>アルファロメオ/アバルト/フィアット ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

新型ステルヴィオのヘッドライト画像がリーク!アルファロメオは今後「3」をテーマにしたデザインにシフトしてゆくようだ

2022/02/19

新型ステルヴィオのヘッドライト画像がリーク!アルファロメオは今後「3」をテーマにしたデザインにシフトしてゆくようだ

| アルファロメオは新CEOのもと、大きくその方向性を変化させるものと思われる |

すでにジャン・フィリップ・インペラートCEOには向かう先が見えているようだ

さて、アルファロメオは新型SUV「トナーレ」を公開したところですが、これは内外装のデザイン、そしてその思想についても「最新」かつ「新世代」のものを持つとされています。

デザイン的なものでいえば「3x3」というコンセプトを持つといい、たしかに(トナーレの)ヘッドライト内部には3つのエレメントが反映されていて、それはテールランプにしても同様であり、アルファロメオは今後これを他モデルに採用してゆく可能性が高い、とも言われていたわけですね。※「3」をモチーフと言うと、マセラティをすぐに思い出す

そして今回、それを証明するかのように、インスタグラムから「新型ステルヴィオ(フェイスリフトモデル)に採用されるであろう、トナーレっぽいヘッドライト」の存在が明らかになっています。

【動画】アルファロメオが新型SUV「トナーレ」を発表!ハンドリングに特化し車体にNFTを組み込むなど他ブランドとの差別化を行い、デザインも新世代に
【動画】アルファロメオが新型SUV「トナーレ」を発表!ハンドリングに特化し車体にNFTを組み込むなど他ブランドとの差別化を行い、デザインも新世代に

| アルファロメオはこのトナーレに対し、なみなみならぬ期待をかけているようだ | アルファロメオ「初」、自動車業界「初」が盛りだくさん アルファロメオがかねてよりティーザーキャンペーンを行っていた新型 ...

続きを見る

アフターマーケット製パーツという可能性も排除できないが

なお、インスタグラムに投稿された画像からは「ステルヴィオ」ということまではわかるものの、これがフェイスリフト(マイナーチェンジ)を受けるステルヴィオのものであるかどうかの確証はなく、もしかするとアフターマーケット製パーツを装着したカスタムカーである可能性も。

ただ、トナーレが発表されてすぐ、ここまで完成度の高いパーツを試作もしくは製造することは容易ではなく、よってアルファロメオ自社による「新型ステルヴィオ向け」のパーツだと考えていいのかもしれません。

ちなみにトナーレのヘッドライトはこんな感じ。

Alfa-Romeo-Tonale (9)

現行ステルヴィオはこんな感じで「つ」という形のデイタイムランニングランプを特徴としますが、これがトナーレ風に変更されるとなると、その印象は大きく変わることになりそうですね。

L1040203

イタリアの自動車メーカーは「ちょっとの変化」で大きな効果を演出するのがウマい

なお、イタリアの自動車メーカーは「変更点を最小限にしつつ」その視覚的な変化を大きく見せることに長けているといわれ、よって新型ステルヴィオ、ジュリアについてもボンネットやフロントフェンダーなど「大きな金型」の変更が要求されるパーツについては変更を行わず、ヘッドライトやグリルフレーム、そして前後バンパーの変更程度にて「新しさ」を出してくる可能性も。

トナーレを見ていると、フロントバンパー下部の「横に長い」グリル形状が新しく、これは現在のアルファロメオ(下の画像はジュリア)にはないデザインなので、フェイスリフト版のステルヴィオ、ジュリアではアンダーグリルを横長デザインとし、その両脇にスリットを設けるのかもしれません。

DSC02443

新しいアルファロメオには期待

参考までに、これまでのFCA(フィアット・クライスラー)とPSA(プジョー・シトロエン)とが合併して「ステランティス」が誕生するにあたり、グループ内のブランドにてCEOがシャッフルされており、現在のアルファロメオCEOはプジョーからやってきたジャン・フィリップ・インパラート氏。

そして同氏は(当然ながら)アルファロメオを立て直すという使命を負っており、ずっと下がりっぱなしだった同社の販売を回復させる必要があるわけですね。

一方でグループの意向に従う必要もあるため、2027年までにはラインアップを完全電動化するとしつつ、アルファロメオはグループ内で「ドライバビリティ重視」というポジションを確立することを狙っており、さらに対外的には「BMWのようなブランド」になりたい、とも(プレミアムブランドでありながら若々しく、スポーツイメージが強い)。

ステランティス(旧プジョー・シトロエン+FCA)が電動化新戦略を発表!チップ(半導体)はiPhone下請けと提携、自動運転はBMWとの共同開発に
ステランティス(旧プジョー・シトロエン+FCA)が電動化新戦略を発表!チップ(半導体)はiPhone下請けと提携、自動運転はBMWとの共同開発に

| これから高騰する開発費用、資源の奪い合いに向けて自動車メーカーは提携を強化する必要があるようだ | 今後の提携関係によっては「勢力図」が書き換えられる可能性も さて、ステランティスは、同社の自動車 ...

続きを見る

よってジャン・フィリップ・インパラートCEOはそのための具体的な行動を(トナーレにて)開始しており、それを今後ほかのモデルに波及させると考えるのが自然なのかもしれません。

合わせて読みたい、アルファロメオ関連投稿

アルファロメオ
アルファロメオ「ドイツのメーカーと肩を並べることができるようになれば、新型スポーツカー、ワンオフや少量生産プロジェクトもありうる」。なお現在の販売は20年前の1/8に

| アルファロメオの新CEOは現実を見つつ、新たな取り組みについても意欲を見せる | ひとまずは「トナーレ」をヒットさせることが最重要課題 さて、アルファロメオのジャン・フィリップ・インパラートCEO ...

続きを見る

アルファロメオ
アルファロメオCEO「今までは販売台数稼ぎのため値引きもあったが、これからは違う。台数にはこだわらず、いかに1台を高く売れるかに注力し、BMWと同等の販売価格に引き上げる」

| 時間とコストはかかるが、それが目指すべき正しい道だと思う | 購入価格が高くとも、売却価格が高ければ顧客にとってもデメリットにはならない さて、先日「トナーレ」を発表したばかりのアルファロメオです ...

続きを見る

アルファロメオ
アルファロメオはピュアEV時代になっても「クアドリフォリオ」を継続の意向。なお「スパイダー」の復活含め、やはりドライバーズカーへと舵を切るようだ

| アルファロメオは再ブランディングに際し、過去の華やかりしモータースポーツでの栄光を活用するものと思われる | 歴史のある自動車メーカーにとってはこの方法がもっとも効率が良いのかもしれない さて、ア ...

続きを見る

参照:instalfisti

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アルファロメオ/アバルト/フィアット, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,