ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

詐欺事件で注目された「世界に数台しかなく、一般に発売されなかった」ブガッティEB112。ブガッティのサルーンはなにかと悲運がつきまとうようだ

投稿日:2021/10/22 更新日:

詐欺事件で注目された「世界に数台しかなく、一般に発売されなかった」ブガッティEB112。ブガッティのサルーンはなにかと悲運がつきまとうようだ

| いったいなぜこうなったのかは不明だが、このブガッティEB112はなにかと悲運なのはよくわかった |

ブガッティのセダンがたどった運命を見てみよう

さて、ドイツのスーパーカーディーラーが「同じ車を2人の個人に同時に販売してしまった」というニュース。

稀にこういった事件が報じられるようには思いますが、今回の件はいまひとつ良くわからない流れとなっていて、まず最初に販売したのはカーコレクターの「turbollection」氏に対して。

ただ、その4日後にこのスーパーカーディーラーは同じ車を別の個人に販売しており、そしてそのことをturbollection氏に伝えた、と報じられています。

いったいなぜこんなことに?

もしこの販売店が「1台のクルマを2名に同時に売り、両方から代金をもらおうとしたならば」これは立派な詐欺行為ですし、おそらくすぐに「お縄」となりそう。

仮にスーパーカーディーラーが倒産直前であり、捕まるのを覚悟でやろうとしたのであれば別ですが、どう考えてもこれはすぐに不正が発覚してしまう行為であり、よほど切羽詰まっていないと手を染めない犯罪だろう、と思います。

それでもこのディーラーは「同じ車を2名に対して販売」しているわけですが、そのほか考えられるのは「2番めの購入者のほうが高い値を付けたから」。

つまり一人目と契約した後に「別の」より高額で引き取るという購入者候補が登場し、ディーラーは一人目との契約を解除して2人目に販売したとも考えられます。

ただしこれはぼくの想像であり事実が公開されておらず、よって「真実は闇の中」。

一人目の購入者が送金したのかどうか、現在はどういった状態なのかも不明です。

なお、販売された価格は240万ユーロ(約3億2000万円)とも伝えられており、これは「セダン史上最高額」なのだそう。

近代ブガッティには「2つの会社」がある

そこで今回の珍事の当事者となったブガッティEB112について。

これは1993年にジュネーブ・モーターショーにて公開されたクルマであり、つい最近までぼくはこのクルマの存在を全く知らず、しかしこれを知ったのは、「モナコを走るスーパーカー動画」を見ていて、よくわからないブガッティが登場し、そしてこれについて調べると「EB112というクルマらしい」ということが判明したわけですね。

【動画】今年も開催、スーパーカーの祭典「トップマルケス・モナコ」。集まってきたクルマたちを見てみよう

| 中には見たことがないクルマ、何なのかわからないクルマも | さて、今年もやってきたスーパーカーの祭典、Top MarquesMonaco(トップ・マルケス・モナコ)。※トップマルケスのオフィシャル ...

続きを見る

なお、このブガッティEB112を企画したのは、シロンなどを発売している現在の「ブガッティ・オトモビル(フランス本社)」ではなく、過去にEB110を発売していた「アウトモビリ・ブガッティ(イタリア本社)」。

このアウトモビリ・ブガッティは(一時ロータスを所有していた)自動車愛好家にしてビジネスマン、ロマーノ・アルティオーリ氏が、ブガッティの商標権を得てイタリア・モデナに1987年に設立しており、1991年にEB110を発売しています。

94252708_1441647716022754_1664921901673218048_n

徐々に価値を上げてきているブガッティEB110が競売に。実質的には「カウンタック」後継といえる車を見てみよう

| この世代のブガッティはあらゆる意味で特殊 | 走行距離わずか4540キロのブガッティEB110がオークションに登場予定。 これは「ブガッティ」と名はつくものの、「ヴェイロン」「シロン」を発売した現 ...

続きを見る

そしてこの「EB110」は、現在のブガッティ(1998年に、フォルクスワーゲンがブガッティの商標権を得てフランスはアルザスに設立)が発表した「チェントディエチ」のモデルにもなっていますね。

参考までに「EB110」はブガッティ創業者であるエットーレ・ブガッティ(個人)の生誕110周年を記念して命名されており、「チェントディエチ(イタリア語で110)は、会社としてのブガッティ(法人)創立110周年を記念した限定ハイパーカーです。

ブガッティ設立110周年記念にしてEB110へのオマージュ”チェントディエチ(Centodieci)”正式発表!「次の100年に向け、過去とテクノロジーとを融合させた」

| 限定台数は10台、価格は9億4400万円、納車ペースは年に2台のみ | ブガッティが創立110周年記念車として「ブガッティ・チェントディエチ(Bugatti Centodieci)」を発表。ベース ...

続きを見る

ブガッティEB112とは?

そしてこのブガッティEB112についてですが、エットーレ・ブガッティの生誕112年にちなんだ名を持っており、EB110とは異なる客層の獲得を目指して「4ドアサルーン」ボディを持っています。

デザインはジョルジエット・ジウジアーロ、車体構造はカーボンファイバー製モノコック(セダンでこの構造は類を見ない)、ボディパネルはアルミとコンポジット素材。

bugatti-eb112-3

ボディ形状は往年のブガッティを想起させるもので、左右に分割されたスプリットウィンドウは「T57Sクーペ・アトランティック(アトランティーク)」をイメージしたものと思われます。

なお、アウトモビリ・ブガッティを設立したロマーノ・アルティオーリ氏は「自分の作りたいクルマよりも、そのブランドのヘリテージを重視する」人物で、たとえばロータスを所有していた時期に発売した「エリーゼ」については、軽量構造はもちろん、「Eではじまる」という伝統のネーミングを踏襲していますね。

ロータス「エリーゼ」は実在する女性の名前だった!その女性がロータスを訪問し、当時のエリーゼと「再会」する

| 「エリーゼ」の命名のもととなった女性が発売当時のロータス・エリーゼと再会 | ロータスは1995年に「エリーゼ」を発売していますが、その「エリーゼ」のネーミングは実在する女性から取った、とのこと。 ...

続きを見る

bugatti-eb112-9

そしてこのブガッティEB112のフロントに収まるのは6リッターV12で、最高出力450ps、最大トルク479lb-ftを発揮し、このエンジンには6速マニュアルトランスミッション(当時のATはこのトルクに耐えることができなかったのかも)が組み合わされて四輪を駆動することになりますが、アウトモビリ・ブガッティは、EB112の0-62mph加速を4.3秒、最高速度を186mph(300km/h)と謳っています。

bugatti-eb112-7

折悪しく販売機会を逃してしまう

このEB112については生産を前提に企画がなされ、実際に発売直前までプロジェクトが進んだと言われるものの、EB110の不振(発売がバブル後になってしまい、時期が悪かった)によってアウトモビリ・ブガッティ社の財政状態が悪化してしまい、資金繰りに困る形で1995年に経営破綻を喫しています。

よって、このEB112は公的には「発売されていない」クルマであり、存在するのはプロトタイプ2台とプリプロダクションモデル1台のみだと言われていて、プロトタイプのうち1台はジウジアーロが保管しており、今回二重に販売されたのは(ボディカラーから判断して)プリプロダクションモデルなのだと思われます。

bugatti-eb112-13

ちなみにのちの「ブガッティ・オトモビル」も、ヴェイロンの発売後に、サルーンである「ガリビエール」の発売を計画していましたが(こちらも発売直前まで進んだようだ)、その発表が2009年つまりリーマンショック直後という間の悪さとなってしまったため、その発売が流れることに。

これは偶然としかいいようがないものの、「ブガッティのセダン(サルーン)は、発売しようとすると何かが起きてボツになる」ようですね。

参照:Turbollection, TheSupercarBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5