ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

アウディがついに「R8後継モデルはピュアエレクトリック」になると認める!今後10年で「R」ブランドを変革し全社ピュアEVへ

投稿日:

アウディR8

| ただし次期R8についてはその内容、登場時期ともに語られていない |

おそらく過去の失敗から「ハンパなクルマ」を発売しないものと考えられ、登場時期は2027年頃になると予想

さて、アウディが「R8の後継モデルはピュアエレクトリックとなる」と確認したもよう。

これはカーメディア「Roadshow」が報じたもので、アウディスポーツのプロダクトマーケティング責任者、リンダ・カーツ氏が「今後10年でRブランドを変革し、今後のRブランドはピュアエレクトリックカーにて構成することを目指す」というものです。

なお、これまでアウディはR8後継の可能性について、その存続含めて非常に曖昧なコメントを繰り返しており(それだけ社内でも様々な議論が展開され、状況が二転三転していたのだと思われる)、しかし今回、ようやくその方針が固まったということなのかもしれません。

アウディR8後継モデルはピュアエレクトリックに

そして今回のコメントの中には「R8後継モデルはピュアエレクトリック」というものが含まれ、となると夏頃に報じられた「2023年にV8ツインターボ、700馬力で登場」説はなくなったということに。

アウディR8
新型アウディR8が「V8ツインターボ+ハイブリッド、700馬力」で2023年に登場とのウワサ!となるとウラカン後継モデルもこのレシピに?

| 新型アウディR8については、そのウワサも二転三転している |この記事のもくじ| 新型アウディR8については、そのウワサも二転三転している |実際のところ、今回のウワサはけっこう信憑性が高そうだ新型 ...

続きを見る

なお、時代の流れ、そしてアウディの方向性からすると、どう考えてもR8後継モデルはピュアエレクトリック以外「なかった」わけですが、アウディがピュアエレクトリックへと踏み切れなかったのは「e-tronの大失敗」があったためだと言われます。

このe-tronは価格「数億円」、そして販売されたのはわずか数台だとも言われ、この記録的な大失敗によって(役員クラス含めて)多くの人のクビが飛んだと噂されており、そのためアウディはR8後継モデルを「ピュアエレクトリックにしたがらなかった」とも。※価格はもちろんだが、運動性能や航続可能距離など、すべてがガソリン車に劣っていたことが失敗の理由だと思われる

ただ、その後には状況がやや変わり、アウディと同じグループに属するポルシェがリマックへの投資を行ったことでリマックとの接点ができ、一時「アウディR8後継モデルはリマックとの共同開発」と言われたこともありますね(リマックであれば、ガソリン車に劣らないEVの開発が可能)。

アウディは次期R8をリマックと共同開発?出力950馬力、4モーター、0−100キロ加速2.5秒、価格は2500万円と伝えられる

| いくらなんでもこの価格でこの性能は実現できないだろう | アウディR8の将来はまだまだ不透明ですが、現在のところ継続するしないを含めて様々なウワサが存在。現行限りで終了という話もあれば、ガソリンエ ...

続きを見る

次期アウディR8はどんなクルマに?

今回、アウディは「次期R8がピュアエレクトリックになる」と認めはしたものの、そこから先、つまり「どんなクルマになって、いつ発売」なのかには触れておらず。

よって現段階では何ら情報がないといったところですが、アウディからしても「言ってみたものの、実際は何も決まっていない」のかも。

R8はこれまでランボルギーニ・ガヤルド、ウラカンと多くを共有し、そのモデルライフもともにあったわけですが、ウラカン後継モデルは「2023年あたりにプラグインハイブリッドで登場」する可能性が非常に高く、しかしR8は「ピュアエレクトリック」への道を選んでいるため、次の世代では「たもとを分かつ」ということになりそうですね。

ただ、ウラカン後継のそのまた後継はおそらくピュアエレクトリックとなり、この時点でまたR8との統合がなされる可能性がないわけではなく、しかしひとまずR8とウラカン(後継モデル)とは別の人生を歩むことになるのだと思われます。

アウディR8

そしてR8後継モデルについて考えてみると、R8もウラカン同様に「2023-2024年あたりに販売終了」となる可能性が高く、しかしすぐさま後継モデルが登場するかどうかは非常に微妙。

というのも、その頃だとまだバッテリー技術が大きく進歩しておらず、ソリッドステートバッテリーも実用化されていない可能性が高いためで、ランボルギーニも(おそらく)これを理由としたためか「最初のピュアエレクトリックカーは2027-2028年くらい」に発売するとコメントしています。

ランボルギーニ・エッセンツァSCV12
【動画】ランボルギーニCEO「我々の最初のピュアEVは2027-2028年に登場」。加えて将来的には「スーパースポーツ2種、実用的なモデル2種」の4モデル構成となることにも言及

| ランボルギーニの「フル電動化」は他メーカーに比較して数年遅れるようだ |この記事のもくじ| ランボルギーニの「フル電動化」は他メーカーに比較して数年遅れるようだ |さらには合成燃料の実用化にて「ガ ...

続きを見る

そしてもし、アウディがR8後継の発売を急ぐあまり、既存の電動化技術を用いて新型R8を発売してしまうと、e-tronのように大失敗となることも十分に予想でき、よってアウディは「機が熟すのを待ち」新型R8を発売するだろう、とぼくは考えているわけですね。

ちなみにアウディがエレクトリックコンセプト、「AI:Race」をアウディR8の後継モデルとして発売するのではというウワサが出たこともあり、デザイン的にはこの流れを踏襲する可能性もありそうです。

【動画】存在するのは試作車1台のみ!0-100km/h加速2秒未満、アウディのハイパーカー”AI:Race”をスーパーカーブロンディが試乗する

| 限定にて市販が決まったと言われるも、本当に出るかどうかはわからない |この記事のもくじ| 限定にて市販が決まったと言われるも、本当に出るかどうかはわからない |アウディAI:Raceはこんなクルマ ...

続きを見る

合わせて読みたい、アウディR8関連投稿

アウディR8は「最も検索された」クルマなのに販売は前年比-38%!一方Q8は前年比603%の14,256台を売り「A3よりも売れたクルマ」に

| 時代はもう”高級SUV” |この記事のもくじ| 時代はもう”高級SUV” |スポーツカーはもうオワコンアウディ各モデルの販売状況はこうなっているこんな記事も読まれています さて、ここ数日各自動車メ ...

続きを見る

アウディR8
アウディ「R8やTTがアイコンだった時代は終わった。その後継モデルは単にエンジンをモーターに入れ替えたのみでは意味がなく、新しいセグメントへゆかなければならない」

| アウディは一応、R8とTTを生き残らせる方法を考えているようだ |この記事のもくじ| アウディは一応、R8とTTを生き残らせる方法を考えているようだ |アウディ「今年、ガソリン車よりも多くのEVを ...

続きを見る

アウディR8
新型アウディR8は「V10+ハイブリッド」で登場?ピュアエレクトリック路線は切り捨ててランボルギーニと共同開発か

| アウディはR8 e-tronの失敗から「エンジンサウンド」を重視しているようだ |この記事のもくじ| アウディはR8 e-tronの失敗から「エンジンサウンド」を重視しているようだ |次期アウディ ...

続きを見る

参照:Roadshow

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディ(Audi), >ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5