ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ルノー/アルピーヌ >中国/香港/台湾の自動車メーカー

ルノーと中国・吉利汽車が「ガソリンエンジンの開発」を行う新会社設立で合意!日産と三菱は蚊帳の外、なぜいまさらガソリンに注力を?

投稿日:2022/11/14 更新日:

ルノーと中国・吉利汽車が「ガソリンエンジンの開発」を行う新会社設立で合意!日産と三菱は蚊帳の外、なぜいまさらガソリンに注力を?

| 一部の自動車メーカーにとっては早すぎるエレクトリック化が予想外だが、また一部にとってはそれが「遅すぎる」とも捉えられている |

ルノーはその考え方を修正し、「ガソリンエンジンがまだまだ残る」ほうに活路を見出す

さて、現在エレクトリック化は「想定より速く進んでおり」、その傾向がトヨタを慌てさせているのは既報のとおり。

つまりトヨタは「そんなに急にエレクトリック化は進まない」と考え、ピュアエレクトリックカーの開発に注力せず、当面主流になるであろうと考えていたハイブリッドに期待していたわけですが、ハイブリッドを「エコカー」と認めない国や地域が大半になってしまい、さらにテスラはもちろん中国の自動車メーカーが大きく販売を伸ばし始め、トヨタの持つ技術ではコスト、そして性能ともに太刀打ちできなくなってしまったため、現在開発中のEVについて「一旦リセットするかどうか」を検討していると言われます。

トヨタ・クラウン
どうやらボロが出たようだ。トヨタが「このままEV計画を進めると採算が合わない」として計画の見直しと一部停止。クラウン、コンパクトクルーザーの開発停止も

| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |この記事のもくじ| ボクは常々、2021年末の「EV新戦略」は株価対策のポーズでしかないと考えていたが |どう ...

続きを見る

しかし現在、一部でその潮流に変化も

こういった「待ったなし」にて加速されてゆく電動化ではありますが、一部自動車メーカーやサプライヤーはバッテリー価格の高騰、充電インフラの未整備などを理由に「EVだけに注力するのは危険」だとも主張していて、これまでにそういった声をあげた代表格はBMW、ステランティス、そしてボッシュ。

EVの製造原価上昇は今のところ留まるところを知らず、よってコンパクトカーであっても「高いクルマ」となってしまい、そうなると所得が低い国や地域の人々はEVを購入できなくなってしまうため、EVだけにこだわることはかえって自動車メーカーに不利益を招くという考え方になりますが、トヨタと異なるところは「エレクトリック化が急速に進んでいると認識しているかどうか」「トヨタは世界全体の傾向で捉えているが、ほかは地域ごとの特性として捉えている」というところかと思われます。

ルノーも考え方をシフトさせる

そして今回報じられたのが、「ルノーと、中国のGeely(吉利汽車)とが折半出資にて、ハイブリッド車と高効率内燃機関の開発、生産、供給に特化した新会社を設立することに合意した」というニュース。

上述のとおりハイブリッドはもはやエコカーではなく、ガソリンエンジンも絶滅危惧種なのですが、そこに注力するための会社を作る、というのはちょっと衝撃的でもありますね。

そしてルノーの最高財務責任者であるティエリー・ピエトン氏は、「2040年になっても、ガソリン車やハイブリッド車のシェアが40%以下になることはない」と予測しており、これは以前に述べていた「EVの製造コストが下がり、ガソリン車の製造コストが上がるので、コンパクトカーセグメントではガソリン車を作る意味がなく、EVへとシフトする」という考え方とはちょっと異なる方向です。

ルノーが20年続いた「ルノースポール」を廃止し、今後スポーツモデルには「アルピーヌ」の名を関すると発表

ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」
ルノーCEO「ユーロ7が導入されれば、触媒の価格が高騰しコンパクトカーの価格が倍になる」。よって小型車メーカーは上級移行かEV移行かしか道が無さそう

| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは |この記事のもくじ| まさか触媒の価格がここまで高騰することになろうとは |触媒そのものの価格は大型車でもコンパクトカーでもあまり変わらないこれ ...

続きを見る

その理由はもちろん「EVの価格が下がらない」「充電インフラが整わない」からだと思われますが、実際のところ、この新しい会社は電気インフラが未発達な市場にサービスを提供することを主目的としているといい、つまりはルノーの「リスクヘッジ」ということに。

もちろんルノーはこれまでの計画通りエレクトリック化に向けて大きな投資を行うことになりますが、情勢の変化に対応して今回の新会社設立に至ったのだと思われます。※実際のところ、ルノーの利益において大半を占めるのはガソリン車であり、EVは利益が非常に薄い。ガソリンから完全撤退せず逃げ道を作っておくということなのかもしれない

この新しい合弁会社は、17のパワートレイン施設と5つの研究開発センターで構成されるというのでけっこうな規模ということになりますが、今回の合意については「三菱は除外」され、そして日産がどうなるのかは不透明(ただ、今回の声明に日産の名は入っていないので、日産も締め出されている可能性が高い)。

おそらく今後はルノーと日産との間で様々な議論がなされるものと思われ、続報に期待したいところでもありますね。

あわせて読みたい、関連投稿

ステランティスCEO「現在のEVシフトは、政治家が選んだもので、我々自動車メーカーや消費者が選んだものではない」。なんでもかんでもガソリン車を悪にする風潮に懸念
ステランティスCEO「現在のEVシフトは、政治家が選んだもので、我々自動車メーカーや消費者が選んだものではない」。なんでもかんでもガソリン車を悪にする風潮に懸念

| 消費者が望まない製品に多額を投じて開発し、発売せねばならない自動車メーカーはさぞ辛いだろう |この記事のもくじ| 消費者が望まない製品に多額を投じて開発し、発売せねばならない自動車メーカーはさぞ辛 ...

続きを見る

トヨタ
「電動化一辺倒は危険」という風潮がますます強まりそう。リチウム電池の環境負荷やコスト高から水素に可能性を求める自動車メーカーやパーツメーカーが増加中

| もし「電動化が環境保全のための唯一の手段ではない」と広く認識された場合、「電動化オンリー」のVWはかなり苦しくなりそうだ |この記事のもくじ| もし「電動化が環境保全のための唯一の手段ではない」と ...

続きを見る

BMW
BMW「電動化一本に絞るのは危険。自動車メーカーは水素など電動化以外の道も模索するべき」。電動化に社会が追いつかないことが明白になりつつある状況に警鐘を鳴らす

| 最近は面と向かって電動化に懸念を表明するCEOが増えてきた |この記事のもくじ| 最近は面と向かって電動化に懸念を表明するCEOが増えてきた |ただしBMWは他社と同じくらい「電動化」に熱心でもあ ...

続きを見る

参照:CNBC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ルノー/アルピーヌ, >中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5