ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW上層部「もうこれ以上、我々のクルマが重くなることはない。そうしなくても済む解決策を実用化できる地点に到達した」

投稿日:2022/05/04 更新日:

BMW

| なお、クルマが重くなるのは電動化よりも環境規制よりも「消費者が快適性を望むから」だった |

フロントシートだけ取っても、快適性を向上させるために40kgも以前より重くなっている

さて、BMWにて7シリーズのプロジェクト・マネージャーを務めたクリストフ・ファグシュランガー氏によれば「今後、BMWのクルマがもうこれ以上重くなることはない」とのこと。

その主な意図としては「重量増加を避けることができる様々な技術が実用化され、これ以上クルマを重くしなくてもよくなったという地点にようやく到達した」というもので、新型BMW i7(2640kg)、フェイスリフト版のX7(2480kg)が基本的に上限の重さである、とも述べています。

なぜクルマは重くなるのか?

そこでまずクルマがなぜ重くなるのかということですが、これには様々な要因があり、まず電動化によってバッテリー重量が嵩んでいること、そして安全性の向上、そして環境規制へ対応するための触媒の巨大化などが挙げられます。

ただ、クリストフ・ファグシュランガー氏によれば、自動車が重くなるための一番の要因は「快適性」だといい、たとえば現代の高級車のフロントシートには「マッサージ機能」「フル電動調整機能」「シートヒーターのみならずベンチレーション」が搭載されており、これによって1脚あたり40kgもの重量増加がある、とのこと。

加えてロードノイズや振動を抑えるための防音や制振にかかわるマテリアルの重量も無視できず、年々厳しくなる快適性に対する要件がクルマを重くしていると述べています。

L1360388

実際のところこれらの重量はそうとうなもので、たとえばベントレー・コンチネンタルGT(V8)は2200kgというヘビー級ですが、これを競技用にコンバートしたコンチネンタルGT3は市販車よりも950kgほど軽く、軽量化の全てがそうだとは言えないまでも、その多くが上述のような「快適装備にかかわるもの」だとも考えられます。

とくに高級車の場合は「いかに快適に過ごすことができるか」が重視され、各社ともこの方面において激しい戦いを繰り広げており、よって「効率性と環境負荷の小ささに優れる」クルマづくりをアピールする一方、現実的には重量が増加して「環境負荷の高い」クルマを作っているという矛盾も抱えているわけですね(昨今のクルマは、モデルチェンジにせよフェイスリフトにせよ、基本的に先代よりも重くなっている)。

ただし同時に軽量化技術も進歩

そしてクリストフ・ファグシュランガー氏が語る「クルマがもう重くならない」ということについて、これ以上快適性を追求しないという意味ではなく、「重くしなくても快適なクルマを作ることができるようになった」ことを意味しており、たとえば車内のロードノイズを抑える方法についても、防音や遮音のためにシートやマットを追加せず、「アクティブロードノイズキャンセリング」を搭載することで、従来モデルよりも軽く作りながらも快適性を高めることができるもよう。

そのほかの「快適性」についても現代ならではの解決法があり、「これ以上クルマを重くしなくても」よくなったというのが同氏の意図するところであるようですね。

ただ、「これ以上重くならない」というのはフラッグシップSUVの「XM」よりもあとのクルマにおいての話でもあるようで、というのもXMはi7やX7よりも重いとクリストフ・ファグシュランガー氏が認めているためであり、しかしそこから後には新しい技術が採用されると考えていいのかもしれません。

あわせて読みたい、BMW関連投稿

BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」
BMWのデザイナーが「電動化とデザイン」について語る。「これからのデザインは大胆で意味のあるものでなくてはならない。デザインによって持続可能性を表現してゆく」

| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |この記事のもくじ| たしかにBMWは以前からデザイン、そしてデザインによる排他性の演出にこだわってきた |つい ...

続きを見る

BMW
BMWのデザイナー「なぜ4シリーズや7シリーズには奇抜なデザインを採用し、3シリーズや5シリーズは普通なのか」

| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |この記事のもくじ| それはそれぞれのシリーズの客層の性質を反映したものだった |実際、BMWの販売台数は大きく伸び、BMWが正しかったこ ...

続きを見る

BMW
BMWはコンパクトカーの収益性に疑問を感じ、将来的に1 / 2シリーズを廃止する可能性。アウディはすでにA1とQ2の廃止を決め、この動きに追随か

| たしかにBMWの考えることにも納得できる |この記事のもくじ| たしかにBMWの考えることにも納得できる |おそらくコンパクトEVは中国自動車メーカーの独壇場になるのかも現在と将来とでは大きく事情 ...

続きを見る

参照:CarSales

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5