ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

直近二年に登録された車両ではポルシェがもっとも信頼性が低く修理に時間がかかるという統計。「プレミアムカーは修理もプレミアムなのです」

投稿日:2022/12/10 更新日:

ポルシェ

| ポルシェの信頼性が低いというのはかなり意外な結果ではあるが |

修理費用、時間を考慮すると、たしかにこういった結果になるのかもしれない

さて、英国の保証会社、ワランティワイズ(Warrantywise)がちょっと面白い調査を実施。

これは自動車メーカーごとの修理価格と頻度を調べたもので、対象となるのは2021年と2022年モデルとなっています。

今までの他の調査会社と異なるのは、「修理コスト」にも焦点を当てたことであり、単なる満足度を表す結果となっていないこと、そして直近のモデルのみに対象を絞ったことで「最新モデルの状況」を知ることが可能となっていること。

最新の信頼性調査によると「ポルシェが最下位」

そして今回公開された信頼性調査によると、何とポルシェがぶっちぎりの最下位となってしまい、これは今までポルシェが品質や満足度ランキングでトップもしくは上位に位置づけられているのとはまったく逆の結果です。

そのスコアはなんと35.1にとどまっていて、一般に品質が「業界最低水準」と言われるランドローバー、ジャガー、アルファロメオよりもさらに信頼性が低いと評価されたわけですね。

ポルシェ
「販売満足度指数」2022年最新版が公開!万年下位のアルファロメオがなぜかトップに立ちポルシェは2位、レクサスは3位へ。新車不足等の混乱によって順位が大幅変動

| かつてここまで自動車の販売現場が混乱したことはないだろう |この記事のもくじ| かつてここまで自動車の販売現場が混乱したことはないだろう |まだまだあと1-2年は混乱が続きそう自動車ディーラーはこ ...

続きを見る

ちなみに今回の調査の順位は下記のとおりです(カッコ内は最も高額だった修理費用)。

信頼性調査ランキング(低い順)

  1. ポルシェ・・・35.1(10,785ポンド)
  2. ランドローバー・・・40.2(23,890ポンド)
  3. ジャガー・・・48.2(16,990ポンド)
  4. アルファロメオ・・・52,4(6,760ポンド)
  5. アウディ・・・58.6(17,212ポンド)
  6. BMW・・・59.8(19,679ポンド)
  7. メルセデス・ベンツ・・・60.4ポンド(23,302ポンド)
  8. ヴォクスホール・・・68.0(8,369ポンド)
  9. ボルボ・・・68.9(9,634ポンド)
  10. 三菱・・・69.4(9,004ポンド)

プレミアムカーブランドは修理費用もプレミアム

ちなみにこのスコアには「修理期間」も含まれているそうですが、ポルシェの場合は修理期間が長かったことも影響していて、調査報告には「ポルシェオーナーは自身のクルマをガレージに大事にしまっておくことで知られるが、それとは別に、修理のために工場に置きっぱなしになっている期間もまた長いようだ」といった、いかにも英国らしい皮肉まじりのコメントも見られます。

なお、今回の統計について「2020年モデルと2021年モデルに絞った」こともポルシェに不利に働いたんじゃないかとも考えており、というのもここにはポルシェ初のピュアエレクトリックモデル「タイカン」が含まれるから。

ポルシェ・タイカン

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカンの「突如パワーが失われる」問題。どうやら北米では大規模リコールの準備を進めているようだ

| 多少、現地機関とポルシェとの意見の食い違いはあるようだが、協調して状況を調査しているようだ |この記事のもくじ| 多少、現地機関とポルシェとの意見の食い違いはあるようだが、協調して状況を調査してい ...

続きを見る

このタイカンは他のモデルに比較してトラブルが多いといい、かつエレクトリックモデルだけあって修理コストや期間を(他モデルに比較して)要する傾向にあるというので、もしかするとこれが今回の統計に影響したのかもしれません。

そして修理費を見てみると、ジャガーやランドローバー、メルセデス・ベンツのコストがかなり高く、しかしポルシェも「なかなか」。

一方で三菱やヴォクスホールの修理コストはさほど高くはなく、ワランティワイズによると「プレミアムカーは、修理コストもプレミアムとなり、高級車にはかつてないほど多くの技術が搭載されているため、通常よりも修理には少し手間がかかる」。

加えて、最近の人件費と部品価格の大幅な上昇により、来年の数字はさらに高くなる可能性があると警告しています。

合わせて読みたい、関連投稿

トヨタC-HR
2023年は新車価格が2.5-5%、中古車価格が10~20%下落するという調査結果。しかしボクは「少なくとも2023年前半は下落に転じない」と予想

| インフレ、部品不足がまだまだ続くこの状況にて、新車の製造コストが下がったり中古車の需要が下がるとは考えにくい |この記事のもくじ| インフレ、部品不足がまだまだ続くこの状況にて、新車の製造コストが ...

続きを見る

テスラ
運転支援システムに関する最新調査!最も有効なのは自動緊急ブレーキ、次いで前方衝突警告、しかし車線逸脱警告やレーンキーピングアシストはさほど効果がないもよう

| たしかに事故に占める「追突」の割合はかなり多いように思われる |この記事のもくじ| たしかに事故に占める「追突」の割合はかなり多いように思われる |混雑が多い日本の場合だとブラインドスポットモニタ ...

続きを見る

トヨタ・クラウン
消費者が「また同じブランドを買う」確率の調査結果が公開。プレミアムカーだとポルシェ、プレミアムSUVだとBMW、大衆車だとトヨタ、大衆SUVもトヨタがトップという結果に

| レクサスは「また買う」比率が減ったが、逆にトヨタブランドでは数値が上昇 |この記事のもくじ| レクサスは「また買う」比率が減ったが、逆にトヨタブランドでは数値が上昇 |スバルもその数字が減少し、そ ...

続きを見る

参照:Warrantywise

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5