ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi) >中国/香港/台湾の自動車メーカー

アウディがNIOに対し「ES6 / ES7 / ES8」の名称が自社の「S6 / S7 / S8」に似ているとして訴訟を起こして見事勝利。ただしNIOは控訴の意思を見せて泥沼化か

投稿日:2023/01/26 更新日:

アウディ

| ドイツの裁判所は発音にあわせて「ES6」が「S6のエレクトリックモデルと混同される恐れがある」という判断を下すことに |

現在NIOは「ES」を「EL」に置き換えて販売中

さて、ときどき自動車業界で起こるのが「よく似ている名称やエンブレムのデザインに関する訴訟」。

意図しようとしまいと「似てしまう」ことは往々にしてあり、今回はアウディと中国NIOとの間で車名に関する闘いが(ミュンヘンの裁判所にて)あり、「アウディの勝訴」という形に落ち着いたとの報道。

なお、対象となったのはNIO「ES6」「ES7」「ES8」で、アウディはこれらが同社の「S6」「S7」「S8」に似ているとして訴えを起こしていたわけですね。

2年続いたシトロエンとポールスターとのロゴ類似係争がついに終結!これでポールスターはフランス国内でも車両を販売できるように
参考2年続いたシトロエンとポールスターとのロゴ類似係争がついに終結!これでポールスターはフランス国内でも車両を販売できるように

| 問題視されるほど両者のロゴは似ておらず、かつシトロエンとポールスターとが競合するとも思えないが |この記事のもくじ| 問題視されるほど両者のロゴは似ておらず、かつシトロエンとポールスターとが競合す ...

続きを見る

欧米では「発音」の類似性も重視

この「ES6」と「S6」という文字を見ると、似ているのは2/3文字だけでぜんぜん違うようにも見えますが、欧米では「発音」を重視するケースも多く、「イーエスシックス」と「エスシックス」という、実際に口に出した際の聞き間違いも考慮されたのだと思われます(”イー”を強く発音しないと、たしかに聞き間違いが起きそう)。

ちなみにですが、過去にはアメリカで「リンカーン(Lincoln)」と「リンク・アンド・コー(Lynk & Co)」との名称が似ているという訴訟がありましたが、これもスペル(綴り)だけだとまったく異なるものの、発音だけだとけっこう似ているとして争われています。

それはさておき、NIOは今後、ドイツ国内で「ES6」「ES7」「ES8」の名称を使用できなくなり、実際にES7は「EL7」へと改名済み。※ES6、ES8はまだ発売されていない

そしてもしNIOが今回の判決に反して「ES6」「ES7」「ES8」の名称を使用すると、NIOの幹部に対し25万ユーロの罰金または6カ月の禁固刑が科される可能性があるといいますが、なぜ会社に対してではなく幹部に対して責任を問うのかは不明です。

NIO

NIOはどうやら控訴するもよう

今回の判決ではその「意味」も考慮されたといい、「ES6」の場合では、消費者が「S6のエレクトリック(Electric)版」だと誤認する可能性があるという判断を(裁判所が)行ったと報じられていますが、つまり類似性は発音や文字列だけにとどまらないという見解が示されたわけですね。

なお、NIOはこれを不服として控訴を検討しているそうですが、同社は世界中で自社のクルマを販売したいと考えているので、ドイツのみとはいえど世界統一名称を使用できないのはちょっとした痛手かも。

加えてアウディがこの前例をもとに他地域(たとえばNIOが重視している北米)でも同様の訴訟を起こした場合、かなり面倒なことになるかもしれません。

NIOはもちろん地元中国からその販売をスタートしているものの、2021年にはノルウェー、2022年にはドイツ、そしてオランダ、スウェーデン、デンマークでもEVを発売しており、今後は欧州の他地域、そして北米にも進出の意向を示しているので、ここで不安のタネを放置しておくことは出来ないのでしょうね。

合わせて読みたい、アウディ関連投稿

アウディがホイールの設計にAIを導入し「デザイン手法を再発明した」と発表!AIがデザイナーに無限のパターンを提供し、デザイナーはそれをAIと対話しつつも最終形へ
アウディがホイールの設計にAIを導入し「デザイン手法を再発明した」と発表!AIがデザイナーに無限のパターンを提供し、デザイナーはそれをAIと対話しつつも最終形へ

| 製品のデザイン、設計の現場はどんどん変わってゆく |この記事のもくじ| 製品のデザイン、設計の現場はどんどん変わってゆく |今後は車体デザインにもAIが導入されることになるのかもしれない「デザイン ...

続きを見る

アウディが新しいエンブレムへの移行を発表!フォーリングスはそのままに「どこから見ても同じ印象となるよう、そして我々のルーツを示し、著しく現代的に」
アウディが新しいエンブレムへの移行を発表!フォーリングスはそのままに「どこから見ても同じ印象となるよう、そして我々のルーツを示し、著しく現代的に」

| 現在多くの自動車メーカーがそのエンブレムの変更を発表し、その出自の見直しと再ブランディングを行っている |この記事のもくじ| 現在多くの自動車メーカーがそのエンブレムの変更を発表し、その出自の見直 ...

続きを見る

アウディが2026年からのF1参戦に際し「ザウバーをパートナーに迎える」と発表!あわせてザウバーの株式も取得、成り行き次第ではワークス化するかもしれないと予想
アウディが2026年からのF1参戦に際し「ザウバーをパートナーに迎える」と発表!あわせてザウバーの株式も取得、成り行き次第ではワークス化するかもしれないと予想

| サウバーはプライベーターながらも1993年から組織を変えつつ継続参戦、比較的成功した部類に属する |この記事のもくじ| サウバーはプライベーターながらも1993年から組織を変えつつ継続参戦、比較的 ...

続きを見る

参照:Automobilwoche

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディ(Audi), >中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5