ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

新ペイント「アルゴリズムフェード」を採用したワンオフのメルセデス・ベンツGクラス(G63)が公開!製作したのはもちろんマンソリー

投稿日:2022/08/22 更新日:

| 塗装工程はもちろん、マスキングを考慮すると非常に手間と時間がかかっているものと思われる |

今後はさらなる高度なパーソナライズ内容を持つカスタムカーが登場する気配も

さて、マンソリーはちょっと前にドバイにショールームを開き、その記念限定モデルとしていくつかの「グラデーション」ペイントを採用した車両を公開していますが、今回はそのグラデーションに加えてグラフィックを加えた「アルゴリズム・フェード」と命名された特殊なペイントが施されたメルセデス・ベンツGクラス(ゲレンデ)を発表。

これはマンソリーが新しく開始したビスポーク・プログラムによってカスタムされたもので「極限のパーソナライズ」を顧客に提供したとされるワンオフモデルです。

mercedes-amg-g63-mansory (2)

マンソリーが900馬力のランボルギーニ・ウルス「ヴェナタスEVO」を公開!もっとも過激な仕様を持つウルス、そして10台のみの限定生産
マンソリーが900馬力のランボルギーニ・ウルス「ヴェナタスEVO」を公開!もっとも過激な仕様を持つウルス、そして10台のみの限定生産

| 意外とマンソリーやブラバスのコンプリートカーは需要があるのか、続々とニューモデルが登場する |この記事のもくじ| 意外とマンソリーやブラバスのコンプリートカーは需要があるのか、続々とニューモデルが ...

続きを見る

アルゴリズム・フェードが採用されたマンソリー製メルセデス・ベンツGクラスはこんなクルマ

今回のカスタムのベースとなるのはメルセデスAMG G63で、フロントバンパー、フェンダートリム、リアエプロン、ルーフスポイラーなどがマンソリー得意のフォージド(鍛造)カーボンで仕上げられています。

これはマーブル(大理石」のようなテクスチャを持つことが特徴で、そのため非常にエキゾチックな雰囲気を醸し出すことに成功しているようですね。

mercedes-amg-g63-mansory (3)

フロントはターコイズ、リアはブラックというカラーリングですが、途中にグラフィックを挟むことで現代風な表情も。

mercedes-amg-g63-mansory (7)

なお、マンソリーだけあってメルセデスAMG G63のパワートレインにも手が入り、その4.0リッターV8ツインターボエンジンの出力は850馬力に。

ノーマルの出力が585馬力であることを考えると非常に大きなパワーアップですが、これはターボチャージャーの入れ替えなど大掛かりなチューニングによって達成されたもので、他にもダウンパイプ含むエキゾーストシステムの総入れ替え、さらにはECUの打ち替えも行われています。

mercedes-amg-g63-mansory (6)

この「850馬力」によって0−100km/h加速は3.5秒、最高速は250km/hにまで引き上げられており、この数字はちょっとしたスーパーカーにも匹敵するもので、「さすがマンソリー」でもありますね。

mercedes-amg-g63-mansory (4)

なお、このアルゴリズム・フェードはボンネットやルーフにも再現されており、あらゆる角度から見てもスペクタクル。

mercedes-amg-g63-mansory (5)

一方でエンブレムやスペアタイヤカバーにはターコイズのアクセントも見られ、全体を引き締めているようですね。

mercedes-amg-g63-mansory (8)

ホイールは23インチ、そしてグロスブラックにペイントされ、センターキャップにはターコイズのリングが設けられています。

mercedes-amg-g63-mansory (10)

ブレーキキャリパーは前後ともターコイズ。

mercedes-amg-g63-mansory (9)

リアには850馬力を示す誇らしげなマンソリーのプレート。

アルゴリズム・フェード・バイ・マンソリー(メルセデス・ベンツGクラス)のインテリアはこうなっている

そしてこちらはこのメルセデス・ベンツGクラスのインテリアですが、見ての通り「全」張替え。

mercedes-amg-g63-mansory (12)

シートやダッシュボードにはホワイトのパイピングも。

mercedes-amg-g63-mansory (11)

ステアリングホイールのスポーク、ダッシュボードやドアインナートリムに取り付けられたパネルは怪しげなトーンにてペイントされています。

mercedes-amg-g63-mansory (14)

「波」状の文様をブラックとターコイズにて再現しているようですね。

mercedes-amg-g63-mansory (15)

シートスイッチカバーにも同様のペイント。

mercedes-amg-g63-mansory (13)

シートはキルティングに、そしてルーフやシートベルトまでもがターコイズへと変更されます。

mercedes-amg-g63-mansory (16)

キルティング部分には複雑なカッティング(3Dエンボス)が施され、その内側はホワイト。

座るのがもったいなくなってしまうような繊細なフィニッシュです。

mercedes-amg-g63-mansory (17)

ルーフには「スターライト」。

これらカスタムの総額がどれくらいかかっているのかはわからないものの、いかなる費用を支払ってでも思い通りのクルマを作りたいという人は少なくないはずで、そういった人々の希望に応えるためにマンソリーはドバイに拠点を開設したのだと思われ、これからも「こんなことまでできるのか・・・」という内容を持つワンオフモデルが多数登場することになりそうですね。

合わせて読みたい、マンソリー関連投稿

マンソリーがブガッティ・シロンのカスタム「センチュリア」を再提示。こういったハイパーカーをカスタムする人は少なそうだが、そこでマンソリーの存在意義とは
マンソリーがブガッティ・シロンのカスタム「センチュリア」を再提示。こういったハイパーカーをカスタムする人は少なそうだが、そこでマンソリーの存在意義とは

| 世の中にはいろいろな需要があり、それを満たすためのいろいろな手段が存在する |この記事のもくじ| 世の中にはいろいろな需要があり、それを満たすためのいろいろな手段が存在する |それでも、こういった ...

続きを見る

マンソリーがド派手な内外装を持つ中東専用のメルセデス・ベンツGクラス、ランボルギーニ・ウルス「UAEスペシャル」を発表!これは中東以外では売れそうにないな・・・。
マンソリーがド派手な内外装を持つ中東専用のメルセデス・ベンツGクラス、ランボルギーニ・ウルス「UAEスペシャル」を発表!これは中東以外では売れそうにないな・・・。

| 中東ではこれくらい「露骨」なくらいがちょうどいいのかもしれない |この記事のもくじ| 中東ではこれくらい「露骨」なくらいがちょうどいいのかもしれない |現在、中東ではマンソリーの需要が高まっている ...

続きを見る

いったいいくらするのコレ!マンソリーが中東向けにロールスロイス・カリナンのカスタムカー「スペシャルUAE」を発表
いったいいくらするのコレ!マンソリーが中東向けにロールスロイス・カリナンのカスタムカー「スペシャルUAE」を発表

| 内外装とも手が入っていない部位はないというほどの超カスタムモデル |この記事のもくじ| 内外装とも手が入っていない部位はないというほどの超カスタムモデル |しかもボディはマットなグラデーション塗装 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5