ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >フェラーリ296GTB

ボクがフェラーリ296GTBのインテリアで選んだオプションはこんな感じ。イメージは「1960−1970年代のエレガントなフェラーリ」

投稿日:2022/10/03 更新日:

ボクがフェラーリ296GTBのインテリアで選んだオプションはこんな感じ。イメージは「1960−1970年代のエレガントなフェラーリ」

| このほか、現在把握している範囲でフェラーリ296GTBの内装オプションを紹介してみる |

フェラーリのインテリアに関するオプションはエクステリアのそれよりも遥かに多い

さて、ぼくがオーダーしたフェラーリ296GTBに装着したオプション、今回は内装編。

フェラーリの内装オプションは非常に多様であり、そもそも用意されているカラーが多いうえ、インテリアのメインカラー、そしてセカンダリーカラー、カーペット、さらにはダッシュボードやステアリングホイール、ピラーなどパーツごとにカラーを選択することが可能です。

その他ステッチや刺繍などを細かく指定することもでき、オンラインカーコンフィギュレーターに出てくるだけでも相当な選択肢が存在します。※正直、その内容が複雑すぎるので、未だに理解できていないところもある

加えて「ディーラー備え付けの」高機能カーコンフィギュレーターに収録されるオプションを入れると”ほぼ無限”に近い組み合わせが誕生し、フェラーリの内装に関しては「全く同じ」仕様を持つ個体が二台とないのかもしれません。

フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも
フェラーリ296GTBのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは全26色、内装は全15色、走り志向の「アセット・フィオラノ」パッケージも

| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |この記事のもくじ| いつもどおり、内外装にシックなカラーを用意するのはフェラーリならでは |アセット・フィオラノ・パッケージ ...

続きを見る

内装イメージは「クラシカルでエレガント」

なお、ぼくが296GTBのインテリアにおいて目指したのは「クラシカルでエレガント」。

296GTBは最新のスーパースポーツではあるものの、そのスタイルはかつての250LMをモチーフとしており、1960年代の雰囲気を色濃く感じさせます(250LMはレーシングカーですが)。

加えて、ぼくはボディカラーに「ヘリテージカラー」のアッズーロ・ディーノを選択しているので、296GTBのデザイン、そしてボディカラーにあわせた仕様にしたかったわけですね。

L1450360

フェラーリのインテリアにつき、標準だと15色を「メインカラー」として選ぶことができ、ぼくが選んだのはもっとも明るい「クレマ(クリーム色)」(下の画像はクレマのシートを採用したフェラーリSF90ストラダーレ)。

L1420431

そして正規ディーラーには大量のサンプルがあり・・・。

L1380643

標準色以外のカラーサンプルも。

L1380633

参考までに、標準色以外のスペシャルカラーだと、こういったイエローや・・・。

2022-02-27 19.51.40

明るいブルーも選択可能(これらは、ぼくの選んだフェラーリ296GTBの外装色やブレーキキャリパーのカラーに合わせ、オートカヴァリーノの担当さんが作ってくれたもの)。

こういったカラーも非常に魅力的ではありますが、今回はコストの関係にて「標準色」で選べるもっとも明るい色、クレマにて進めることとしています。

2022-03-04 22.00.49

ボクは迷わず「デイトナシート」を選択

そしてひとまずインテリアカラーについては「クレマ」を選ぶことに決め、細かいところは後で調整するとして、そのほかの選択肢を決めてゆくことになりますが、まずシートデザインは「デイトナ」をチョイス(シートの中央はレザー、もしくはアルカンターラを選べる)。

296GTBには「標準」シートのほか「デイトナ」が選択でき、まずこちらは標準シート。※カーボンファイバーシェルを持つレーシングシートも選べるが、金額的な問題で今回は除外

L1450534

こちらはデイトナシート。

365GTB/4デイトナに採用されていたことからそう呼ばれるようになったそうですが、この横方向のラインが特徴です。

ぼくがこれを選んだのは、上述の通り「フェラーリの伝統」を重んじたからで、レーシーな仕上がりよりもエレガントな雰囲気を求めたため。

L1460400

ちなみに横方向のストライプはシート表皮同色のほか、別カラーや別素材(アルカンターラ)を選ぶことができ、ぼくはブルー・スターリング(ネイビー)を選んでいます(レザーとアルカンターラでは選べるカラーに若干の相違がある)。

ちなみに同じネイビー系でも、ちょっとグリーンの入ったブルー・メディオなどもラインアップされており、しかしぼくはブルー・スターリングのほうが(ちょっと赤みが入っているようで)ボディカラーのアッズーロ・ディーノと相性が良いだろうと考え、こちらを選んでいます。

L1420258

参考までに、フェラーリはホイール同様、シートのデザインも車種によってけっこう異なります。

一方ステアリングホイールやメーターは共通だったりして、「どこを共有し、どこを分けるか」についてはフェラーリなりの基準があるのでしょうね。

L1420110

ステアリングホイールも「クレマ」にて

そして次はステアリングホイールですが、フェラーリはステアリングホイールのグリップ部分のカラーも変更が可能です(以前のバージョンのステアリングホイールはセンターパッドのカラーも変更できたが、現在の新型タッチパッドつきステアリングホイールではセンター部のカラー変更ができないようだ)。

L1380619

そしてここではカーボンステアリングホイール(下の画像)を選んでおり、これを装着するとステアリングホイールのアッパー部分にLEDによる(エンジン回転数を視覚的に示す)インジケーターが内蔵され、これがないと売るときにけっこう苦労するようなので迷わず装着。

さらに、通常のオプション範囲では選べない仕様として「グリップの12時位置にイタリアントリコローレやストライプを入れる」というものがあり、ぼくはイタリアントリコローレをペイントするというオプションを選択しています(下のスポークをペイントすることもできる)。

このほか、特別オプションでは、パドルの横にラインを入れたり、イタリアントリコローレにペイントすることも可能です。

L1420080

シートベルトは標準オプションにて様々な選択肢があり、こちらについてはレザーカラーの「クレマ」に近い色を選ぶ予定ですが、それが選べるかどうか現在フェラーリ本社に確認中(返事待ち)。

L1450367

ちなみにステッチは「細い(左)」と「太い(右)」とがあり、ぼくは太い方を選んでいます(コントラストカラーのステッチを選んだので、そのほうがより明暗がはっきりするだろうという判断)。

L1450366

この跳ね馬刺繍はオプション扱いですが、もちろん自由に(インテリアのステッチカラーとは別に、個別で)カラーを選ぶことが可能です。

その下のイタリアンフラッグはいわゆる特別オプションのたぐいとなっていて、その価格は20万円くらい。

L1380640

最終的にボクのフェラーリ296GTBはこんな仕様に落ち着いた

そしてこちらが最終的に決めたフェラーリ296GTBのインテリア。

「カラードレザー デュアルカラーインテリアトリム(770,000円)」を選択してダッシュボードやドア内張りの上部をネイビー(ブルー・スターリング)へと変更しています。※デュアルカラーを選ばないとこれらの部分はブラックとなる

2022-03-05 7.07.33

シートカラーは「クレマ(無償オプションの範囲なので0円)」、カーペットカラーのネイビーも0円。

2022-03-05 7.07.40

デイトナシートは369,000円、デイトナシートのストライプ(ブルー・スターリング)は77,000円、ステッチは69,300円、ヘッドレストの跳ね馬刺繍は115,000円。

ステアリングホイールの12時位置にはイタリアントリコローレ(170,000円)が入りますが、この画像では反映されてない状態です。

カーボンステアリングホイールは462,000円、グリップ部分のカラーを変更するには69,300円。

2022-03-05 7.08.22

そのほかカラードシートベルト(84,700円)、カーボンファイバー サイドシルキック(184,300円)も装着済み。

2022-03-05 7.07.54

参考までにですが、多くのクルマでは、インテリアカラーの変更は「パッケージ」的な扱いとなっていて、例えばカラーテーマを変更すれば、それにマッチするカラーへと(例えばダッシュボードやシート、センターコンソールやドア内張りなど)まとめて各部位が自動的に変更されますが、フェラーリの場合は「シート」「ダッシュボード上」「ダッシュボード下」「ステアリングホイール」「ステッチ」「センターコンソール」など、パーツ単位で自由にカラー指定を行うことが可能です。

そのため、バラバラに指定するとこんな感じで「クレイジー」的な内装へと仕上げたりできるわけですね。

2022-03-07 22.17.18

ボクは迷っている。フェラーリのインテリアを決めるのは本当に難しい。一歩間違えばチグハグな仕様になってしまいそうだ
ボクは296GTBの内装カラーについて迷っている。フェラーリのインテリアを決めるのは本当に難しい。一歩間違えばチグハグな仕様になってしまいそうだ

| ここまで選択肢が広いクルマをオーダーしたことはなく、それがむしろ悩みどころでもある |この記事のもくじ| ここまで選択肢が広いクルマをオーダーしたことはなく、それがむしろ悩みどころでもある |現在 ...

続きを見る

フェラーリ296GTBのオプションにはこんな選択肢がある

そしてこちらがフェラーリ286GTBに用意されている内装のオプション。

もちろんこのほかにも多数のオプションが存在し、詳細はフェラーリ正規ディーラーに問い合わせていただければと思います(価格はぼくがオーダーしたときの金額なので、現在は値上がりしているかも)。

なお、頭に「*」がついているのはぼくが自分の296GTBに選択したオプションです。

ポイント

  • *インテリアカラー(標準) 0円

  • *カーペットカラー(標準) 0円

  • カラードレザー ダッシュボードインサート・ロアダッシュボードインサート・ドアパネルインサート 231,000円

  • カラードレザー ダッシュボードインサート 77,000円

  • *カラードレザー デュアルカラーインテリアトリム 770,000円

  • *カラードレザー ステアリング・ホイール 69,300円

  • カラードレザー ドア・センター・パネル 105,840円

  • カラードレザー インナーディティール 107,800円

  • カラードレザー ルーフライナー 231,000円

  • カラードレザー インテリア・リアアッパー 287,200円

  • カラードレザー リアシェルフ 151,200円

  • レザー仕上げ シートバックレスト 138,000円

  • レザー仕上げ エクステリア・ドアパネル 105,840円

  • アルカンターラ仕上げ ダッシュボードインサート・ロアダッシュボードインサート・ドアパネルインサート 231,000円

  • アルカンターラ仕上げ ダッシュボードインサート 77,000円

  • アルカンターラ仕上げ シートインナートリム 169,400円

  • アルカンターラ仕上げ ドア・パネル 105,840円

  • アルカンターラ仕上げ インテリア同色カーペット 539,000円

  • アルカンターラ仕上げ ブラックカーペット 539,000円

  • アルカンターラ仕上げ センタートンネル 120,960円

  • アルカンターラ仕上げ ロワ・ダッシュボード 151,200円

  • アルカンターラ仕上げ フロントウインドウ周り 272,160円ステアリングホイール 113,400円

  • ステッチ カラード 69,300円

  • *ステッチ スペシャル カラード 69,300円

  • *カラードレザー仕上げ デイトナストライプ 77,000円

  • *コントラストステッチ 100,000円

  • アルカンターラ仕上げ デイトナストライプ 77,000円

  • *フル電動シート(標準) 0円

  • ベンチレーテッドフル電動シート 123,200円

  • デイトナ・カーボンファイバーレーシングシート 431,200円

  • コルサカーボンファイバーレーシングシート 277,200円

  • レーシングシートリフター 231,000円

  • *デイトナ・スタイルシート 369,600円

  • スペシャル・デザインシート 308,000円

  • *ヘッドレストの跳ね馬刺繍 115,500円

  • ヘッドレストにイタリアンフラッグの刺繍 200,000円

  • *カラード・セーフティベルト 84,700円

  • カラーカーペットのロゴ刺繍 123,200円

  • カーボンファイバー ウインドスクリーン・アンダーパネル・エアディフューザー 492,800円

  • カーボンファイバー インストゥルメント・クラスター 693,000円

  • カーボンファイバー マットペイントインテリア 385,000円

  • カーボンファイバー ドアパネル 831,400円

  • カーボンファイバー アッパートンネルトリム 369,600円

  • *カーボンファイバー LED付きステアリングホイール 462,000円

  • カーボンファイバー レーシングパドル 151,200円

  • カーボンファイバー ダッシュボードインサートパネル 462,000円

  • カーボンファイバー カーボンファイバーキー 77,000円

  • *カーボンファイバー サイドシルキック 184,300円

  • シルバーデディケーションプレート 69,300円

  • ステアリング・ホイール上部にライン(トリコローレ) 170,000円

  • パドル横にライン 250,000円

  • パドル横にイタリアントリコローレ 300,000円

  • *ステアリング・ホイールの12時位置にライン(イタリアントリコローレもOK) 170,000円

  • ステアリング・ホイールのスポーク(ボトム)をペイント・・・280,000円

あわせて読みたい、フェラーリ296GTB関連投稿

フェラーリのショールーム(オートカヴァリーノ)
エンジンルームにはルクレールとサインツの「サイン」入り!フェラーリ296GTBの最終仕様を決定、オプションは総額916万円に・・・

| フェラーリのオプションの豊富さには驚かされるが、その価格の高さにも驚かされる |この記事のもくじ| フェラーリのオプションの豊富さには驚かされるが、その価格の高さにも驚かされる |あとは情報を登録 ...

続きを見る

ボクは結局、オーダーしたフェラーリ296GTBにどういったオプションを装着したのか?そしてその理由とは【ボディ/外装編】
ボクは結局、オーダーしたフェラーリ296GTBにどういったオプションを装着したのか?そしてその理由とは【ボディ/外装編】

| フェラーリにはとんでもない数の選択肢がある |この記事のもくじ| フェラーリにはとんでもない数の選択肢がある |そういった中で、自分の思い通りのフェラーリを作り上げるのは難しいフェラーリ296GT ...

続きを見る

フェラーリ
今日のフェラーリ296GTB納車待ち。フェラーリ注文後にボク自身に起きた変化、ボクの周りで起きたこと

| フェラーリを買うという行為を取り巻く状況について、話題に事欠かない |この記事のもくじ| フェラーリを買うという行為を取り巻く状況について、話題に事欠かない |改めてフェラーリをオーダーするという ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, >フェラーリ296GTB
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5