ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMW M社のボス「これからのMモデルは電動化を迎える。顧客が『クレイジー』そして『これほどまでとは想像しなかった』と驚くクルマとなるだろう」

投稿日:2022/08/18 更新日:

BMW

| 電動化に対するアプローチはそれぞれの自動車メーカー間で大きな差があり、それがどういった結果を生むのかわからない |

BMWは新世代の電動モデル専用プラットフォーム「ノイエクラッセ」で勝負をかける

さて、BMWのハイパフォーマンスブランド「M」であっても電動化を免れることはできず、BMWは新型M2を最後にガソリンオンリーモデルの販売を終了させ、それ以降はハイブリッドへと移行する計画を持っています。

よって現在はすでに(ガソリンモデルの開発を終了させ)電動化モデルの開発を行っているという状況ですが、現在M社を率いるフランク・ファン・ミール氏によれば、将来の電動化されたMモデルにつき、BMWのファンですら「これはクレイジーだ、こんなことが起こるとは思わなかった(もちろんいい意味で)」と驚きを隠せないモデルになるだろうと語っています。

将来の電動化されたMモデルはどんなクルマに?

現時点において、電動化時代のMモデルの詳細はわかっていないものの、すでに発表されているXMにはエレクトリックモーターのアシストを受ける4.4リッターV8ツインターボエンジンが搭載されることがわかっており、新型M5にはこれの発展形が搭載される可能性が大。

キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ
キドニーグリルはBMW史上最大!43年ぶりの「M専用」モデル、BMW XMが発表に。なにもかもが特別誂えのフラッグシップ

| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW XMが登場 |この記事のもくじ| クリス・バングルによる7シリーズが発表されたとき以上に衝撃的なデザインでBMW X ...

続きを見る

そして次世代M3について、フランク・ファン・ミール氏は今のところ確たるアイデアを持たないようで、というのも次世代3シリーズは「ノイエクラッセ」プラットフォームを使用したピュアEVとなる予定であり、新型M3が次期3シリーズをベースとすると必然的にピュアEVとなってしまうわけですね。

ただ、現時点のバッテリー技術だとピュアEVは重くなりすぎ、よって次期M3は現行プラットフォームを使用したハイブリッドとして次期3シリーズとは関連性を持たないクルマになる可能性があるのかもしれません。

BMW m3

BMWが2025年に発売する3シリーズのEV版に「ノイエクラッセ」プラットフォームを採用すると発表。1960年代にBMWを大きく飛躍させたノイエクラッセとは?
BMWが2025年に発売する3シリーズのEV版に「ノイエクラッセ」プラットフォームを採用すると発表。1960年代にBMWを大きく飛躍させたノイエクラッセとは?

| BMWは少しの間「EVとガソリンとで共通の設計」をもたせ、2025年からはEV専用プラットフォームへと移行するようだ |この記事のもくじ| BMWは少しの間「EVとガソリンとで共通の設計」をもたせ ...

続きを見る

なお、フランク・ファン・ミール氏は「もしかすると次期M3はピュアエレクトリックモデルとなるかもしれませんが、そうなったとしても、それは間違いなくM3です。パワートレインがどう変わろうとも、Mの名を持つ限り、私達のMカーはMカーなのです」とコメント。

ピュアエレクトリックモデルにはそれなりのメリットも

加えてフランク・ファン・ミール氏は「M3をピュアエレクトリック化するのであれば重量を減らすことが最大の課題である」と述べ、しかし電気自動車にはいくつかのメリットが存在する、とも。

そのひとつは(ガソリンエンジンやトランスミッション、エキゾーストシステムが発生する)ノイズや振動を抑えるための制振材や防音材をほぼ用いなくてもいいこと、そして何よりも重心を低くできること。

この「重心を下げることができる」というのはエンジニアにとって非常に魅力的だといい、ここがもしかすると「新しいチャレンジ」でもあって、ガソリン車では成し遂げることができなかった分野なのかもしれません。

ただ、いかに重心が低くなろうとも絶対的な重量を軽くしなければ運動性能を向上させることは難しく、それは「ニュル最速」EVのタイカン・ターボSであっても、ガソリンエンジンを搭載するスポーツカーにははるかにタイムが及ばないことからもわかります。

ポルシェがタイカン・ターボSにてニュル「EV最速」レコードを更新!おなじみ反則OP装着でのアタックにてなんとかテスラ・モデルSプレッドのタイムを2秒短縮
ポルシェがタイカン・ターボSにてニュル「EV最速」レコードを更新!おなじみ反則OP装着でのアタックにてなんとかテスラ・モデルSプレッドのタイムを2秒短縮

| 確かに出力の差はあるが、パワーだけでニュルを速く走ることはできず、テスラ・モデルSプレッドの実力を認めざるを得ない |この記事のもくじ| 確かに出力の差はあるが、パワーだけでニュルを速く走ることは ...

続きを見る

ちなみに次期3シリーズは「NK1」というコードネームにて開発が進められており、自社開発のモーターをリアアクスルもしくは前後アクスルに搭載するといわれ、350kWhの急速充電に対応し、満充電あたりの走行距離は700kmだとも言われます。

そしてこれに使用される「ノイエクラッセ」プラットフォームは2030年の時点で「BMWの新車販売のうち半分の車両に」使用されると言われ、文字通りのBMWキモ入り、ということになりそうです。

合わせて読みたい、BMW関連投稿

BMWがi4、iXにつき「勝手に燃える」としてリコール!製造元はサムスン、製造時に電極を破損させ異物が混入したことでショートを起こすようだ
BMWがi4、iXにつき「勝手に燃える」としてリコール!製造元はサムスン、製造時に電極を破損させ異物が混入したことでショートを起こすようだ

| バッテリーパックの製造には細心の注意が必要 |この記事のもくじ| バッテリーパックの製造には細心の注意が必要 |同様の「勝手にEVが燃える」例はけっこう多い幸いにも不具合は限定的実際に火災が発生合 ...

続きを見る

BMWがコンフィギュレーター一新!オンラインにてBMWをフェラーリやポルシェ、ランボルギーニの純正カラーへと変更できるように
BMWがコンフィギュレーター一新!オンラインにてBMWをフェラーリやポルシェ、ランボルギーニの純正カラーへと変更できるように

| 実際のところ、この戦略にてスペシャルカラーのオーダー比率が上がっていると言われるが |この記事のもくじ| 実際のところ、この戦略にてスペシャルカラーのオーダー比率が上がっていると言われるが |自分 ...

続きを見る

BMWが「新型M1」を発売したらこうなる?CGアーティストが現実的な(現実的すぎる)レンダリングを作成
BMWが「新型M1」を発売したらこうなる?CGアーティストが現実的な(現実的すぎる)レンダリングを作成

| ただ、ボクとしては、やっぱりM1は既存BMWを超越し、関連性のない孤高の存在であって欲しいと思う |この記事のもくじ| ただ、ボクとしては、やっぱりM1は既存BMWを超越し、関連性のない孤高の存在 ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5