢が若いわけだ さて、ロールスロイスが「ブラックバッジ」シリーズを積極的に展 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN(intensive911)

->ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, , , , ,