ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリが「カヴァルケード10周年」特別カラー第三弾、玉虫色の「ヴェルデ・ヴォルテラ」を公開!SF90ストラダーレ/スパイダー、296GTB、812コンペティツォーネ(A)で選択可能に

投稿日:

フェラーリが「カヴァルケード10周年」特別カラー第三弾、玉虫色の「ヴェルデ・ヴォルテラ」を公開!SF90ストラダーレ/スパイダー、296GTB、812コンペティツォーネ(A)で選択可能に

| てっきり限定モデルのみに用意されるカラーかと思っていたが、通常モデルのオーダーの際にも選ぶことができるようだ |

ただしその価格は一般的な常識からかけはなれているものと思われる

さて、フェラーリは先日より「カヴァルケード10周年」を記念した特別シリーズを公開していますが、今回は2013年のカヴァルケードの目的地であったトスカーナの田園地帯からインスピレーションを受けたという「ヴェルデ・ヴォルテラ」を身にまとう812コンペティツォーネA(アペルタ)の画像を公開。

なお、この「カヴァルケード」はフェラーリが主催するオーナーズミーティング(ツーリング)で、世界各地で開催されるほか、もちろん本国においても開催されており、ここに参加するのがフェラーリオーナーの一つのステータスだと言われます(参加にも審査があり、簡単には参加できない)。

273677098_10159528583146970_3791608434184942260_n

フェラーリが「カヴァルケード10周年モデル」第二弾を公開!欧州最大の活火山、エトナ山をイメージしたSF90ストラダーレ「ロッソ・タオルミナ」
フェラーリが「カヴァルケード10周年モデル」第二弾を公開!欧州最大の活火山、エトナ山をイメージしたSF90ストラダーレ「ロッソ・タオルミナ」

続きを見る

このフェラーリ812コンペティツォーネAのボディカラーは「玉虫色」

フェラーリによるとこの812コンペティツォーネAのボディカラーは「玉虫色」。

つまりは見る角度によって色味が変わって見える塗装ということになりますが、カメレオンカラーともマジョーラ(商品名)とも呼ばれる塗装だと思われ、ランボルギーニやフォード、マクラーレン、ポルシェもこれを採用しています。

ちなみにフォードだと「ミスティクローム」、ポルシェだと「クロマフレア」と呼ばれ、そのオプション価格はなんと1000万円オーバー。

273676834_10159528583191970_7960042354691220567_n

【動画】え?このボディカラーが1300万円?合計1840万円のオプションが装着されたポルシェ911ターボSが5320万円で販売中
【動画】え?このボディカラーが1300万円?合計1840万円のオプションが装着されたポルシェ911ターボSが5320万円で販売中

続きを見る

今回公開された「ヴェルデ・ヴォルテラ」についてはこれらと同様なのかどうかわからいものの、いずれにせよ想像を絶するオプション価格なのか間違いなさそうですね。

一般人もこのカラーリングを選べるようだ

なお、ここしばらく公開されている「カヴァルケード10周年仕様」ですが、これは特定モデルや特定顧客向けの「限定特別仕様車」ではなく、どうやら一般人も選べるもよう。

フェラーリのFacebookによると、SF90ストラダーレ、SF90スパイダー、296GTBではこのカラーリングを選択でき、すでに812コンペティツォーネ、812コンペティツォーネAの購入権を持っているVIP顧客はこれを選択可能だとしています。

273675401_10159528583161970_2646136576469364916_n

もちろんこの特別な塗料を用いてカスタムを行うのはフェラーリのパーソナリゼーション部門「テーラーメイド」で、それを考慮してもやはりそうとうな費用を支払う必要がありそうです。

参考までに、このテーラーメイドにおいては、カラーリングや素材の選択肢が「無限大」。

f99f6ca6-ferrari-talior-made-new-york-11

しかしながら、「あまりに種類が豊富すぎて決められない」という顧客のために、フェラーリはカスタマイズの基準としてScuderia(スクーデリア=モータースポーツのDNA)、Classica(クラッシカ=伝統)、Inedita(イネディタ=革新)の三つを用意しています。

たとえばスクーデリアだと、カーボン・ファイバー、スポーツ・ファブリック、スウェード、ラバー、レザー、アルカンターラ、マイクロファイバーケブラー、サテンフィニッシュ、マットメタルといった素材から選択可能。※順次増えているものと思われる

gg

そして「クラシカ」だと”歴代フェラーリで使われた優雅なパステルカラーをはじめ、ビンテージ・レザー、ウール、カシミア、ベルベットなどの素材によってキャビンの特定エリアを仕上げると同時に、クロームメッキ・エレメントやレザークッション類のステッチなどの現代的な要素を取り入れることに。

3bb6ca88-ferrari-talior-made-new-york-13

そしてイネディタだと”ビビッドなカラー・レザー、流行のテキスタイル、テクニカルファブリックなど、自動車業界での使用が新たに認定された豊富な新素材を使用”することになりますが、こちらは常に新素材や新しい加工が追加されてゆくようですね。

960b8958-ferrari-talior-made-new-york-10

合わせて読みたい、フェラーリ関連投稿

【動画】フェラーリだらけのイベントにてF50が488ピスタに追突!ツーリングでは予測不能な事態が起こりがち

続きを見る

フェラーリのイベントにて、モンツァSP1
【動画】フェラーリのみ84台が参加するイベントにて夜の街を走り抜けるフェラーリたち!普段拝めない限定レアモデルが大量に登場

続きを見る

フェラーリがオーナーミーティング「カヴァルケード」10周年を記念し5台のスペシャルモデルを製作すると発表!第一弾はカプリブルーの812コンペティツォーネ
フェラーリがオーナーミーティング「カヴァルケード」10周年を記念し5台のスペシャルモデルを製作すると発表!第一弾はカプリブルーの812コンペティツォーネ

続きを見る

参照:Ferrari(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5