ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >アウディ(Audi) >アストンマーティン >アルファロメオ/アバルト/フィアット >シトロエン/DS >シボレー(CHEVROLET) >ジャガー >フェラーリ >フォード(FORD) >ブガッティ >プジョー >ベントレー(Bentley) >ポルシェ(Porsche) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ >ミニ(MINI) >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG) >ランボルギーニ >ルノー/アルピーヌ >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

2022年3月の輸入車登録状況!ミニやアバルトといったコンパクトカーが強く、反面ジープは前年比でなんと1/3に。フェラーリの強さが目立ち、ブガッティも1台が登録

投稿日:

フェラーリ

| キャデラックやマセラティ、ロータスといった個性の強いブランドも堅調、反面VWやアウディ、BMWといった量販メーカーはやや弱い |

ただしこの結果は人気というよりはチップ不足やサプライチェーンの問題によるものだろう

さて、2022年3月の輸入車登録台数が公表され、全体としては前年同期比19.3%の2万648台だったとのことで、国内自動車メーカーの登録状況(前年比86%)より輸入車のほうが下げ幅が大きかった、ということになりそうです。

こちらもやはり半導体(マイクロチップ)不足やサプライチェーンの問題が影響していると考えてよく、そして欧州の自動車メーカーにとって「日本市場の優先順位はさほど高くない」ため、車両が日本まで回ってこなかったということも考えられるかもしれません。

こちらもCHECK

ホンダ・ヴェゼル
2022年3月の国内自動車メーカー登録台数は前年比86%!ホンダと三菱以外はすべて前年割れ、ホンダは新型ステップワゴン納車前なのに検討しているようだ

| 一方、新型ノア/ヴォクシーの登録が伸びず、チップそしてサプライチェーンの影響が大きいようだ |この記事のもくじ| 一方、新型ノア/ヴォクシーの登録が伸びず、チップそしてサプライチェーンの影響が大き ...

続きを見る

参考までに、プジョー・シトロエンは明確に「日本市場は後回し」とコメントし、しかしジープにとって日本は比較的優遇すべき市場でもあるため、優先的に車体が回れている、とも報じられています。

ジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本
え?そうなの?なんとジープ・ラングラーが世界で二番目に売れているのは日本!ジープの国内販売台数がこの10年で13倍に増加した謎に迫る

| むしろ他の国でジープがそんなに売れていなかったことが驚きだ |この記事のもくじ| むしろ他の国でジープがそんなに売れていなかったことが驚きだ |なぜ日本でジープは売れるのかなぜ今、アウトドアブーム ...

続きを見る

しかしながらジープの登録台数が半減

なお、今月はけっこう大きな動きがあり、まずひとつはアウディがミニにもボルボにも販売台数で抜かれてしまったこと(前年同期比55.7%と半減)。

そしてくだんのジープはなんと前年比35.1%と大きく縮んでしまったこと。

このジープの縮小はかなり意外でもあり、というのもジープはこれまで安定して販売を伸ばしてきたからで、よって今月の減少はなんらかの特殊要因によるものだと考えています。

そのほかは大きな変動はなくミニ・フィアット・アバルトといったコンパクトカーの好調が続き、フェラーリは安定の成長、そしてランボルギーニも前年比でプラスに転じています(それにしてもフェラーリの強さには驚かされる)。

キャデラック、マセラティ、ロータスといった個性的なメーカーが強く、シボレーはおそらくコルベット効果にて販売を伸ばしており、しかしいよいよチップが枯渇したとされるマクラーレンはやや苦しそう。

ちなみにDBXが売れていると言われるアストンマーティンの登録も伸びていないので、「とにかくクルマが入ってこない」状況が続いているのかもしれません。

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレン「チップの保有在庫と供給が枯渇した・・・」。そのため新型車アルトゥーラが3度めの生産延期となり2022年7月から生産開始

| まだまだチップ不足の余波は続きそうだ |この記事のもくじ| まだまだチップ不足の余波は続きそうだ |現在各社とも対応中なるも「すぐ」での増産はかなわず、早くとも半年ほどは準備期間が必要に残念ながら ...

続きを見る

2022年3月の輸入車登録状況はこうなっている

順位(累計)ブランド当月販売台数昨年同期比今年の累計昨年同期比
1メルセデス・ベンツ5,56887.6%12,78791.7%
2フォルクスワーゲン3,09986.6%7,45697.3%
3BMW3,41971.5%7,57976.8%
4アウディ1,58855.7%4,41670.5%
5MINI2,589102.5%5,05393.3%
6ボルボ1,88992.6%3,76484.6%
7ジープ67635.1%1,99950.4%
8プジョー78440.9%2,07152.9%
9ポルシェ824103.6%2,101103.1%
10ルノー96289.2%2,18098.8%
11フィアット799108.1%1,875118.7%
12シトロエン59762.6%1,40781.4%
13ランドローバー46467.4%1,267103.9%
14アバルト463134.6%825123.5%
15アルファロメオ22867.5%47074.1%
16ジャガー14996.1%391147.0%
17フェラーリ163150.9%330123.1%
18マセラティ164131.2%307124.8%
19DS6254.4%14763.4%
20ランボルギーニ76120.6%166102.5%
21キャデラック137122.3%213115.1%
22ベントレー4591.8%11190.2%
23フォード3694.7%9692.3%
24ダッジ5580.9%12281.3%
25ロータス3282.1%94125.3%
26マクラーレン1376.5%3168.9%
28アストンマーティン4676.7%8965.0%
29ロールスロイス2369.7%6195.3%
30シボレー70159.1%155152.0%
31アルピナ3489.5%7889.7%
32ヒュンダイ0
33ブガッティ1100.0%150.0%
累計26,29780.7%59,17986.3%

参照:日本自動車輸入組合

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >アウディ(Audi), >アストンマーティン, >アルファロメオ/アバルト/フィアット, >シトロエン/DS, >シボレー(CHEVROLET), >ジャガー, >フェラーリ, >フォード(FORD), >ブガッティ, >プジョー, >ベントレー(Bentley), >ポルシェ(Porsche), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ, >ミニ(MINI), >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG), >ランボルギーニ, >ルノー/アルピーヌ, >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロータス(Lotus), >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5